システムに仕事を覚えてもらえばいいのでは?そのためのExcelVBAでは?

ここ最近の記事でも何度か書いてきたのですが、仕事で本当にミスをしなくなりました。もちろん全く0ということではなくて、時にはミスする時もあります。

 

しかし今までの職場に比べれば、まさに「雲泥の差」です。その理由として考えられるのが、ここまで何度も書いてきましたがマクロやExcelVBAであろうということです。

 

日次処理でもミスしなくなりましたが、月次処理でもミスをしなくなってきました。実はこの月次処理も途中まではマクロで処理できるようにしていました。その甲斐あって、今まで一番速く処理できたと言えます。

 

この月次処理の部分はマクロといってもExcelVBAでコーディングしたものではなく、マクロの記録でつくったものではありますが。

 

マクロで処理したことによる仕事のスピードの速さが向上したことには素直に喜んでいます。加えて全くミスなく仕事が終わったことに自分で驚いています。

 

ミスなく仕事が終わった理由として、今の会社に派遣の経理として数ヶ月が経つので、その間にいろいろと仕事のやり方を改善してきたからというのもあるとは思います。

 

もちろんそういった理由もあると思うのですが、最大の理由は、「機械やシステムに仕事をしてもらっているから」だとと感じています。一人で二人分の仕事をしているみたいな感じです。

 

このことでふと思ったことがあるのでそのことについて今回は書いていってみます。

 

スポンサーリンク

自分が仕事を覚えるのでなくシステムに覚えさせればいいのではないか?そのための知識を人間が持てばいいのではないか?

最近ふと思いついたことです。

 

「自分が仕事を覚えるのではなくシステムに覚えさせればいいのではないか?」と。

 

この理由は、冒頭部分で自分の実体験としていろいろ書きました。わかりやすくはっきり言ってしまえば、システムにやってもらえば「ミスしないし速い」からです。

 

今までの経理の仕事

自分は今まで経理として何年か働いてきましたが、やはり最初のうちは仕事が遅かったですし、ミスも星の数ほどしてきました。

 

経験がなかったわけですから、経理の仕事の勘所も把握できていないわけで、自分が仕事のどこでミスしやすいかがデータベースとして蓄積できていません。

 

何度もミスをしてきてその度に上司に怒られてきました。しかし、人間というのはやれば学習するもので、時間も経てば仕事も覚えるようになりますしミスも減ってきます。

 

しかしこの「ミス」というのが厄介で、どんなに注意深くチェックしても工夫してもミスが出るときがあります。「ヒューマンエラー」と言われたりもしますが、これが今の会社で働くようになるまでどうしても潰せませんでした。

 

青天の霹靂

ですが、今の会社に入って青天の霹靂とも言うべき出来事が起こったわけです。それがエクセルのマクロとの出会いでした。大げさに思われるかもしれませんが、それぐらい自分にとっては衝撃的な出来事だったのです。

 

もちろんマクロだけではなく、過去記事で書いたように自分が仕事の中でつくった仕組みもあります。そのようなマクロや仕組みでこうも仕事の結果が劇的に変わるものかと日々感心しています。

 

そういった経緯があって「自分が仕事を覚えるのではなくシステムに覚えさせればいいのではないか?」と思ったわけです。

 

またこうも思いました。

「システムに仕事してもらうための知識を人間が学べばいいのではないか?」と。

 

コメント