関連記事

外部の対象を時間軸で見られるようになるとその人の人生は幸せになるかもしれない

「なぜ今までこんな単純なことに気づかなかったんだろうか・・・」

世の中には

「与えたものを受け取る」とか

「因果応報」とか

「鏡の法則」

といった言葉があります。

自己啓発に関する本をいろいろと読んでいて共通するのは、自分が今までしてきた

ことが自分に返ってくる、というものです。

この点に関しては、今まで自分の人生をよく見つめなおす機会があり、このブログ

でも度々書いてきました。なぜそうなるのか、という具体的なメカニズムはわから

ないのですが、このことについてはある程度納得しています。

このことは自分の「心」に対しても同じことが言えるようなのです。

自分が「したこと」というのはなんとなく納得できます。それは目に見えるもので

あったり、具体的な行動であったりするのではっきりしていてわかりやすいからで

す。

でも「心も同様である」という言葉を見ても、当時はいまいち納得できませんでし

た。その意味としては、様々な自己啓発書には「自分の心の反映が周りの環境の表

れである」といった意味として書かれています。

インターネット上には次のような言葉があります。

心が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

多くの有名人がこの言葉を使っているのをよく見かけていました。少し話が反れま

すが、この言葉の出所はウィリアム・ジェームズという方のもののようです。

この言葉の最初と最後を繋げてしまうと「心が変われば、運命が変わる」というも

のになります。

「うん、確かにそうかもしれないけど、心が変わっても運命が変わるまでには途中

にいくつかの工程があるから、運命が変わるまでには時間はかかるよね」と以前は

思っていました。

要するに、自分は今までこの「心」というものを軽視していたのではないかと最近

感じるようになってきたのです。

その理由や最近考えていることについて書いていってみます。

きっかけはちょっとした生活習慣の変化

今回の記事のタイトルは「外部の対象を時間軸で見られるようになるとその人の人

生は幸せになるかもしれない」と書きましたが、こういったことを考えるようにな

ったきっかけというのは、1つ前の勤務先で働いていた時期でのことです。

今までであれば昼はいつも外で食べていたのですが、その時の職場の周辺というの

はそれ程飲食店があるわけでもなく、コンビニで弁当やパンを買って職場内の食事

ができるスペースで食べなければいけませんでした。

要は今までとは違う生活習慣を余儀なくされたことで、今までは見えなかったもの

が見えるようになっていったんだと思います。

今までは違った出来事から始まって、他の習慣に連鎖してちょっとずつちょっとず

つ積み重なっていき、そういったことの積み重ねによって物事を今まで見ていなか

った視点で見れるようになっていきました。

それは具体的にどういったものかいうと、「外部の対象を時間軸で見られるように

なっていった」ということです。

「外部の対象を時間軸で見る」ということ

今までであれば「自分を良くしていけば、それに比例して周りの環境も良くなって

自分の人生も良くなっていくんだ」と思っていました。

でもその意識の焦点というのは、強く「自分」に向けられています。別の言い方を

すれば「自分しか見ていない」とも言えます。

「外部の対象を時間軸で見る」とはモノにおいても人においても、その対象には「

過去」もあれば「今」もあり「未来」もあります。

今までの自分であれば対象に対して「今」しか見ていませんでした。具体的な事例

で表すと以下の過去記事で書いたようなことです。

人間というのは、誰しも「良いもの」を得たいと思うものです。ですがそれは知ら

ず知らずのうちに「今」という時点に縛られたものしか見ていないのではないでし

ょうか。

多くの人は安全な大企業に就職したいと思うでしょう。でもそれは「今」の時点し

か見ていないですよね。

そのような見方は「今」という時点で「より多くのものを求める視点」です。

この世界は「与えたものを受け取る」ようにできているのであれば、「見るものは

見られる」とも言えるのではないしょうか。

つまり「今」の時点の相手しか評価しなかったら、「今」の時点の自分しか評価さ

れないのではないか、ということです。

自分の人生をよーく振り返ってみると、なんとなく心当たりはあります。例えばこ

のブログでは以下のような過去記事も書いています。

今思えば、当時は自分を良くすれば人生が良くなると考えていたのと同時に、すぐ

に周りの環境に対しても良いものを求めすぎていた気がします。