経済

NTT鵜浦博夫社長と安部首相の対談でモバイル端末の料金引下げを政府が促進する理由はIoTが関係

少し前から以下のような記事を見かけるようになりました。 ドコモの携帯料金引き下げ案 ドコモ、安倍首相の携帯料金引き下げ案に前向き - iPhone Mania 安部首相が携帯料金の引き下げを命じたことに対して、NTTが携帯料金を引き下げる検討に入ったことが明らかとなりました。日本経済新
2019.03.07
新技術

キュレーションとインターネットがもたらす既存メディアの権威の失墜と権力の移行

この世界には「諸行無常」といった言葉があります。その意味は、この世に存在するものは、全て同じ状態のものはなく変わっていく、というものです。それは人間の世界における「権力」がわかりやすい例でしょう。 前回はヨーロッパの領主と農民においてパワーシフトという権力の移行が起こった話を書きました。
2019.03.07
考え方

米国の未来学者アルビン=トフラーのパワーシフトとは「未来とは本来、支配者たちがその支配を失うこと」である

今回の記事名は「未来とは本来、支配者たちがその支配を失うこと」という名前にしましたが、これは『キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術(著スティーブン・ローゼンバウム)』の中にあった一文です。すごく良い言葉だなと思ったので取り上げてみました。 人類史上何度も起きた、クソ労働環境の劇
2019.03.07
経済

主要税目の税収(一般会計分)の推移において少子高齢化が非正規社員の増加の原因のひとつ

ここ最近は、日本の人口の減少による人手不足が問題になっています。そのため正社員など一人当たりの労働時間が延びている、また、それによる疲労や鬱病で会社を辞める人も存在します。 前回は、以下の過去記事からなぜ今まで日本の労働者の平均労働時間が実際は長いのか、なぜ日本で非正規の割合が増加しているのか
2019.03.07
法律

消費税と社会保険料によって非正規増加の圧力が高くなる

ここ数年は消費税が8%から10%への移行について、それを実施するのかそれとも延長するのかといった議論がされ続けています。また、社会保険料の料率も年々増加していっており、会社員として働く人々や企業側も負担が大きくなっています。 そのような中で、なぜ今まで日本の労働者の平均労働時間が実際は長いのか
2019.03.07
考え方

新しい最先端技術や最新鋭の技術には新しい規則やレギュレーションが必要

なるほどなぁと思ったことがあったので今回取り上げてみました。 「新しい最先端技術や最新鋭の技術には新しい規則やレギュレーションが必要」という考え方です。 以下の過去の記事では新しいテクノロジーとして「自動運転車」と「人工知能」を取り上げましたが、他の新しいテクノロジーでも同様なのではない
2019.03.07
考え方

『チェンジ・ザ・ルール』からわかる「先駆的、新奇的、型破りな考え方」という競争優位性

『チェンジ・ザ・ルール』を読むと「考え方」が「新しい競争優位性」になることがわかります。本書のピエルコ社へのERPシステム導入の効果からわかることは、機能に焦点を合わせることではなく、その機能によって「何が実現できるのか」が重要であることがわかります。
2019.03.07
新技術

音声認識や画像認識等の大人の人工知能と動作やモーション等の子どもの人工知能という分類

現在の世界において、まだ人間と同等レベルの意識や感覚を持った人工知能というのは開発されていません。 何らかの専門分野に特化した人工知能は多く開発されています。ですが人工知能を次のように分類した見方の発想は、今までの自分にはありませんでした。 どうやら人工知能にも種類や役割があるようで、そ
2019.03.07
考え方

「コンフィギュレーション」「コスト削減」「純利益」━階層ごとに異なる言葉

国によって言語の違いとか、文化の違いというのがあるのはわかります。ですが、人間の日々の生活における階層や仕事における階層ごとに言葉や認識が異なる、という発想は今までの自分にはありませんでした。 しかし『チェンジ・ザ・ルール』という本を読むことで、この世の中には階層ごとに異なる言葉が存在し、それ
2019.03.07
新技術

年次経済財政報告の調整コストを加味した構造調整のおける自動運転車とタクシー業界の問題

構造調整について 構造調整とは 「生産性の低い分野から、生産性の高い分野に資源(資金、労働力等)を移転させることを意味する。 この移転は摩擦なく行われることが望ましいが、実際には低生産性部門から解放された資源が、高生産性部門に吸収されるまでには時間がかかるので、その過程で活用さ
2019.03.06
労働

女性正社員の平均時給1545.36円━(民間給与実態統計調査平成25年分)

前回の記事では男性の正社員の平均時給は現実的な視点から見ると実際どれくらいなのか、というのを調べてみました。 以下が前回の男性の正社員の平均時給について書いた過去記事です。 男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分) - 知識の倉庫の整理 男性の正
2019.03.06
労働

男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分)

今回は「男性」の「正社員」の「平均時給」はどれくらいかについて書いていきます。 前回は派遣社員を経験するようになってから「時給」について意識するようになったという記事を書きました。それがきっかけで、今回の記事名について考えるようになりました。 男性の正社員の平均時給はどれくらいか?
2019.03.06