2016-03

経営

デル株式会社は職務のセグメンテーションや将来構想で成長してきた

今回は以下の過去記事の続きです。 デル株式会社の成長過程には受注生産方式や30日間返金保証、WWW.DELL.COM等がある - 知識の倉庫の整理 デル株式会社は創立から2000年ぐらいまでは急速に成長してきました。今回はデル
経営

デル株式会社の成長過程には受注生産方式や30日間返金保証、WWW.DELL.COM等がある

今回は以下の過去記事の続きです。 『デルの革命―「ダイレクト」戦略で産業を変える』における中間業者を排除することのメリット - 知識の倉庫の整理 前回はデル株式会社がどうやってできたのかという、多くの人にとってパソコンで馴染み
経営

『デルの革命―「ダイレクト」戦略で産業を変える』における中間業者を排除することのメリット

マイケル・デルという人物とデル株式会社について p.9 私は高校の卒業資格を郵便で取り寄せようとした。その時私は、まだ小学校三年生だった。 きっかけは、雑誌の裏表紙に載っていた広告である。そこには「簡単な試験に合格する
考え方

メンタルモデルやD.マグレガーのX理論・Y理論において人間の心理は物事の結果によってどう変わるのか?

今回は以下の過去記事の続きです。 『システム・シンキング入門』を読んでみて━因果ループ図という発想 - 知識の倉庫の整理 システム・シンキングという考え方には、目に見える現象や、そのパターン、構造が関わっていると書きました。そ
考え方

『システム・シンキング入門』を読んでみて━因果ループ図という発想

インターネットによって多くの人が、数多くの情報やデータに触れられるようになりました。例えば総務省の毎年の日本の経済状況の統計であるとか、EDINETなどの企業の財務情報も今では誰でも手軽に見ることも出来ます。 もっと一般的な視点で見れ
考え方

天外伺朗さんの『運命の法則』にある「トータルつき量一定の法則」は悩みや不安がある時の心の支えになる

誰でも不安や悩みはあると思います。天外伺朗さんの『運命の法則』には世の中には「トータルつき量一定の法則」というものがあると書かれています。ついているときと、ついていないときは公平に訪れるので、ヤケを起こさず手堅くプレーすれば、いずれツキがまわってくるそうです。
経営

「あるべき姿」は実在する企業から見つけるという方法━Dell(デル)という会社について

以前以下の過去記事で「真の問題」を解決するには「あるべき姿」の設定が必要、といったことを書きました。 「真の問題」を解決するには「あるべき姿」の設定が必要━ピラミッド原則という考え方 - 知識の倉庫の整理 自分で書いておいてな
経営

企業の「あるべき姿」の設定と、それに伴う問題への対処法について

前回は以下の過去記事で「あるべき姿」の重要性について書きました。 「真の問題」を解決するには「あるべき姿」の設定が必要━ピラミッド原則という考え方 - 知識の倉庫の整理 あるべき姿が設定できないと、真の解決すべき問題を見つける
新技術

もし料理ロボットが料理データをロボット同士でシェアして自律的に学習できたら

インターネット上には日々無数の人からアップロードされるデータがあります。それらをロボットが共有し学習して利用できるようになったら、産業革命やIT革命とは比べ物にならないくらい急速に私たちの生活を根本から変えていってしまう可能性があります。
新技術

料理ロボットのモーリー(Moley)で個人の生活や食産業がどう変わるのか━シェアによる種類の制限からの解放

先日以下の「脱日本人クラウド」さんの記事を見て驚きました。今の時代の技術力だと、既に料理をつくれるロボットもできるようです。 「料理×ロボット」足りないのは愛情だけ - 未来を創る話をしよう それがロボットキッチンのモーリー(
考え方

「真の問題」を解決するには「あるべき姿」の設定が必要━ピラミッド原則という考え方

以前過去記事で以下のようなことを書きました。 理解することは分けること━フレームワークと構造化について - 知識の倉庫の整理 ただ、これはまだ入口であって、理解するために「分ける」ことはできるようになったと。
労働

派遣社員が確定申告書等作成コーナーを利用して確定申告をやってみて還付金を受けられた件について

先日はとある事情により税務署に行き確定申告をしてきました。 確定申告の準備をするために参考にさせていただいたのが、以下のこやぷよ(@coyapuyo)さんの記事です。 無職1年生、確定申告を提出してきた。 - Coyapuyo
考え方

『知識の構造化と知の戦略』━P.F. ドラッカーの「知識に知識をあてる」という発想とは

知識はバラバラでは役には立たない。個別の知識が論理的に接続し体系化して初めて役に立つ。しかも物事の本質をとらえる構造的情報の抽出がなされねばならない。 『知識の構造化と知の戦略』から引用 知識の構造化 最近は試験勉強を兼ねて斎藤雄
考え方

生きるのに慣れてしまった安逸と弛緩は人を堕落させ死に近づけさせる

時々自分の人生を振り返るときがあります。人並みの人生を歩めなかったので結構こういうことは考えたりします。自分の今までの人生については以下の過去記事のような形で書いてきました。 未来に絶望していた大学で新聞奨学生で新聞配達していた時の
考え方

理解することは細分化すること━ロジックツリーについて

前回は以下の過去記事を書きましたが、今回はその続きといった感じです。 理解することは分けること━フレームワークと構造化について - 知識の倉庫の整理 前回は理解することに対して、「分けること」という風に書きました。 しか
考え方

理解することは分けること━フレームワークと構造化について

前回の以下の過去記事では「構造化すること」について触れました。 100記事を超えて気づいたこと━知の構造化技術によって物事を構造化する力を利用する - 知識の倉庫の整理 今回は「構造化」というものについてもう少し詳しく書いてい