知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

新技術-人工知能

人工知能は現在、誤差逆伝播法という引き算の思考まで辿りついている

最近は人工知能の発達具合や人工知能が人間のどんな仕事を奪っていくのかということが、よくニュースなどで取り上げられます。 コンピュータの進歩の早さはムーアの法則で進んでいるとか指数関数的に進歩していくといった言葉がありますが、では具体的にどこ…

人間と機械や人工知能の時間感覚の違いや有限の肉体について思うこと

今回の記事のタイトルは『人間と機械や人工知能の時間感覚の違いや有限の肉体について思うこと』です。 なぜこんな記事のタイトルを思いついたのかというと、『機械との競争』という本にある、以下のとある一文を読んだ時がきっかけです。p.101第2章で取り上…

ブログに記事を書くことは電脳空間に自分を移植していると言えるのではないか

今回の記事のタイトルは『ブログに記事を書くことは電脳空間に自分を移植していると言えるのではないか』です。 なぜこんなことを考えたのかというと、最近は人工知能や最新の技術の発展が目覚しく「脳全体のエミュレーション(移しかえ)によって不老不死に…

Landscaping(ランドス ケイピイング)を用いたKIBIT(キビット)など技術革新の早さは想定以上に進んでいる

以前銀行業務に関して人工知能によって代替されるかもしれないといった記事を書きました。 銀行に人工知能と聞くと、業務にどのように導入されるのかいまちイメージできないかもしれませんが、現実問題としてこの分野では欧米では日本よりもかなり進んでいる…

KIBIT(キビット)のLit i View AI助太刀侍が経済や個人に与える影響とAGI(汎用人工知能)について

UBICは12月17日、同社独自のアルゴリズム「Landscaping(ランドスケイピイング)」を用いた人工知能である「KIBIT(キビット)」を活用し、三菱東京UFJ銀行の法人向け銀行業務の一部を支援することを発表した。 (中略) KIBITによるスコアリングの結果は、ビジ…

音声認識や画像認識等の大人の人工知能と動作やモーション等の子どもの人工知能という分類

現在の世界において、まだ人間と同等レベルの意識や感覚を持った人工知能というのは開発されていません。 何らかの専門分野に特化した人工知能は多く開発されています。ですが人工知能を次のように分類した見方の発想は、今までの自分にはありませんでした。…