読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

中小企業診断士-試験

2016年度中小企業診断士2次試験の結果詳細と反省点

先日、2016年度中小企業診断士2次試験の結果の詳細が書かれたハガキが届けられました。その結果を見て、何と言えばいいか、もう当分はこの試験の勉強をする気力は出てこないだろうという状況ではあるのですが、それでも結果を見て正直がっかりしました。 今…

中小企業診断士を目指した理由ときっかけは三橋貴明さんの「新世紀のビッグブラザーへ」である

なぜ自分が中小企業診断士の資格を取ろうと思ったのか。それは、「自由な生き方がしたかったから」です。 多くの人は高校、もしくは大学卒業後にどこかの企業に就職して仕事をするでしょう。就職した先で仕事を覚えていく必要があるわけですが、誰でも何らか…

中小企業診断士試験に落ちてからの心の切替と「マーケット感覚」について

中小企業診断士の2次試験の結果発表がされてから早数日。自分はここまで診断士の2次試験を勉強してきたわけですが、以下の過去記事にも書きましたが、「不合格」となりました。 平成28年度中小企業診断士2次試験は不合格という結果となりました - 知識の倉庫…

平成28年度中小企業診断士2次試験は不合格という結果となりました

「あぁ、ダメだったか・・・」 今日は中小企業診断士2次試験の結果が発表される日でした。10時から中小企業診断士のホームページから発表されるということで、10時前から首を長くして待っていました。まだかまだか、と。 自分としては去年とは違って多少なり…

中小企業診断士と簿記1級の試験内容の重なる部分について

今日は簿記1級の本を買う予定は全くありませんでした。今日は日曜日で、最初はブックオフへJavaの入門っぽい本でも買おうと思って出かけたのです。 今後生きるための糧としてプログラミング言語の勉強は必要ではないかと思っていました。他にもプログラミン…

準備した設計図による2016年度中小企業診断士2次試験を受けての手応え

お疲れ様です。10月23日の日曜日に中小企業診断士2次試験を受けてきました。とりあえず無事何事もなく4事例終えられて良かったです。 今日まで試験勉強のためになかなか更新できませんでしたが、しばらくはもう中小企業診断士の勉強は手につかなそうです。 …

診断士2次試験の事例Ⅳを過去12年分やって気づいたこと

今は来月の10月23日に向けて試験勉強に励んでいます。前回は以下の過去記事を書きました。 TACの2016年度中小企業診断士2次公開模試を受けて気づいた点と今後の課題 - 知識の倉庫の整理 今後の課題は、というか今までずっと事例Ⅳの「財務・会計」は自分にと…

TACの2016年度中小企業診断士2次公開模試を受けて気づいた点と今後の課題

先日の9月4日にTACの2016年度中小企業診断士2次公開模試を受けてきました。 実は以下の過去記事において模試は2015年度の5月に受けており、今回はこれで2回目になります。 2015年度中小企業診断士TAC2次試験模試 - 知識の倉庫の整理 以前受けた模試から約1年…

「営業面」と「生産面」という視点から事例企業を診るという発想━中小企業診断士2次試験の捉え方

今回は以下の記事の続きという感じです。 「切り口」という多面的視点から考える中小企業診断士2次試験について - 知識の倉庫の整理 以前から中小企業診断士の勉強を続けており、昨年からずっと2次試験の解き方がいまひとつわからないという状態が続いていま…

平成27年度2次試験、財務・会計の「回収期間法」から考える『意思決定会計講義ノート』について

今日は平成27年度の中小企業診断士2次試験、財務会計の過去問を振り返っていました。 これは自分が去年受けた試験内容でしたが、やはり試験のような緊張状態と比べて、落ち着いた状態で勉強に臨むのとでは理解の度合いが違いますね。 もちろん解答があるので…

「切り口」という多面的視点から考える中小企業診断士2次試験について

最近になってから本格的に中小企業診断士の2次試験の勉強を再開するようになりました。 それまでは「どうすれば2次試験の過去問ができるようになるのか」ということについて頭を悩ませてきました。 というのも2015年度は過去7年分ぐらいを4~5周ぐらいやって…

集中特訓財務・会計計算問題集と意思決定会計講義ノートの違い━ライフサイクル・コスティングという事例

以前中小企業診断士の2試験に向けて勉強した時に、いつくかの過去問に記載されていた経験者が次のような問題集を使っていることがわかりました。 「意思決定会計講義ノート 」 さっそく意思決定会計講義ノートについて調べてみると公認会計士用の問題集らし…

