なぜ独自ドメインとワードプレスへ移行したのか

スポンサーリンク

なぜ独自ドメインとワードプレスへ移行したか。

今回、この「知識の倉庫の整理」ブログは、はてなブログから独自ドメイン、ワードプレス

へと移行しました。その理由というのはいくつかあるのですが、はっきり言えば「今までの

やり方に限界を感じたから」です。

この「限界」というものにも見方はあると思うのですが、例えばはてなブログのカスタマイ

ズ性とかですね。もちろんこれだけではありません。

ブログを始める人の理由として、例えば今までの知識や経験を文章という形で蓄積、棚卸し

していきたいとか、広く情報発信できるようになりたいとか、今流行っているから、仕事に

利用できそうだから、などたくさん考えられます。

自分もそういった理由のいくつかを持ちながら始めました。もちろん最初の頃ははてなブロ

グの使い方や機能、拡張性とか可能性など全然わからないことだらけでした。

そういった過去の思いを振り返りながら、「なぜ独自ドメインとワードプレスへ移行したの

か」について書いていってみます。

内側の世界と外側の世界

ブログを始めてはてなブログが初めてではありません。しかしここまで真剣に取り組んだの

は今回が初めてです。はてなブログで日々記事を積み重ねていくと気づきとかコツというの

もわかってきます。

導入や結論など文章の書き方、どこにどういった情報源があるのか、引用の仕方、テーマと

かデザインにはとういったものがあるのか、

はてなブログにはどのような人がいて、どんな記事を書いているのか、はてなブログの世界

観等々、時間が経つにつれて段々とわかってくるようになりました。

人間というのは内側のことがある程度わかってくるようになると、外側のことも気になって

くるものです。

例えば、なぜこの人のブログはこういったデザインなのか、なぜ無料ドメインや無料ブログ

ではなく、わざわざお金を払って独自ドメインにしたりサーバーを借りてワードプレスを使

う人がいるのか、といったことです。

普通に考えれば無料で使った方が良さそうな気がします。しかし現実にお金を払ってまでブ

ログで記事を書いている人が存在します。これはどういうことなのか。

ブログを始めた頃は気にもとめなかったのですが、ブログを実際に書いていったからこそ

「あぁなるほど、だからこういうことをしているんだな」といった感じでその理由という

ものがわかるようになっていったわけです。

ここから独自ドメインとワードプレスに焦点をあてて、もう少し詳しく書いていってみま

す。

独自ドメインにした理由

気づいている人は気づいていたかもしれませんが、この「知識の倉庫の整理」ブログは、

3ヶ月前からはてなブログで独自ドメインを使っていました。ではなぜ独自ドメインにし

たのか。

ブログを始めた頃は全然意識していなかったのですが、ある程度の月日や記事数を積み

重ねていくと「もう少し広く情報発信できないものか」と考えるようになります。

そこからいろいろと学んでいき、カスタマイズなど自分のブログに手を加えていくよう

になりました。しかし、どうやっても自分のイメージ通りにいかない部分も出てきます。

そこである時ふと思い立ちます。「他のブログと比べて何か根本的な違いがあるんじゃ

ないか」と。

そこでインターネット調べてみると、どうやらこの世界には「独自ドメイン」というも

のがあるようです。自分が今まで使っていたはてなブログの無料ドメインと有料の独自

ドメインとでは何が違うのでしょうか。

いくつか違いがあるのですが、自分が一番印象に残ったのは次の点です。

はてなブログなどのブログサービスの無料ドメインは、同サービスを利用している別の

人が書いているブログの無料ドメインと「競合」してしまうということです。これがど

ういうことなのかもう少し詳しく書いていってみます。

例えば自分が今まで使っていたはてなブログの「psoukonoseiri.hatenablog.com/」

というドメイン(hatenablog.com/)は、はてなブログを使っていれば(hateblo.jp

だったか?hatena.ne.jp、hatenadiary.comなど、はてなブログ内でも複数の種類の

ものがある)多くの人が使うルールになっています。

初期設定で自分の好きな文字を入れられるようにはなっていますが、その後に必ず、

「hatenablog.com/」がついてきます。これの何が問題なのか。

要は「Googleは検索画面上に同じブログサービスのドメインを2つ以上は表示させな

い」ようにしているようなのです。

例えば「野球」という言葉で誰からがgoogleで検索したとします。自分のブログが

検索画面上に表示されるには同じブログサービスの内の他のブログとの競争に勝たな

いといけません。

