経理からSEに転職してからの気づきや良かったことについて

一般的に「転職」というのは、好意的な見られ方もするし悲観的な見られ方もします。

 

好意的な見られ方としては、

  • 自分のやりたい仕事ができる
  • チャンレンジ精神がある
  • 新しい働き方・生き方ができる

などがありますし、悲観的な見られ方としては、

  • 成功するのは難しい
  • ちょっとでも苦しくなったら逃げてしまうのではないか
  • 今までとは知らない世界に足を踏み入れることになるので単純に怖い
  • 今の場所で通用しないのに他社で通用するはずがない

などがあります。自分の考え方としてはどちらも正しくどちらも間違っていると感じます。今まで正社員・派遣社員含めて10社前後働いてきましたし、職を変えるという意味での転職は今回で「2回目」になります。

 

そのような経験を積んできて思ったのは、当たり前と言えば当たり前なのですが「やってみなければわからない」ということです。

 

今回は、経理からSEに転職して良かったことについてまとめていこうと思います。

転職することで自分に何が足りないのかがわかる

もっと言うと、とにかくリスクを犯して新しいことに挑戦してみないことには「自分には何が合っていて、何が足りないのか」がわからない、ということです。

 

例えば自分は現在、経理からSEの仕事に転職したのですが以前はSEというと何らかのプログラミング言語を習得していないとできないもの、といったイメージがありました。

 

もちろんSEとかプログラマーの仕事をする上でC#とかJavaとかそういったプログラミング言語の習得は必須です。

 

けれどもSEに必要な知識はそれだけではなくて、実際に経験してみることで「こんなに勉強しなければいけなかったんだ」といったことがたくさん見つかりました。それはプログラミング言語以外だと以下のようなものになります。

  • ITに詳しくない人にシステムの使い方を理解してもらうための文章の書き方・話し方
  • 上流工程
  • 要件定義
  • 仕様書や仕様書の書き方
  • UML
  • システムのテストのやり方

 

適当に箇条書きにしてみました。本当はもっともっとあるんですけど、自分がSEの仕事を始める前は全然考えもしなかったことばかりです。特に「文章の書き方」とか「話し方」がここまで重要視されるとは思っていませんでした。毎日いろいろ書かされています。

 

自分が経理の仕事を始めた時もそうで、まさかここまで「ミスしないこと」が要求されるとは思っていませんでした。だから会計とか簿記の勉強以外にもミスしないための仕事のやり方とか工夫なども考えなければいけませんでした。

 

しかし、転職を怖がって一歩進んでみなければそういったこともわからないままです。

 

無理して転職する必要はありませんが、現在の日本では人手不足という時代の流れもありますし、工業社会から情報社会、知識社会への過渡期ということもあって新しいことをやるチャンスというのは非常に大きいです。

 

確かに転職しないで新卒で入った会社でリスクを取らず、一生を終えるという選択肢もあるかもしれません。しかし多くの人は次のようなことを考えたことがあるはずです。

 

「本当にこのままでいいのだろうか」と。

もし自分が新卒で入った会社からリスクを取らず、転職しなかったら

ちょっと話が反れますが、先日とある飲食店で自分が新卒で入った時の店舗の先輩が働いているのを偶然にも見かけてしまいます。その時は自分の存在がバレないようになんとか上手くやり過ごしました。

 

外食産業の会社で働いている人ならわかるかと思いますが、社員というのは出世したり、異動したり、人が足りない時のヘルプなどでいろんな店舗で働く機会があります。

 

ですから当時の先輩が働いている店舗に偶然入ってしまうというのは、確率としては有り得る話ではあるのですが、とはいってもその飲食店は会社全体で何百店舗もあるので「こんな偶然本当にあるのか・・・」とその時は驚いていました。

 

一方でその先輩から覇気が感じられなかったというか、まぁ当然と言えば当然なんですが、20代から30代になれば体力も落ちてくるでしょうし、実は「決められたレールを走っていた」ということに気づいて会社というものに絶望していたのかもわかりません。

 

その先輩の姿に、自分が転職しなかった時の姿を重ねて何とも言い難い気持ちになりました。もし自分があの時辞めていなかったら、先輩のようにどこかの店舗で働いていたか、激務で身体を壊していただろうな、と。

 

リスクを取らなければ金銭面でもっと楽な生活はできていたとは思います。しかし、このブログでは何度か書いているのですが「30年、40年同じことをし続ける生活って、それは本当に『生きている』と言えるのか」と。

 

逆にそういった生活は辛いのではないでしょうか。本当に企業が社員の人生を保証してくれるのであればまだいいです。しかし今はシャープや東芝の事例のように、大企業に入れば将来が安泰とはもう言えない時代です。

 

そんな時代により良く、楽しく後悔なく生きるには、どんな場所でも生きられるように日々勉強する方が重要ではないでしょうか。

新しい仕事をすることで得られるもの

「どんな場所でも生きられるように日々勉強する」ということを書きましたが、そういったことができるようになることで「もし何かあっても、今働いている企業じゃなくても生きていけるんだ」という安心感を持てるようになってきます。

 

この感覚は今後この世界を生きていくうえで非常に重要になってくるのではないかと思っています。

 

SEの仕事を始めることで、その多少なりとも「安心感」を持てるようになってきたのが転職して良かったことのひとつです。この理由としては主に次のようなことが考えられます。

  • 特に問題もなく現在の仕事に入っていけた
  • 仕事の選択肢が増えた
  • 労働市場における自分の立ち位置
  • 経理よりも仕事が面白い

これらについて順番に説明していきます。

特に問題もなく現在の仕事に入っていけた

「特に問題もなく現在の仕事に入っていけた」というのは、過去記事で書きましたが、トラブルとか、仕事内容とかコードがわからなすぎて何日も何もできなかった、ということがなかったということです。

 

この部分については以下で触れています。

 

これらのことが実感できた、というのは自分の中で非常に大きな安堵感に繋がっています。というのも今の仕事に就く前のプログラマーなどのイメージは、ものすごく頭の良い人じゃないとできないのではないか、といったものがありました。

 

なぜなら自分が初めてプログラムのコードを見たときは、英語ではあるんだけど全く英語に見えない「暗号文」にしか見えなかったからです。目にするのも怖い、といった感じでした。

 

そんな「暗号文」を駆使して世界中の人の生活を支えているシステムを作っている人たちというのは、「別次元の天才」だと思っていました。そんな凄い人たちが就いてる仕事を自分も同じようにやれるのかと考えた時、不安にならないはずがありません。

 

だからといって今までと同じように経理の仕事をしていてもいろいろと先は見えているし何とかしてこの現状を打破したい、少し前はそんな状況だったので、もう行くしかないといった感じでした。

 

結果としては、紆余曲折ありましたがなんとか入っていけたので、やはり一歩を踏み出さないと何事もわからないものだなと良い意味で痛感させられました。

コメント