「全ノウハウ」におけるフレームワークと情報を構造化する力

現在、中小企業診断士2次試験に向けて勉強しています。今は『中小企業診断士 2次試験合格者の頭の中にあった全ノウハウ2015年版』を読んでから2週目に入りました。 以下の過去記事で2次試験の参考書の『全知識』について触れましたが、この本はその姉妹編と…

診断士2次試験について最近考えている悩み━帰納法と演繹法による問題への対処

最近、次の中小企業診断士2次試験に合格できるかどうか漠然とした不安を感じています。 次のレベルの思考回路の必要性 どうすればできるようになるのか? 帰納法と演繹法 あわせて読みたい 次のレベルの思考回路の必要性 2次試験は2015年の10月下旬頃受けて…

『中小企業診断士 2次試験合格者の頭の中にあった全知識』の良いところ

『全知識』は、今まで曖昧だった解説の背景まで説明されている所が良いと思います。解答プロセスを考えるうえで、前提知識のさらに前提知識を理解できることで、今まで気づけなかった問題にも気づけるようになります。

『全知識』にある有形固定資産の貸借ボックスや投資CF・営業CFの算出方法について

「あぁ、なるほど、こういう風に見れば良かったのかぁ」有形固定資産の「貸借ボックス」というものを知った時にそう感じました。 最近は中小企業診断士試験の参考書として売られている『中小企業診断士 2次試験合格者の頭の中にあった全知識〈2015年版〉』を…

『全知識』を読んでおけば良かったと思ったのと、「一店逸品」について

中小企業診断士の『全知識』は読んでおけば良かったです。その中の「一店逸品」というキーワードから静岡県静岡市の静岡呉服町名店街があることを知りました。平成5年から各店舗での来店客とのやりとりを通して、独自商品を開発及び販売する取組をしています…

中小企業診断士試験の「運営管理」から考えるサーブリッグ分析(微動作分析)といった効率化の行き着く先

中小企業診断士試験には「運営管理」という科目があります。この科目は主に工場に関する内容と店舗に関する部分に分かれています。この科目を勉強し始めて、工場に関する部分を最初読んでみてから驚きました。 「工場はここまで効率化が進んでいるのか・・・…

中小企業診断士試験で学ぶPPM理論や流動数分析は実務で使うためのモノサシと対処法

以前以下の過去記事で『「経営革新支援」の進め方―中小企業診断士の経営革新支援手法』という本について触れました。 2015年度中小企業診断士2次試験の結果詳細と『「経営革新支援」の進め方』を読んで気づいたこと - 知識の倉庫の整理 本書は自分が診断士と…

2015年度中小企業診断士2次試験の結果詳細と『「経営革新支援」の進め方』を読んで気づいたこと

結果の詳細は事例ⅠはB、ⅡはC、ⅢはB、ⅣはDでしたが、気持ちを切り替え『「経営革新支援」の進め方』を読んでみました。ミーコッシュ式というデューデリジェンス(Due diligence)が多いと気づき、こういった視点で今後勉強が必要だと感じます。

中小企業診断士試験に必要な現実的な勉強時間数(言い訳)━4000時間以上

合格に必要な時間数は現実的には3000時間から4000時間程と思われます。その理由は、有名大学卒で有名大企業で、簿記や法務など様々な知識を積んだ幹部候補生が合格者に多く、そういった人たちだから1000時間程の勉強時間で済んでいると考えられます。

2015年度中小企業診断士2次試験に落ちて思うこと(反省)

2次試験に落ちた後に「中小企業診断士試験 一発合格道場」に書かれていた「診断士になってどうするの?」という言葉にはっとさせられました。そのため合格後を見据えて『「経営革新支援」の進め方』という本を読んで、新たな視点を持つようになりました。

2015年度中小企業診断士2次試験の合否と結果の受け止め方

結果としては不合格でした。この試験までに法務や社会保険、ビジネス書などを読んだり、山のようなテキストや過去問をこなしてきました。しかし、5回、6回受けている多年度受験生も多くいることを考えると現実は厳しいなと感じます。

2015年度中小企業診断士1次試験にボーダーラインぎりぎりで合格できました。

2015年の1次試験ではなんとか合格することができました。ここまでかなり追い込んできたのですが、事前の模試や過去問の結果が思わしくなかったのです。そこで色々考えて出た結論は「分からない問題は絶対に飛ばす」でした。

2015年度中小企業診断士TAC2次試験模試

今月の5月2日にTACの中小企業診断士の2次試験の模試に行ってまいりました。 2次試験の流れや実際にどういったものか慣れること 4事例全て終わった後の手ごたえと現実 自分の解答と模範解答と比較してみた結果 TACや同友館の過去問など、全て答えは一致しない…