労働-派遣社員カテゴリまとめ

労働-派遣社員カテゴリまとめ 労働-派遣社員

ここは知識の倉庫の整理の労働-派遣社員カテゴリをまとめたページです。

労働

日系企業と比較した外資系企業の良さは「自由さ」にあるかもしれない

最近は雨で少し涼しくなってきたのですが、やはりまだ夏という感じです。ここ数日はまた暑さが戻ってきました。 派遣社員として現在の職場に決まってから1ヶ月が経ちました。良い環境で働けると時間が経つのがあっという間に感じられます。 今
労働

派遣社員を目指して就職活動してから派遣先が決まるまでに実際に遭遇したトラブル

最近だいぶ落ち着いてきたので、今日まであったことを少しずつ書いていこうと思います。 少し前までは、飲食業の会社で経理の仕事をしていましたが、契約満了に伴いまして業務を終了し、今日まで少し期間がありました。 この間はいろいろと作業
労働

派遣社員や非正規社員は本当に低賃金労働しかないのか━派遣社員の職種別時給事情

このブログでは、派遣社員について以下のような過去記事を書いています。 IT業界の正社員は本当に不足しているのか - 知識の倉庫の整理 近い時期に働き始めた正社員と派遣社員の賃金は一部では既に逆転している - 知識の倉庫の
労働

近い時期に働き始めた正社員と派遣社員の賃金は一部では既に逆転している

自分もいくつかの会社を経験してきましたが同感です。仮に賃金が高い人がいても、管理職で長時間サービス残業を強いられて、時給に換算すると実はそれほどでもなかったりするんです。 — psoukonoseiri (@psoukonoseir
労働

派遣社員として働くことのメリット━「逃げることができる」ということ

今の社会は多くの人が悩みを抱えています。それは上司との関係であったり、長時間労働であったり、家族との関係であったりと、人の悩みというのは尽きないものです。 以前の自分は街の中の歩いている人々を見ていると、とても楽しそうというか
労働

派遣社員として働きながら中小企業診断士試験に挑戦するうえで大変だったこと

今回は以下の過去記事の続きです。 準備した設計図による2016年度中小企業診断士2次試験を受けての手応え - 知識の倉庫の整理 試験が終わり、仕事も一段落ついたので今はだいぶ落ち着いています。今みたいな状態だからですが「諦めず
労働

派遣社員でも経理として財団法人で働けたということと、そこで得た気づきについて

「やっと終わった・・・。」 ここ数ヶ月はとある財団法人で派遣社員として働いており、10月末で契約が満了しました。この数ヶ月という非常に暑い時期に、片道2時間かかる通勤は非常にきつかったです・・・。 ですから、この時間帯に
労働

外国資本企業含む許可事業所数(一般・特定)約8万社の派遣会社と、派遣会社ごとの得意分野について

なぜ今回「外国資本企業含む約8万社の派遣会社と、派遣会社ごとの得意分野について」というタイトルの記事にしたかというと、最近次の仕事先を探すために派遣会社で応募を始めたからです。 それで、自分の希望する仕事先ってもっとないのかなと調べて
労働

派遣契約と休業補償 - 一度契約したら簡単には中途解除できません

今回の記事のタイトルは「派遣契約と休業補償 - 一度契約したら簡単には中途解除できない」です。 どんな契約や仕事でもそうですが、一度契約したら、その契約を解除するということは難しいです。当たり前といえば当たり前なのですが。
労働

「その案件は外資系の企業ですか?」━派遣社員が仕事先を選ぶ時の注意点

最近はなかなか更新できなかったのですが、その理由は4月から新しく仕事先が決まり、そこでの引継ぎなどがあって慌しかったためです。 以前は以下の過去記事で5社目の勤め先が短期間で契約したといったことを書きました。 20代で5社目の
労働

派遣社員が確定申告書等作成コーナーを利用して確定申告をやってみて還付金を受けられた件について

先日はとある事情により税務署に行き確定申告をしてきました。 確定申告の準備をするために参考にさせていただいたのが、以下のこやぷよ(@coyapuyo)さんの記事です。 無職1年生、確定申告を提出してきた。 - Coyapuyo
労働

派遣社員として働く場合の成功ルールとリスク管理について

最近このブログの以下の過去記事である「男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分)」という記事のアクセス数が急速に増加していることに気づきました。 男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態
労働

1年派遣社員をやっての気づきは時給換算という見方と民間給与実態統計調査における正社員の時給

この記事の2つ前の記事では資格試験のために派遣社員をしていたという内容がありました。その経験から気づいたことがいくつかありますが、その中で「時給」というものがあります。 今回は、この時給というのものについて気づいたことを書いていってみ