読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の倉庫の整理

ここでは今まで学んできたことや考えたことなどを整理、記録していきます

もし料理ロボットが料理データをロボット同士でシェアして自律的に学習できたら

前回以下の過去記事の文章を書いていたときにふと思ったことがあります。

もう少し視野を広げてみると、記事内では料理のデータを「シェア」でき

ました。


ということは、自分が実際に手順を録画しなくても、全国にいる多くの人がインタ

ーネット上に料理の手順のデータをアップロードしてくれれば、かなりの種類の料

理をカバーできるようになるということです。


これはすごく画期的なことではないでしょうか。


あれ?実はこれすごいことではないだろうか?と思ったので、今回はこの

ことについての考察を書いていってみます。

もしインターネット上のデータをシェアして利用できるロボットができたら

前回は料理ロボットが料理を作る時に、実際に人間が作った手順を録画し

てロボットに覚えてもらうことで料理をつくれるようになる、といったこ

とを書きました。

「動き」に関するデータや人工知能の技術も研究が進めらている

今までであれば「ビッグデータ」など、インターネット上にある膨大なデ

ータから、どういった人間の趣味思考の規則性を見出すかといった点に注

意が向けられていました。


必ずしもそういったデータから、現実の世界の中で何か今までとは全く違

う建物とか道具が作れるようになったり、そういったものが世界中に瞬時

に広まってしまうといったことではなかったわけです。


しかし、以下の過去記事でも書いたのですが、現在はデータだけでなく実

際のロボットの「動き」に関するデータや人工知能の技術も研究が進めら

れているわけです。

単なる数値や文字の羅列といった、一般の人が考えるようなデータだけで

なく「動作」といったデータもインターネット上で共有したり、それを学

習できるようなロボットがどんどんできるようなっていったとしたら今後

どうなるのでしょうか


そういったデータというのはインターネット上で無数の人がアップロード

したものでも、ロボットはどんどん学習していくと考えられます。


今書いているのは料理ロボットについてですが、じゃあ他のロボットや様

々な用途にまでこのやり方を広げてみたらどうでしょうか。


例えば介護業界とか建設業界など、人手不足だけど仕事内容は複雑で、ま

だまだ人間の思考や、工程ごとに違う人間的な動きが必要な仕事は難しい

でしょう。


ですが、画一的で人と接しない業界の仕事は急速に普及していくと考えら

れます。

「やり方」とか「ノウハウ」もインターネット上で共有されるようになったら

上記ではまだ目に見える「モノ」について考えてみましたが、じゃあ今ま

でよりも効率的な「やり方」とか「ノウハウ」などもインターネット上で

共有されるようになったらどうなってしまうのかなぁと考えたりもしまし

た。


例えば料理ロボットであれば、今までよりも電気代や水道代を少なくでき

るような動きでできるようになるとか、


ドローンなどの配送ロボットであれば、この時間帯はこの家には人がいな

いからそれを考慮した最適な配送ルートを瞬時に計算して配送してしまう

とか、


いろいろ考えられますが、インターネット上にある全てのデータを全ての

ロボットが共有して、そのデータを最大限生かして行動できるようになっ

たとしら、


そうなっていったら、ロボットは今までとは比べ物にならないくらい高速

で学習していって、我々一般の人間の生活も一変していってしまうのでは

ないかと思いました。

機械の成長スピードが人間の成長スピードを超える時

今までの自分であれば、そういったことは「まだまだ数年、いや数十年は

先だろうなぁ」と考えていました。


しかし実際に料理ロボットのモーリーやGoogleのヒューマノイドロボット

Atlasの動きを見たりしていると、それほど遠い未来ではないのではないか

と感じています。


今までの人類や技術の歴史を考えると、新たな発明品が出てきても、人間

の生活が変わるというのは何十年とかかってきました。

1700年代に起きたイギリスの産業革命

例えば1700年代に起きたイギリスの産業革命では、蒸気機関などの発明に

より工業生産を飛躍的に増大させました。この産業革命の期間は諸説あり

ますが、この産業革命の恩恵が一定の範囲にいきわたるまでに約100年の年

月が費やされています。

1970年代から始まったとされているIT革命、情報革命

また1970年代から始まったとされているIT革命、情報革命では通信技術が

急速に発達しました。個人にもPC(パーソナルコンピューター)がいきわ

たり集積回路や通信できる容量を大幅に拡大した光ファイバーも普及する

ようになっていきます。


加えてLANやWANなどのネットワーク技術も発達し、今までに比べてより

複雑で高度なことができるようになっていきました。これらの期間にして

も約30年から40年という風に数十年はかかっています。

「情報」も「動作」も一瞬で世界中のロボットと共有できるようになったら

しかし、「情報」も「動作」も一瞬で世界中のロボットと共有できるよう

になったとしたら、人間の生活が変わっていくスピードというのは今まで

のような何十年という単位ではなく、


数年、数ヶ月、下手をすると数週間で私たちの見る景色も変わっていって

しまう、そういう未来もあるのかもしれないなぁ、と記事を書きながら考

えていたのでした。