なぜプログラミング言語の習得が叫ばれるようになってきたのか

この疑問はインターネットで検索すればいくらでも出てくるだろう、と思って調べてみたのですが、不思議なことにこれといった答えを見つけることができませんでした。

 

その疑問とは「なぜプログラミング言語の習得が叫ばれるようになってきたのか」というものです。

 

既に自分の中では「たぶんこういう理由からではないだろうか」というものは見つけました。なぜこういった疑問を持ち答えを見出したのかについては、最近多く書いているエクセルのVBAやマクロに関係があります。

 

現代を生きる私達は無意識の内に膨大な情報を取得しています。その中でも最近よく目にしたり耳にしたりするのが「プログラミングを勉強した方がいい」というものです。

 

その理由というのがよく目にするのが

  • ものをつくる楽しさがある
  • 問題解決できる力がつく
  • パズルを組み立てるような面白さ

といったものです。こういった情報だけを見ても当時の自分の感覚では正直いまいちピンときませんでした。

 

自分は経理の派遣で働いてきた経験があるので、いろんな派遣の求人情報を見ます。その中のIT系の派遣の求人などは時給2,000とか3,000円のものを見るのも少なくありません。

 

初めてプログラミング言語やそれによって記述されたコードを見たときは、まるで違う国どころか違う星の言語かと思ったほどです。とにかく自分とは全く異なるレベルで優秀な人しか使えないから待遇も良いのだろうぐらいにしか考えていませんでした。

 

しかし経理としていろんな職場で仕事を経験し、最近はVBAも勉強するようになって「あぁ、もしかしたらこういう理由からプログラミング言語という言葉をよく耳にするようになったのかもしれない」と思うようになりました。

 

これはあくまで自分の感覚と推測なので、必ずしも合っているわけでありません。「こういった見方もある」という視点で読んでいただければありがたいです。

 

今回はこのことについて書いていってみます。

なぜプログラミング言語の習得が叫ばれるようになってきたのか

木目調のはてなマーク

単刀直入にわかりやすく言えば、

  • データ量が多くなってきたから

ではないかと思っています。要は今までのやり方では処理しきれないレベルまで電子空間上のデータが増えてきたのではないかと。

 

電子空間上にデータ量が多くなってきたこととプログラミングの習得がどう関係するのでしょうか。

 

経理とか人事とか税務とか事務的で日々パソコンを使うような仕事であれば何でもいいのですが、こういった仕事っていろいろと正確性が求められますよね。

 

正確性だけではなくて処理するデータ量も多いですが。例えば経理であれば日々銀行から入金データをダウンロードして会計ソフトに入力したり、月末の支払いのためにエクセルで取引先の表をつくったりという仕事が考えられます。

 

マーケティングに関する部署であれば、どういった属性の顧客がどういった商品を購入してくれたのかといったデータを膨大に扱っているかもしれません。

 

パソコンやインターネットなどの機械や技術が発展すればするほど、日々の私達が扱うデータ量というのも多くなってきています。

 

1990年代であればそれほど扱うデータ量も多くなくデータの質も単純なものが多かったでしょう。しかしそれから20年もの経てばやはり周りの環境もいろいろと変わってくるものです。

 

例えば、

  • どこの都道府県のどの市区町村に住んでいるのか、
  • どういった学歴なのか

といった外的な情報から

  • その人の趣味嗜好

などの内的な情報もビジネスでは重要視されるようになってきました。「行動経済学」なんて言葉も耳にするようになります。

 

ビジネスなどで収集される情報の量が増加してきているのはもちろん、その質も多様化してきました。90年代であればデータサイエンティストなんて言葉は全然聞かなかったでしょうし、統計という考え方も重要視されていなかったと思います。

 

そういった言葉が私達一般の人間の目に前に出てくるようになったのも、やはり日々扱う「データ量」が増えてきているからではないでしょうか。

プログラミング言語が使えるようになると仕事で劇的にミスが減りスピードが速くなる

これは実際に経験してみてわかったことですが、プログラミング言語の効果や使い方がわかってくると以下の過去記事でも書きましたが、仕事で劇的にミスが減ってスピードが速くなります。

えぇ、今まで何時間もかかっていた仕事が一瞬とも言えるレベルで終わってしまうのです。この効果をしっかりと認識した時は驚愕でした。

 

「そりゃプログラミング言語を勉強しろって言うよな」と。

 

経理や他の事務的な仕事をしている人であればわかると思うのですが、一通り業務が終わってからのチェック作業がまた大変なんですよね。

 

自分は今まではひとつひとつ目視でペンでチェックマークをつけながらチェックしていました。しかし人間の感覚というのは非常に曖昧です。どんなに正確にチェックできたとしても間違える時はあります。

 

今までいろんな職場を経験してきましたが、全くミスをしない人なんていませんでした。どんなに口うるさく正確に仕事ができていそうな上司でもミスしていた時はありました。

 

日本の会社というのは非常にコミュニケーションというものを重視します。その理由のひとつがコミュニケーションを密にとることで聞き間違いとか聞き漏らしをなくすということでしょう。

 

だけど、どんなにコミュニケーションを密にとったって、どんなにスケジュールを正確につくったって、どんなに飲み会をしたって、「人間」がやっている以上絶対どこかでミスは出ます。

 

これだけミスが出れば「根本的に何かを変えるべきでは?」という発想が出てきそうなものだと思うのですが、日本の上の世代の人たちはどうしても今までの延長線上から外れることができないようです。

 

例えば人間ではなくて完全に機械やシステムに任せてしまったらどうか、と。しかしそれだと当人たちの雇用が失われてしまうので、彼らは気づいているのかいないのかはわかりませんが、機械やシステムに任せることはできないようです。

コメント