ExcelVBAを使いこなすにはもう一段上のレベルの知識が必要なようです

ExcelVBAを利用して外部アプリケーションを操作する方法やExcel以外のVBAについて

最近はExcelVBAを利用して外部アプリケーションを操作するシステムをつくっていたのですが、正直これがどうにもなりません。

 

というのもExcelVBAは勉強してきましたが、WordVBA、OutlookVBA、PowerPointVBAについてはほとんど勉強してきていないからです。(AccessVBAについてはちょっとだけ勉強してました。)

 

以下の過去記事では、VBAというのはExcelだけではなく他のMicrosoftのofficeソフトでも使えて、それ以外のアプリケーションも操作できるということを知った、といったことを書きました。

 

確かに「Excel以外にもMicrosoftのofficeソフトでVBAを使える」ということは知ってはいましたが、でもまさか自分が使う日がこんなに早く来るとは思っていなかったんです。

 

そのため全然準備ができていません。仕事を通していろいろ取り組んでみてわかったのですが、やはりExceVBAlとは「仕組みが違う」ようです。

 

どうやら各officeソフトのVBAごとに「オブジェクトモデル」というものがあるらしく、これを勉強しなければ理解できないようです。実際インターネットを調べながら試行錯誤してみましたが、理解できていないためかどうにもならない状況です。

 

数年間VBAを使って仕事をしてきた、という人であれば理解できている必要があるかもしれませ。

 

けれども、自分のようなほぼ素人の人間にこのレベルのシステムをつくらせるというのもいささか疑問はありますが、今のような状況になってしまったものは仕方ありません。

 

どちらにしろ遅かれ早かれ勉強する必要はあったので、本とか情報とか整理して、近いうちに本格的に勉強していこうと思います。

Microsoftの各officeソフトごとのオブジェクトモデルについて

先の項目で「ExcelVBA以外のオブジェクトモデルの理解が必要」といったことを書きました。ExcelVBAについてはたくさん書籍がありますが、ExcelVBAやAccessVBA以外だとほとんど市場には出回ってはいないようです。

 

じゃあ他の人はどうやって勉強しているのでしょうか。自分が調べた範囲ではMicroSoftの「ヘルプ」を使って勉強しているようです。例えば以下のようなリンクがあることがわかりました。

ExcelVBAのオブジェクトモデルについて

AccessVBAのオブジェクトモデルについて

WordVBAのオブジェクトモデルについて

PowerPointVBAのオブジェクトモデルについて

OutlookVBAのオブジェクトモデルについて

 

まさか自分がVBAのヘルプを使って勉強しなければならない日が来るとは夢にも思っていませんでした。

 

というのも「勉強」となると、どんな分野でもそれなりの書籍が揃っていると思っていたからです。小さな本屋にはなくても紀ノ国屋のような大きい本屋やアマゾンを利用すれば大抵の書籍は見つかっていました。

 

けれども、この数日で自分が調べた範囲ではPowerPointVBAやOutlookVBAのまともな書籍が見当たりません。あったとしても既に絶版になっているという状況です。

 

今までは大学時代の新聞奨学生をしていた時などに「勉強したくてもできない」といった経験をしたことはありました。しかし勉強したくても「その分野の本がない」という経験はこれが初めてです。

 

もちろん本を使うことだけが勉強ではありませんし、インターネットで調べればある程度の情報は得られます。ただ、欲を言えば「体系化されている本」があったらなぁとは思います。

 

とはいっても、ないものは「ない」ので、今までとは考え方を変えて勉強しなければいけないようです。

あわせて読みたい

こんな記事も読まれています

コメント