労働-新しい働き方カテゴリまとめ

ここは知識の倉庫の整理の労働-新しい働き方カテゴリをまとめたページです。

労働

経理からSEに転職してからの気づきや良かったことについて

一般的に「転職」というのは、好意的な見られ方もするし悲観的な見られ方もします。 好意的な見られ方としては、 自分のやりたい仕事ができる チャンレンジ精神がある 新しい働き方・生き方ができる などがありますし、悲観的な見られ方としては、 成功するのは難しい ちょ
労働

上流工程やUMLの勉強が必要な理由のひとつは大規模システム開発が関係か

最近仕事内容的にSEの上流工程と言われる部分の勉強の必要性を痛感するようになってきました。 上流工程という言葉があるということは下流工程という言葉もあるわけですが、下流工程とは一般的には「プログラミング」とか「テスト」を指すと言われています。 対して上流工程は、「要件定義」とか「基本設計
労働

SEはプログラミングだけではなく要件定義や仕様書の知識も必要

とある時期から今の会社に仕事が決まって、一定の期間が経ちます。 今の会社に決まるまでは、「ExcelVBA」や「AccessVBA」といったプログラミング言語を勉強してきたといった記事をいくつも書いてきました。 自分もそろそろ頃合かなとは思っていました。この「頃合」というのは自分的にいろ
労働

時代は少しずつだが進んでいる。派遣で年収1000万円越えの人も

先日以下のような記事をツイートしました。 ハケンの「別格」 年収1000万円も(日経MJ):正社員になれなかった人が仕方なく派遣になる。世間にはそんなイメージがあるのも事実だ。だが最近の派遣社員の「履歴書」を見れば、ベンチャー社長だったり正社員を蹴ってだったり、様変わりしている。:日本経済新聞
労働

MOS Access 2013の試験の受験結果と受けてみた感想

先日、MOS Access 2013の試験を受けてきました。結果としては「合格」してほっとしています。「Access」というのは、マイクロソフトが開発したOffice製品の中のひとつ、企業の事務に関する仕事などで多くの人が使っている「Excel」や「Word」といったグループの中のひとつになります。
2019.01.15
労働

DBソフトのAccessと表計算ソフトのExcelとを比較した場合の違い

データベースソフトのAccessを使えるようになりたい方は多いしょうが、初心者には見慣れない言葉も出てきます。例えばオブジェクトやクエリといった用語です。そんな人が事前に知っておくとスムーズに入れるようにExcelと比較して説明してきます。
2018.05.28
労働

ExcelVBAエキスパートスタンダードの受験と受けてみての感想

4月14日の土曜日にエクセルVBAエキスパートスタンダードの試験を受けてきました。結果としては「合格」していたので、今はホッとしています。 エクセルVBAエキスパートという試験は、エクセルにあるマクロ・VBA(Visual Basic for Applications)のスキルを認定する資格試
2019.08.17
労働

VBAのスケジュール表自動作成でSEやプログラマーのすごさを垣間見た気がした

VBAのスケジュール表自動作成というのは『続ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本』にあるVBAで自動でできるようにしたスケジュール表のことです。 スケジュール表というと何となくたいしたことはないイメージがあります。自分も最初は「簡単なシステムなんだろうな」と思ってい
2019.08.17
労働

経理業務でデバッグツールが使えたり会計ソフトが学習できたら便利なのに

経理という仕事をしていると、どの職場でも次のような言葉が耳に入ってきます。 「あぁ合わない、合わない!」 何が合わないのかというと、「数値の合計が合わない」ということです。企業というのは日々膨大な取引をしています。取引先へ自社の製品を販売したり、販売した製品の代金を回収したり、 または
2018.06.01
労働

VBAが使える範囲はエクセルの他にMicrosoft系列以外にも及ぶ

プログラミング言語というものに対して多くの人はどんなイメージを持っているでしょうか?プログラミング言語には様々な種類がありますが、その中のひとつに「VBA」というものがあります。 VBAといえばエクセル、エクセルといえばVBAというイメージが以前の自分にはありました。 VBAとは、Vis
2019.01.20
労働

今後のスキル偏重型技術革新で、機械といかに協力できるかが問われてくる

最近は『機械との競争』という本を読んでいました。なるほど、今の世の中の技術はこれほど進んでいたのかと思わされるエピソードが多く記述されています。それと同時に人間が技術の進歩に少しずつついていけなくなっているということもわかってきました。 以下の過去記事では「チェス盤の法則」という言葉を例に、今
2019.03.13
労働

今後の社会において、なぜテレワークが必要になるのか━働き方改革という発想

「あぁ!なんとか毎日の満員電車に乗らずに会社に行かないで嫌な上司とも空間を共有せずに自宅でできる仕事がないものか!」 と、多くの人が考えたことがあるのではないでしょうか?かくいう自分も正社員、派遣社員として今日まで働いてきましたが、「なんとか他に選択肢がないものだろうか」と日々考えていました。
2019.03.12