20代で5社目の会社に2週間働いて気づいたこと(中編)

今回は以下の過去記事の続きになります。

新聞配達のアルバイトをしながら簿記の資格を取得した後に2社目の企業へ入る前の意識、入った後どうなったか、ということから書いていきます。

2社目 卸売業での経理(続き)

2社目は卸売業の企業で経理として働けるようになりました。この時の意識としては、まだ「安全」を求める意識が抜けていませんでした。

 

以下の過去記事でも書きましたが、この時の就職活動で100社近く応募してやっと内定をいただけた企業だったので、「助かった」という邪な考えをもってしまっていました。

この時の職場の状況としては、社員の方々は平均年齢が高く、親会社からの出向者の方もいらっしゃったので、「出向者」という言葉から雰囲気としてはわかる方はわかると思います。

 

別に激務という程ではなかったのですが、仕事ができるかできないかではなく、上司に気に入られるか気に入られないかというのが、仕事を続けていく上での判断基準となるような職場でした。

 

親会社からの出向者が、子会社のお金を飲食に使いたい放題していた状況で、ある意味よくある会社でした。

 

親会社も自分がいた子会社も社員の平均年齢が高く、扱うモノも技術力はあまり高くなく時代に取り残されている感がありました。衰退企業の典型的な企業だったと思います。

 

自分は目上の人とか役職が上の人に対して、媚びへつらったり、おべっかを使うことがどうしてもできませんでした。その結果、何かと上司から足を引っ張られたり追い込まれたして最終的に退職せざるをえなくりました。

 

今にして思うと、当然の結果でした。就職先の企業に対して「縋る」という感じの意識を持ってしまっていた部分があったので、まさにそういう人物たちが多くいる職場で働くことになってしまいました。

 

この時から自分の意識に注意を向け始めて、「企業に入れれば大丈夫」という考えをなるべく排除するように意識し、「能力が重要なんだ」という考えを持つように強く意識するようにしていきました。

 

その意識の結果が次の会社の職場環境に反映されていきます。

3社目 卸売業での経理

3社目も同じ卸売業での経理ですが、前の会社とは扱うモノは違っています。この時は「能力」を意識し、この時までにまた別の資格も取得していました。

 

そういった意識の下に行動もしていたので、そのような意識が反映されたような職場で働くことができました。しかしその意識を反映した職場は決して「良い」ものではありませんでした。

 

能力を意識して行動していたので、ある意味「能力の高さ」は基準になってはいたのですが、周りのレベルが高すぎた環境でした。

 

ある人は監査法人での勤務経験があるらしく、またある人は公認会計士を目指して勉強しているような人がいた職場でした。

 

そのような中でたかが2、3年経理について勉強してきたような自分では合わせられるわけがなく、周りの先輩社員からはフォローはしてもらえたのですが、当時の部長から執拗な質問をされて答えに窮してしまうことが多々ありました。

 

部長の気まぐれや気分でいろいろと責められた時もありましたが、自分は「期待はずれ」という烙印を押されてしまい、そこも退職せざるをえなくなりました。

3社目を終えて気づいたこと

モップで掃除をする人

自分はこの時愕然としました。世の中は「能力」によって自分の人生を良くしていけると思っていました。しかし、実際はそうではない。3社目までに意識や行動も変えてきました。

 

よくよく考えてみると、この時の結果も当然だなと思えるようになってきました。なぜなら「能力」を基準にして行動してきたわけだから、そこである程度の基準に達しなければ排除されることになる。

 

強い人や優秀な人はいいかもしれませんが、そうじゃない人は快適に過ごせない。ある意味弱肉強食の世界を自分はつくってしまったのではないかなと感じました。

 

そういったことがあったので、能力を重視した心の反映は決して良い結果には繋がりませんでした。この時、自分の意識や行動を見直してみました。何がいけなかったのかと。

 

「もしかしたら、『能力』ではなく、ある対象に対して『おもしろい』とか『やりたい』という意識で行動したほうが良い結果を引き寄せることができるのではないか」と考えました。

 

この時までに、いろいろ本を読んだりしたり、世の中の仕組みや階層も意識するようになっていきました。そのことについては以下の過去記事で触れました。以下過去記事から引用

このような問題に対して個人はどうしていけばいいのか

ちきりんさんの記事に「新)4つの労働者階級」という以下の記事があります。

新)4つの労働者階級 – Chikirinの日記

以下は引用

このように、現代における労働者は、

(1)システムを構想する人(システムより上に位置する)

(2)構想されたシステムに、必要な機能パーツを設計する人

(3)設計されたシステムを制作する人

(4)システムに沿って働く人(システムの下に位置する)

という4つに分断されてしまったのです。

 

上記のような思考に至る背景として、自分の感覚ではおそらくこれからの時代、もしくは個人の意識としては(1)や(2)を目指さないといけないのではないか、という考えがありました。

 

下の階層ほど、自分の考えは持たずに上の人間の言うことだけを聞かなければいけないようで、上の階層ほど「おもしろい」とか「やりがい」を感じられるようです。

 

そのような知識も知るようになっていったので、自分の「やりたいこと」や「おもしろいこと」に注意を向けるようにしていきました。

 

その結果が、現時点でおもしろいと感じる知識として、今勉強している「中小企業診断士」です。なぜなら当時の自分のイメージにとても近い内容だったからです。

 

3社目以降も経理として働くことになるのですが、自分としては今までは経理の延長に「経営」という分野があると思っていました。

 

しかし、実際はそうではなく経理の延長線上に「税務」や「財務」という分野があり、どうやら経営というのは別の分野になるということに気づくようになります。

 

特に「税務」という分野も多少は勉強してみたのですが、数値や文字の羅列という感じがして、なかなか興味が持てませんでした。ある対象が何らかの意味を持ったものという感じがせず無機質に感じられたためです。

 

また、実際に経理の仕事を経験してみて思うようになったのはチェック作業が多いということ。大事だというのはわかるのですが、これは非常に単調で退屈な作業です。

 

上の職位になっていけばまた仕事内容も変わってくるのでしょうが、しかし今までの経験から外部要因に自分の人生を委ねるということはとても考えづらく、我慢はしたくありませんでした。

 

要は経理というのは、「いかに間違えないか」ということが重視される仕事であり、何か工夫するとか、良くしていくという余地があまり許されない分野なのです。

 

自分としては何か新しい仕組みをつくるとか、目に見えない法則を理解したり、さらにその法則を利用して何かできないか、といったことに対して興味がありました。

 

そのため、自分の中で経理という仕事が段々と色褪せていくような感じがしていきました。

 

そういった経緯があったので、4社目移行は「安全」を捨てて、自分のやりたいことのために努力していこうという意識にシフトしていくようになります。

 

この続きはまた次回に

コメント