関連記事

経理業務に「コンカレントエンジニアリング」の考え方を適用するという発想について

最近からというわけではないですが、工場での効率性や生産性以外に本社

の側でもいかに効率よく生産性があげられるかどうかということがニュー

スなどで取り上げられるようになる時代になってきました。

長時間労働や働きやすさ、もっと言えば現在の日本社会の閉塞性からの脱

却において今後変えていかなければならない問題ということでしょう。

もう少し具体的に言うと、効率性や生産性を上げなければならないのは「

ホワイトカラー」と言われる人たちの仕事です。この人達の生産性は世界

の国々と比較するとかなり低いと言われています。

逆にブルーカラーの人たちの生産性は「トヨタの『改善』」に象徴される

ように世界でも非常に高い生産性を誇っています。

効率をあげるとか生産性をあげるというと、じゃあ具体的にどうすればい

いのか、と考えてしまうかもしれません。

そもそも効率性とか生産性という言葉は「工場での作業における言葉」で

す。つまりは工場労働とか生産管理について学ぶ、特に工場労働において

非常に高い生産性を誇る日本の生産管理を学び、それをホワイトカラーの

分野に応用することはかなり有効なのではないか、とういことです。

今回はこのことについて以前から思っていたことを書いていってみます。

工場での作業と事務作業の違いについて

今までであれば、工場での業務だと「この部品を何個使って、何時間で、

何個の製品ができたか、そのためのコストがいくらかかったか」というの

が明確に数値として表すことが出来ました。

ですから「時給」という発想は工場で働く場合は有効なのです。

一方本社の側の事務作業などは、ひとつひとつの業務を工場のように明確

に区切るということが難しいのです。

例えば月末の支払業務の場合、各取引先からの請求書を整理して表を作り

、インターネットバンキングを利用して支払うというのが一連の流れです。

しかし、請求書を100枚整理したから100円もらえる、というわけでないで

すし、支払先が1000社あるからその分の作業量として1000円かかるとか、

1000個の製品ができるとか、そういった考え方はできないわけです。

経理業務といっても結構他部署の人とコミュニケーションが必要であった

りと、要は時間当たりの数値ということを考えると人によってかなり恣意

性が入ってきてしまうのです。

要は工場ではある程度どの製品がどれくらいの時間で何個できるのかとい

うのはある程度予想が立てられけど、事務作業とか営業などの仕事は人に

よってかなり結果が違ってくる場合がある、といことです。

こういった考え方、捉え方からホワイトカラーは「裁量労働制にしろ」と

か、「本人の生産性によって給料が支払われるべき」とか「ホワイトカラ

ーエグゼプション」といった議論がされるわけです。

だからといって、例えば経理業務が工場労働と全く違うのかと聞かれると

そうでもありません。日々やること、毎月やること、毎年やること、とい

のはだいたい決まっています。

自分の感覚でも「これって工場での作業とそれ程変わらないのではないだ

ろうか」と思うこともあります。

「コンカレントエンジニアリング」とは

中小企業診断士の受験科目には「運営管理」というものがあります。この

科目は「生産管理」「店舗・販売管理」に分けられるのですが、要は「

工場」と「店舗」についていろいろなことが書かれています。

この「生産管理」の部分に「コンカレントエンジニアリング」という言葉

があります。この言葉は自分が中小企業診断士の勉強をするまで知りませ

んでした。

『中小企業診断士 スピードテキスト (3) 運営管理 2012年度』には次の

ように書かれています。

p.175

[コンカレントエンジニアリング(CE:Concurrent Engineering)]

CEとは「製品設計と製造、販売などの統合化、同時進行化を行うための方

法 JIS Z 8141-3113」である。

つまり各部門が電子化されたデータを共有化しながら、協調して工程を進

めていく製品開発手法のことである。

各工程の情報が中途段階で即座に他工程に伝達されると同時に、他工程か

らのフィードバックがなされることにより、リードタイムの短縮や製造コ

ストの削減につながり、生産効率が向上する

製品機能に対する要求が高まるにつれて、技術体系が複雑化し、工程が細

分化されるようになった。その結果、これまでの直列的な開発プロセスで

は生産効率の低下が避けられない状況となっている。

今回なぜこの言葉を取り上げたのか。要は仕事を同時並行的にやれると早

く終わらせられるということです。それは経理業務とか事務作業でも同じ

ではないかということです。