知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

コンサルタントが売っているものは問題解決手法を通した論理ツリー等という見方

スポンサーリンク

中小企業診断士2次試験が終わって、もう数日が経ちますが精神的に

少しずつ立ち直りつつあります。


ですが、やはり心の中はモヤモヤした感じが残っています。


もっとこうしておけば良かったと思うこと

「あの時なんでもっとこういう風に書いておかなかったのか」

「模範解答なんて怖くてとても見られない」


という後悔の気持ちでいっぱいです。しかし最近は「中小企業診断士試験

一発合格道場」というサイトを見ていて、診断士を目指す目的、といった

記事を読んでいろいろと考えさせられるなぁと思いました。


確かに言われて見れば、試験に合格したい!という気持ちが強かったの

ですが、じゃあ試験に合格した後はどうしていくのか?というところまで

は深く考えていなかった気がします。


中小企業診断士という試験は、経営コンサルタント唯一の国家資格、という

風に言われています。自分も今後生きていくうえで、ひとつ上のレベルとし

てコンサルタントとして働けるようにしていきたいと考えていました。


では、実際にコンサルタントになったとして、具体的にどういう知識が必要

でそのために何か調べたり本を読んだりしていたかというと、していなかっ

たと言わざるをえません。


試験という途中の目標は見ていましたが、その先のものを想定して行動して

いなかった、というのが今現在の反省点です。

『問題解決手法』や『思考プロセス』

そのようなことをここ数日間ずっと考えていて、今日ふと思いついたことが

あります。「コンサルタントの売ってるものって知識じゃなくて『問題解決

手法』とか『思考プロセス』といったものじゃないだろうか?」


なぜこのような結論に至ったかというと、『ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス

』の最後の解説のページを読んでいたときのことです。診断士2次試験はもう

終わってしまい、自分としてはもう「落ちている」という前提で来年に向け

て行動していこうと思っていました。


しかし来年の試験といってもまだまるまる1年あるのでしばらくは読みたい本

でも読むかということで近くのブックオフへ行って手にとったのが本書です。


かなりボリュームがあるので、いきなり本文から読むのはきついと感じ、本

書の最後の解説から読んで俯瞰できるようにしようと思っていました。


その中でやたら「思考プロセス」という言葉が出てきます。他にも「対立解

消図」とか「未来問題構造ツリー」「前提条件ツリー」「移行ツリー」なる

言葉が出てきます。

『ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス』の中での「思考プロセス」の意味

本書での「思考プロセス」という言葉の意味として

「『何を変えればよいか』『何に変えればよいか』『どのように

変えればよいか』といった一連のプロセスを系統的に考えること

から思考プロセスと呼ばれる。


思考プロセスを実行するためのツール(論理ツリー)には以下が

用意されており、順に系統的に使用したり単独で使用したりする。

①現状問題構造ツリー

②雲(対立解消図)

③未来問題構造ツリー

④前提条件ツリー

⑤移行ツリー」


と書かれています。

このような言葉から中小企業診断士試験2次試験で問われていた「思考プロ

セス」に思い至ります。今になってやっと気づいたのですが、自分は問題を

問題としてちゃんと認識できていなかった気がします。


過去問の解説などでよく「思考プロセス」という言葉が出てきて、なんとな

く大事だとは思っていましたが、自分の中では漠然としたものにしか捉えら

れていなかったです。


以前から「ロジカルシンキング」とか「フレームワーク」といった言葉があ

るのは知っていました。


しかし、いったいどういった分野のものでどういうときに使うんだろうなぁ

という漠然とした認識しかなく、頭の片隅に追いやられていました。それが

今になって繋がった気がします。「あぁ、もしかしてこのことなのか」と。


中小企業診断士2次試験の事例Ⅰのテーマは組織・人事、事例Ⅱは流通・マー

ケティング、事例Ⅲは生産・技術という風になっています。


試験直前になってやっとそのテーマについて理解できたかと思っていたので

すが、さらにその上位の概念というか背景というか、そこまでの認識には思

いが至らなかったです。

「人間万事塞翁が馬」

世の中には「人間万事塞翁が馬」という言葉がありますが、まだ2次試験の

結果は発表されていませんが、仮に落ちたとしてもそれは自分にとっては良

いことかもしれません。


今日までの反省から、自分は勉強が足りなかったというレベルではなく、そ

もそも勉強しなければいけない分野に気づいていなかった。


合格後の自分を想定して勉強していなかったと言えます。ですから今後はそ

の点の課題を意識して新たに勉強を進めていこうと思います。