関連記事

2017年の抱負と、日本の企業で正社員として働くことの価値について

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。今年の

抱負はどうしようかと考えていたのですが、ちなみに去年も同じような記事を

書いています。

2016年の抱負について2016年の1年間はどうであったか、2017年はどうしていこ

うと思っているのか、自分なりに簡単に書いていこうと思います。

2016年にしようと思っていたこと、その結果

冒頭の過去記事では、2016年について以下のようなことを書いています。

  • 中小企業診断士試験の合格
  • 記事の継続的更新
  • この世界の行く末を見届けること

これらのことについての反省は、前回の以下の過去記事を見ていただければと思

います。

「この世界の行く末を見届けること」について

「この世界の行く末を見届けること」については前回の過去記事では書いていま

せんでしたので、2017年の抱負と伴に書いていってみます。

冒頭の「2016年の抱負━企業から個人への権力への移り変わり」の記事では、昨

今の技術の進歩と伴に「権力」というものが企業から少しずつ「個人」へと移り

変わっているのではないかといったことを書いています。

政府が公然と「副業を承認」することについて

特に最近の以下の記事では、政府が公然と「副業を承認」するまでになっていま

す。

正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換 :日本経済新聞

政府は「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しする。企業

が就業規則を定める際に参考にする厚生労働省の「モデル就業規則」

から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則

容認」に転換する。

複数の企業に勤める場合の社会保険料や残業代などの指針もつくる。

働く人の収入を増やし、新たな技能の習得も促す。

この記事から自分が考えることは、「日本の企業は、これからは社員を定

年まで養ってあげることはできない。だからこれからは少しずつ自立でき

るようにしてくださいね」という暗黙のメッセージではないかと見ています。

着々と「個人」の時代に進んでいると思われます。

今までであれば、企業側としては基本的に副業は禁止していました。その表面的

な名目としては「業務に支障が出るから」というものでした。

それは副業をすることで体力的、時間的に消耗しては本業に支障が出るので避け

て下さい、というものでした。

ですが、その本来の目的は「副業なんかされて個人が複数の選択肢を持てるよう

になったら、自社に縛り付けておくことができない。経済的にも知識の面でも『

盲目』にすることで自社に縛り付けておく、ここでしか働けないんだ、と思わせ

ておく」、というものだったのではないでしょうか。

社員をある意味「盲目」にしておくことで自社に縛りつけて逃げられないように

し、上の世代の地位を磐石なものにしておく。

しかし、そのような思想や行為が会社の競争力、ひいては日本の競争力を失わせ

てきたのではないでしょうか。

欧米の労働市場と日本の労働市場について

欧米では、同じ職種の仕事であれば企業ごとに極端に違うということは少ないと

聞きます。それが労働市場の流動性を高めて、衰退産業から成長産業への人の移

動を容易にし、全体として成長を図れるという風に物事が上手くまわるような形

ができています。

一方日本の企業は、同じ職種でも企業ごとに大きく異なるようで、それが「その

会社でしか通用しない」人材を生み出し、日本の労働市場が硬直化、衰退産業に

優秀な人材が残り、成長産業へ優秀な人材がなかなか移動せず、全体として衰退

していくという形になってしまっています。

「社員を盲目にして縛り付けておく」という文化や行為が、社員が自分の地位を

奪われたくないからと、その人の仕事を「属人化」させてしまうという行為には

しらせるのです。