エクセルVBAエキスパートスタンダードの受験と受けてみての感想

4月14日の土曜日にエクセルVBAエキスパートスタンダードの試験を受けてきました。結果としては「合格」していたので、今はホッとしています。

 

エクセルVBAエキスパートという試験は、エクセルにあるマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを認定する資格試験制度です。

 

以前からこのブログではエクセルのVBAの有用性についてたくさん書いてきました。約9ヶ月前にエクセルVBAのスピードと正確性に驚かされ「これは勉強しないといけない」と一念発起し、仕事の合間を縫ってコツコツと勉強をしてきました。

 

その甲斐あって今回の試験でなんとか合格することが出来ました。そこで今回はプログラマー経験者ではなく、経理の仕事をしてきてITやVBAに対して完全に素人だった自分がここまでしてきたことを簡単にまとめていきたいと思います。

エクセルVBAエキスパート試験と試験の受け方について

VBAエキスパートの概要について『VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック』には次のように書かれています。

p.009

■VBAエキスパートとは

「VBAエキスパート」とは、Microsoft OfficeアプリケーションのExcelやAccessに搭載されているマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを認定する資格試験制度です。株式会社オデッセイ コミュニケーションズが試験を開発し、実施しています。

 

VBAは、ユーザー個人が「マクロ記録」機能を使ってルーティンワークを自動化するような初歩的な使い方から、企業内におけるXML Webサービスのフロントエンドとして、あるいは業務システム開発のためのプログラミング言語として等々、多岐にわたって活用されています。

VBAエキスパート試験というのはオデッセイコミュニケーションズがつくっていて、ベーシックとスタンダードというレベルの試験があります。ちなみにオデッセイコミュニケーションズが出している公式テキストが『VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA』であり、試験のレベルに合わせてベーシックとスタンダードがあります。

 

イメージでいうと、ベーシックが基礎編でスタンダードが応用編といった感じです。もう少し具体的に表すと以下のような所をそれぞれ勉強できます。

■ベーシック

  • マクロとVBAの概念(Visual Basic Editorの操作と画面、セキュリティレベル等)
  • マクロ記録(標準モジュール、個人用マクロブック等)
  • VBAの構文(オブジェクト式、関数(Right、Left、Midなど))
  • 変数と定数(変数の代入と取得、スコープ等)
  • セルの操作(RangeとCells、セルの書式設定等)
  • ステートメント(For…Nextステートメント、Withステートメント等)
  • ブックの操作(ブックを開く、ブックを閉じる等)
  • シートの操作(シートの挿入、削除)
  • デバッグの基礎(イミディエイトウィンドウ、ブレークポイント等)
  • マクロの実行(メニュー/ツールバー、クイックアクセスツールバーへの登録等)

■スタンダード

  • プロシージャ(引数の意味や宣言、値渡しと参照渡し等)
  • イベント(ブック、シートのイベント)
  • ステートメント(Select Caseステートメント、For Each…Nextステートメント等)
  • 関数(LBound、UBound等)
  • エラーへの対応(On Error Goto、On Error Resume Next等)
  • APIとOLEオートメーション(OLEオートメーション、APIの概念、使い方等)
  • 変数と配列(静的変数、動的配列等等)
  • レジストリの操作(レジストリの概念、操作の注意点等)
  • ファイルの操作(テキストファイル、フォルダの操作等)
  • ユーザーフォームとメニューの操作(コントロール、メニューとツールバーの操作等)

 

この試験の形態と受験料は『VBAエキスパート公式テキスト Excel VBA ベーシック』において次のように書かれています。

p.012

■試験の形態と受験料

試験会場のコンピュータ上で解答する、CBT(Computer Based Testing)方式で行われます。

●Excel VBA Basic

出題数:40問前後

出題形式:選択式問題

試験時間:50分

合格基準:650~800(1000点満点)以上の正解率 ※問題の難易度により変動

受験料:〈一般〉12,000円(税抜)

    〈一般〉10,800円(税抜)※VBAエキスパート割引受験制度を利用した場合

以上はベーシックの試験形態と受験料になります。スタンダードも基本的には同じなのですが、違う所は以下の部分だけです。

出題形式:選択式問題:穴埋め式問題

受験料:〈一般〉13,500円(税抜)

    〈一般〉12,200円(税抜)※VBAエキスパート割引受験制度を利用した場合

 