まず同じブログサービス内の他の競争相手との競争に勝たないと、検索画面上には表

示されない、つまり無料ドメインだとどうしても一定の所で限界が来てしまうという

ことです。

これは実際にいろんな言葉で検索してみた時に実感しました。例えば何か新しい料理

を覚えたいと思ったときに「晩御飯 本」で検索したとします。検索画面上で「アマ

ゾン」のサイトで10個表示されるとか「楽天」のサイトで10個表示されるなど、同

ドメインで埋まってしまうということはないはずです。

必ずアマゾンのサイトは1つ、楽天のサイトは1つ、紀伊国屋書店のサイトが1つ、個

人のブログが1つ、といった感じで必ずドメインごとに1つだけの表示になっていると

思います。(多少の例外はあるかもしれません)

より多くの人に情報発信できるようにするために、なぜ無料ドメインよりも独自ドメ

インの方がいいのか。それはここまで書いてきたことが理由です。

なぜワードプレスで新サーバーにしたのか

なぜワードプレスで新サーバーにしたのか。それは「カスタマイズ性」と「ページ速

度」が理由です。

ブログというものを通していろいろと手を加えたり、記事を積み重ねていかないとな

かなか気づかないかもしれませんが、ある時ふと思うんです。「あれ?これってもっ

と良くできないのかな?もっと読み込むスピードって速くできないのかな?」と。

SEとかプログラマーとして長年働いてきた人であれば別なのでしょうが、自分のよう

なHTMLとかCSSの知識に対して全くの素人の人間にとっては、ブログの利便性やペ

ージを読み込むスピードを高めるためにブログをカスタマイズしていくのには限界を

感じました。

ですからどうすればいいのかと考えた時、自分にとっては「ワードプレス」と「サー

バー」でした。ワードプレスはブログを書いている人であれば多くの人が1度は聞い

たことがあるのではないでしょうか。

特に自分は「Simplicity」というテーマを使うことにしました。というのは、それほ

ど難しい手順を踏むことなくカスタマイズができるようで初心者向けとあったからで

す。

ワードプレスに引っ越して約一週間使ってみましたが、なるほど「至れり尽くせり」

といった感じです。

今までのはてなブログでは、グローバルメニューをつくるのにブログに詳しい方が配

布してくださっていた元になるコードがありましたが、自分のブログに合うようにす

るには自分で元になるコードを少しいじらないといけませんでした。

しかしワードプレスだと必要な部分のチェックボックスにチェックを入れていくだけ

でグローバルメニューができるのには驚きました。

厳密にはもう少し手順を踏む必要があるのですが、ワードプレスに移行するには全て

において専門的な知識を必要とするわけではないようです。

他にもかなりたくさんの細かい設定が出来るようになっていて、ワードプレスのカス

タマイズ性や拡張性というものに非常に感心しました。

サーバーの方ですが、はてなブログを使っていた時ははてなの側のものを使うことが

できましたが、これからは別のものを借りないといけません。

通常ワードプレスを使う時に多くの人に使われるのが「さくらサーバー」とか「Xサ

ーバー」というものらしいのですが、それ以外にもっと良いものがないか探してはい

ました。

はてなブログから独自ドメイン、ワードプレスと大きく変えるのであれば、サーバー

についても何か革新的に性能や結果が高められるものはないかと探していたところ、

「Mixhost」というサーバーを見つけました。

自分はまだこういった領域の知識は疎いので何とも言えませんが、どうやら他のサー

バーと比べると機器や性能が根本的に違うようです。

また、料金プランも他社のサーバーと比べて安く月額500円程で使えるという点と、

無料で使える期間が最初の30日でいろいろと確認できるだろうということで「Mixhost」

を選択しました。

まとめ

以上ここまで書いたことが独自ドメインとワードプレスに移行した理由です。確かに

最初は抵抗感がありました。移行するときの手間とか、移行に失敗してデータが消え

てしまうとか元のはてなブログにも戻れない状態になってしまったりするリスク、

また、今まではてなブログ上で積み重ねてきた「はてなブックマーク」とか他者から

の評価が0からの状態になるといった点を考慮しても進むべきなのか、と。

しかし今までの状態がずっと続くことを考えると精神的に厳しくなりそうでしたし、

何より「やってみたかった、試してみたかった」という気持ちがありました。

まぁまだ手探りの状態ですが、何か変化があったらまたここで書いていこうかと思い

ます。

あわせて読みたい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事