2019年度の抱負の一つはYoutubeの情報収集とその理由

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

2018年が終わり、2019年となりました。2018年がどんな年だったかを振り返り、2019年をどんな年にしていくのか人それぞれでいろんな考えの方がいらっしゃると思います。

 

このブログでは以下の過去記事から2018年がどんな年だったかを振り返りました。

 

わかりやすく言えば、新しい仕事を始めてみたものの全然勉強不足だったということです。ですから2019年はその足りない部分を補っていこうと思います。

 

さらにもうひとつ計画というか2019年はこんなことをしてみたいという考えがあるのでそれぞれ簡単にまとめていってみようかと思います。

2019年の抱負

「抱負」という言葉の意味は「心の中に持っている計画や決意」とされています。「目標」という言葉と比較するとわかりやすいかもしれません。

 

目標はある一定の地点の「ゴール」、それに対して抱負は、そのゴールに辿りつく為の「計画」とか「過程」という風に考えると良いようです。要は何をやるかということです。

 

なぜこんなことを書いたかというと、タイトルに「抱負」と書くべきか「目標」と書くべきか悩んで、よくよく考えてみるとちゃんと意味を理解していなかったかもしれないと思ったので調べてみました。

 

例えばとある企業の目標が年内で売上高1億円だったとしても、それを現実化するための「具体案」や「具体的な方法」がないことには実現しません。という風に、いろいろ考えを巡らしながら2019年の抱負を書くと次の2点になります。

  1. ExcelVBAにおける新たな範囲の勉強
  2. 動画投稿のためのYoutubeの情報収集、可能であれば動画投稿も

 

これらについてもう少し詳しく説明していってみます。

ExcelVBAにおける新たな範囲の勉強

このことについては以下の過去記事でほとんど触れているかと思います。

 

より実務的に人の役に立つシステムを作るためには、今までのExcelVBAだけの知識だけでは不十分だということがわかってきました。

 

その課題を解決するには、SEの仕事の段階において上流工程面、下流工程面で学ばなければいけないことがあるということです。例えば引用した過去記事では、自分に足りない知識として以下のようなことを書いています。

  • 上流工程面で必要な勉強
  1. ITに詳しくない人にシステムの使い方を理解してもらうための文章の書き方・話し方
  2. 要件定義
  3. 仕様書や仕様書の書き方
  4. UML

 

  • 下流工程面で必要な勉強
  1. AccessVBAの知識とExcelVBAからAccessVBAを操作する方法
  2. WordVBAの知識とExcelVBAからWordVBA操作をする方法
  3. OutlookVBAの知識とExcelVBAからOutlookVBAを操作する方法
  4. PowerPointVBAの知識とExcelVBAからPowerPointVBAを操作する方法
  5. WindowsAPIの知識とExcelVBAからWindowsAPIを操作する方法
  6. ExcelVBAでIEを操作する方法
  7. ExcelVBAでPDFを操作する方法
  8. ExcelVBAである程度の規模の複雑なシステムをつくるノウハウ
  9. ExcelVBAでグラフや図を操作する方法
  10. AccessVBAを使って簡単なシステムをつくるノウハウ
  11. 『入門レベルでは決して足りない実務に必須のスキルとは ExcelVBA 実戦のための技術』に書かれている「クラスモジュール」、自分でつくる「イベント処理」やそれ以外の知識

ExcelVBAやその周辺知識については、既に過去記事で書いてきたので今回は簡単にまとめました。

 

全部が全部できるかどうかはわかりませんが、2019年は上記の勉強を進めていこうと思っています。

Youtubeの情報収集と動画投稿の検討

2019年はYoutubeの情報収集を行い、可能であれば動画投稿までしていきたいと考えています。なぜYoutubeで動画投稿をしようと思ったのか、その主な理由は以下のようになります。

  1. 多数の人に一度に情報を届けられる
  2. 「動き」の表現が可能
  3. C#とUnity、VR、ARとの関連
  4. おもしろそう、楽しそう

これらについて順番に説明していきます。

1.多数の人に一度に情報を届けられる

Youtubeの良い所のひとつは、一度に多数の人に動画を通して情報を届けられる点です。ブログとは違い、一度動画投稿すればずっと再生され続けるようです。もちろんそれは視聴者の方にとってためになるもの、良いものであれば、という条件がつくでしょうが。

 

特に「動き」を伝える上で優れたメディアだと思います。基本的にブログなどはテキストが中心です。そのためどうしてもブログだけでは伝えきれない情報も出てくるでしょう。

 

ブログでは伝えきれない部分を補えるのが、実際の動きを見せることが出来る「動画」になります。

コメント