試験の申込方法なのですが、自分はアビバオンライン検定申込サービスを利用しました。簿記の試験みたいに「1年で3回だけ」という風に、1年で試験が受けられる回数は特に決まっているわけではありません。

 

この試験を申し込む場合は、その人の住所の最寄にある試験会場を選べますし、日程も定期的に1週間か2週間ぐらいの間隔で試験を受けられるようになっています。詳しい申込方法はVBAエキスパート公式サイト又は検定申込サイトを参照していただけるといいでしょう。

 

注意点としては、試験日前にちゃんと「受験IDとパスワードをしっかりメモ」していってください。検定を申し込んで検定サービスの方からメールをもらうとわかると思うのですが、そこに「※受験の際には受験者ID/パスワードが必要になります。」と書かれているかと思います。

 

当日の試験を受ける直前に、この受験者IDとパスワードを入力する時があります。自分はメモは残してきたんですけど、「大文字と小文字」がちゃんと区別されてメモできていなかったのか多少手間取ってしまい、あまり良くない精神状態で試験を受けてしまいました。

 

合格できたからいいものの試験直前で慌てるのって嫌ですよね。この記事を見てくださった方で試験を受けようと思っている方は、大文字小文字にも注意して受験者IDとパスワードをメモ帳などにしっかりメモして試験に臨んでください。

エクセルVBAエキスパートスタンダードの試験を受けようと思った理由

このブログをいろいろ見てくださっている方はわかると思うのですが、以下のような過去記事を書いています。

要は業務でエクセルのマクロやVBAが使えるようになると全然違うんですよね。スピードと正確性が圧倒的に。特に自分が感激したのが「正確性」です。

 

自分はこれまで経理の仕事をしてきました。経理の仕事をしてきた方ならわかると思うのですが、業務に非常に正確性が求められますよね。

 

特に処理する業務量が多くなればなるほどどうしてもミスする所が出てきてしまいます。自分もこれまでいろいろと工夫は重ねてきてはいたのですが、どうしてもミスを「0」にすることができませんでした。

 

しかし過去記事にあるように、エクセルのマクロとVBAの使い手に出会ってから状況は一変します。もう本当に全然言葉の通り「ミスしなくなった」んですよね。

 

もちろん完全にミスがなくなったわけではないのですが、それは人間側のミスであり、マクロやVBAに「ちゃんと正しい手順」さえ組み込めればミスはしなくなりました。

 

そういう経験から「あっ、これは勉強するべきだな」と感じたのがまずひとつ。

 

もうひとつは、これまでの時代の流れや昨今の急速な世間の情勢の変化から、もうこれからはこの分野を勉強すべきだろうというのがあります。このブログでは以下のような過去記事も書いています。

 

世の中というのは、農業社会、工業社会、情報社会、そして知識社会へ移行していっていると言われています。知識社会はその人の知識や智恵が求められる社会であり、特に現在はその社会への過渡期と言われています。

 

他にも知識社会への移行の必要性がわかる状況として、昨今の「人手不足」があります。外食産業のように「人の数」で勝負をしなければならない「労働集約産業」は人手不足によっていつかどこかで、規模的、売上的に頭打ちになるであろうことは予想できます。

 

他にも、特に大規模な製造業は、莫大な資金や固定資産でもある巨大な工場を保有しています。そのような資本集約産業に属する企業は、今は世界的に外国との競争が厳しく、他国の安い土地や人件費を求めて日本からは工場をどんどん移してしまっています。

 

総務省の統計などにある、第一次産業、第二次産業、第三次産業の日本の比率のこれまでの推移を見てもそれは明らかです。

 

「今よりも大規模にロボットやAIを使ってビジネスが効率的にできるようになれば、労働集約産業でも資本集約産業でも規模は拡大できるはずだ」という意見もあるかもしれませんが、そういったやり方はもう知識集約産業に移行していると言えますよね?

 

以上のようにこれまでの世界の歴史や昨今の情勢を見ても、これからは「個人」が「知識社会」へ移行していく必要があると自分は考えており、その中で具体的に個人が何をすべきかという中のひとつが「プログラミング」であり、その中で自分が重要、勉強しやすいと感じたのが「VBA」であったということです。

 

この試験を受ける理由としては、自分にとって以上のような考えがありました。

コメント