経済カテゴリまとめ

経済

18歳選挙権は高齢者の票数を薄め雇用流動化を促進し同一労働同一賃金を実現するため

「選挙権年齢を現行の「20歳以上」から「18歳以上」に引き上げる改正公選法が19日に交付された。施行日は公布から1年後と定められており、来年6月19日となる。来年夏の参院選で適用される」 から引用 ここでの「来年6月1
2019.03.08
労働

イギリスのコネクト・グループから考えられる日本の小口物流網のアマゾンと新聞社の今後の関係

以前から物流業界では、人手に関してはかなり問題になっていました。最近では、ヤマト運輸がアマゾンからの小口配送の発注に耐え切れなくなってしまっています。 以下の過去記事で宅配用ドローンが、人手不足を解消するかもしれないといったことを書き
2019.03.08
経済

NTT鵜浦博夫社長と安部首相の対談でモバイル端末の料金引下げを政府が促進する理由はIoTが関係

少し前から以下のような記事を見かけるようになりました。 ドコモの携帯料金引き下げ案 ドコモ、安倍首相の携帯料金引き下げ案に前向き - iPhone Mania 安部首相が携帯料金の引き下げを命じたことに対して、NTTが携帯料金
2019.03.07
経済

主要税目の税収(一般会計分)の推移において少子高齢化が非正規社員の増加の原因のひとつ

ここ最近は、日本の人口の減少による人手不足が問題になっています。そのため正社員など一人当たりの労働時間が延びている、また、それによる疲労や鬱病で会社を辞める人も存在します。 前回は、以下の過去記事からなぜ今まで日本の労働者の平均労働時
2019.03.07
経済

ウィリアム・ペティの『政治算術』におけるペティクラークの法則の労働者階級

今回の記事の題名は「ペティ・クラークの法則から見る労働者階級」ですが、下記の記事の続きといった感じです。 職業を貴賎や並列的に見るのではなく階層的に見るという概念 - 知識の倉庫の整理 自分の生きている世界には、自分と他人との
2019.03.06
経済

職業を貴賎や並列的に見るのではなく階層的に見るという概念

前々回は最後の方で、経理職も世界の会計基準への統一で競争が厳しくなるだろう、ということを書きました。それは他の職種でも言えると感じています。 そのことについて以前から考えていたことを書いていってみます。 外食産業の場合 例えば
2019.03.06
経済

ロボットソーシングから見る社会階層の移行の必要性

最近はソニーやシャープがこの好景気(と言われている)にもかかわらずなかなか良い結果を出せずにいます。 従業員を減らした500社ランキング 他にも東洋経済ONLINEの 今度は「従業員を減らした500社」ランキング | 企業ランキ
2019.03.06
経済

格差が大きくなっているのではなく、日本と世界との格差が小さくなっている

ここまでの以下の過去記事からITによって世界がつながってしまった、という内容の記事を書きました。 ITによる経済構造の変化と知識社会への移行 - 知識の倉庫の整理 ITアウトソーシングは簡単に国境を越えてしまう - 知識
2019.03.06
経済

ITは代替可能な労働力を生み出し知識社会への移行を促進した

昨今、「工業社会から情報社会、さらには知識社会に移行している」なんて本やインターネットで見かけたりしますが、以前の自分にはまさか「社会が進化している」なんて発想は皆無でした。 今回の記事では、この「社会が進化している」という発想につい
2019.03.06
経済

ITアウトソーシングは簡単に国境を越えてしまう

前回は、なぜそこまでして安い労働力や新たな市場のために、企業は工場を海外に移転させるのか、という疑問で終わりました。以下が前回の記事になります。 物を安く買える理由は産業空洞化にあり、解決策は産業の高付加価値化にある - 知識の倉庫
2019.03.06
経済

物を安く買える理由は産業空洞化にあり、解決策は産業の高付加価値化にある

前回は、以下の過去記事から企業の工場の海外移転と外国の安い労働力が自分の頭の中でつながったという感じのことを書きました。 企業が生産拠点を海外へ移転する理由は安価な賃金や土地代、新市場が考えられる - 知識の倉庫の整理 今回は
2019.03.06
経済

海外への生産拠点の移転は安い人件費と土地代が目的という見方

前回は、昔の無知な自分が企業の工場の海外移転と、日本と外国との賃金格差について書きました。以下が前回の記事になります。 なぜ企業は海外に工場を移転するんだろうか? - 知識の倉庫の整理 今回は自分が大学時代、新聞奨学生をしてい
2019.03.06