2015-11

経営

日本企業がキャッチアップ・模倣される理由は新興国の人材養成バンクになっているから

今回は以下の過去記事の続きです。 他社からのキャッチアップや模倣を先発優位性と後発優位性から理解する - 知識の倉庫の整理 前回の記事から韓国や中国、新興国などの国々がなぜ日本企業に早くキャッチアップできるのか、というのを「
経営

他社からのキャッチアップや模倣を先発優位性と後発優位性から理解する

なぜ日本は今のような状態で、なぜ価格競争に陥ってしまったのだろうか、なぜブラック企業が増えて社員は長時間労働を強いられるようになっていったのだろうか、と考えることがあります。 価格競争によって何が起こるのか 今回は以下の過去記事の続
考え方

お金でも土地でもなくこれからの時代に価値あるものとは

結論としては「アイデア」ということになるみたいですね。なぜこのタイトルについて書くかというと、自分の今までの疑問に対して「あぁ、だからなのかぁ・・・」と納得したため取り上げてみたいと思いました。 アイデアこそ価値あるもの このブログ
考え方

クラウドソーシングの使い方のひとつに製薬会社イーライリリー社のInnoCentiveを利用した集合知がある

「こんな解決の仕方があったんだぁ」 最初にこのような方法があるというのを知った時は、まさに「この発想はなかった」という感じでした。 自分の中で今まで理想としていたことが少しずつ現実になっているという感覚があり、今回はそれ
新技術

クラウドファンディングは一人1円からでも自分の応援したい事業に投資できる

以下の過去記事では「クラウドファンディング」というインターネットを通した、新しい資金調達方法があることを書いていきました。 ビジネスや地域活性化活動、環境保全活動等にも利用できるクラウドファンディングという新しい資金調達方法 -
新技術

クラウドソーシングを利用した千葉県成田市の株式会社ソフトプランナーによるデータ移行業務の事例

クラウドソーシングの企業ごとの捉え方 p.22 「1.クラウドソーシングの動きは取るに足りないものと無視する 2.クラウドソーシングの動きを危険なものとみなし、拒否する 3.クラウドソーシングを積極的に活用してみ
新技術

ビジネスや地域活性化活動、環境保全活動等にも利用できるクラウドファンディングという新しい資金調達方法

前回クラウドソーシングについて書いたので、今回はクラウドファンディングについて書いていこうかと思います。 資格試験の途中で見つけたのですが、クラウドファンディングという新しい資金調達方法というものがあることを知り、「世の中には
新技術

中小企業白書(2014年版)の矢野経済研究所によるクラウドソーシングを利用した新しい働き方について

少し前から「在宅勤務」とか「SOHO」という言葉を見かけるようになりました。 在宅勤務やSOHOについて 在宅勤務とは、勤務する会社のオフィスで働くのではなく、自宅で働く事とされています。SOHOとは、「 Small Office/
労働

自分に軸がなく適切な契約に失敗して、外食産業の地獄から学んだ教訓

人生というのは、多くの人にとって楽な道のりではないでしょう。理不尽なことで叱責を受けたり、他人の失敗の責任を取らされたり、人生というのはなかなか思い通りにはいかないものです。 人生というのは何かと苦しい時が多いものですが、その
経営

国内市場飽和による企業間競争の激化で価格競争に陥った場合、社員の日々の勤務にどう影響するのか?

ビジネスとか経営について勉強していると、「他社との競争」とか「競争激化」といった言葉を目にすることがあります。これってどういうことなんでしょうか。 どうやら、自社の商品が他社と比べてあまり差がない、似ている、同じような商品の場