関連記事

人間世界における勉強の概念の今後の1つの方向性について


今回の記事の結論を先に書いてしまうと、人間がいかに知識を覚えていくかという

よりも

「コンピュータにいかに覚えてもらうか」

「コンピュータにいかに仕事をしてもらうか」

そのために人間が

「いかにコンピュータに上手に仕事をしてもらうために操作方法を覚えるか」

という方向性に今後シフトしていった方がいいのではないかということです。

なぜそのようなことを考えるようになったのか。

このブログでは以下のような過去記事を書いています。

今の職場でエクセルのVBAというもののすごさを知りました。VBAというのはエク

セル専用のプログラミング言語と言えばわかりやすいでしょうか。

プログラミング言語を使ってプラグラムを組んで業務で使うと、その圧倒的なスピ

ードと正確性に驚かされます。

そういった経験をしたからこそ気づいたことがありましたし、今まで当たり前だっ

たことにも疑問を持つようになりました。今回はそのことで最近考えていたことを

書いていってみます。

日本の大学受験や資格試験の勉強から考える

冒頭部分で『「コンピュータにいかに覚えてもらうか」という方向性に今後シフトし

ていった方がいいのではないか』ということを書きました。

こう考えるようになった理由というのは大きく2つあります。

ひとつめは「人間の記憶容量や処理には限界がある」と感じるのと、

もうひとつは「コンピュータの圧倒的なスピードと正確性、記憶容量」です。

ひとつめの「人間の記憶容量や処理には限界がある」というものですが、例えば日本

の大学受験は非常に厳しいことで有名です。

東京大学や京都大学、その他有名な大学に合格するために二浪、三浪してまで勉強

する人も珍しくはない世界です。もっと言えば、幼少の頃から東京大学に合格する

ために勉強をしているような人もいると聞きます。

それだけ勉強しても全員が希望する大学に合格できるわけではありません。自分も

大学受験の頃は1日20時間とか勉強する日もありました。

だからこそわかるのですが、東京大学とか慶応大学とかに合格できるような人間て

いったいどれだけ優秀なんだろうと途方に暮れたこともあります。そういった有名

大学に合格できるような人が実際どれぐらい勉強しているのか参考になったのが次

のブログです。

人が週100時間勉強するとどうなるか 実体験を語るー語られない闇を語る

大学受験や資格試験の勉強を本気で挑戦してきた人であれば、引用したブログを見

たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「語られない闇を語る」ブログの筆者様は、以前京都大学を目指していたようです

が、ブログのいくつかの記事の内容から察するに結果は芳しくはなかったようです。

その努力の様子は自分が想像していた以上でした。

「あぁ、高学歴の人というのはこれだけ勉強しているのだな」と。

人間が持つ時間や体力という限られたリソースの今後の使い道

自分の大学受験や資格試験の経験もそうですし、他の有名大学や難関資格を目指す

方に対しても考えたことなのですが、今後は

人間である自分が覚える、というよりも

「コンピュータに覚えさせる」という方向にシフトしていった方がいいのではな

いか、ということです。

というのも、ここまで書いたように「こんなに勉強している人が世の中に入る」と

いうことはもちろん、「こんなに勉強しているのに報われない」という見方も出来

るからです。

人間にとって、勉強する時間や体力というのは限られたリソースとも言えます。コ

ンピュータが生まれてその技術が日進月歩な現在に、限られたリソースを報われな

い事にそんなに投資していいものかとも思うのです。

10の投資に対して10の結果しか得られないものよりも、10の投資に対して100とか

1,000の見返りが得られたほうが絶対に良いはずです。

単純に覚えるという作業や単純な動作はコンピュータに任せて、人間はもう一段高

度な知的作業にシフトしていくべきではないでしょうか。

日々のあらゆることに対して疑問を感じるようになってしまった

VBAとかマクロとかプログラミングというもののすごさを経験したからこそ感じら

れるようになったことは次のことです。それは

「人間がそんなに覚える必要があるのだろうか」というものです。

人間というのは不思議なもので、今まではそれが当たり前だったとしても、とある

きっかけから「便利な方法」を知ると今まで様々なことに「何で今までこんなことを

自分でやっていたんだろう」と疑問に思うようになります。

日々のちょっとした業務でも「あれ?なんでそれをまだ手作業でやってるの?自動化

しないの?」という風に。