派遣社員として働きながら中小企業診断士試験に挑戦するうえで大変だったこと

今回は以下の過去記事の続きです。

試験が終わり、仕事も一段落ついたので今はだいぶ落ち着いています。今みたいな状態だからですが「諦めずによくここまでやってこれたなぁ」としみじみ感じられます。

 

試験前は必死で、過去に対して感慨深い思いに浸るなんて、とてもそんな余裕はありませんでした。

 

去年2次試験に落ちてからも、なんとかモチベーションを維持してずっと勉強は続けてきました。中小企業診断士の2次試験は1次試験合格後に落ちてしまっても、1年後にもう1度挑戦することができます。

 

去年再起を誓って新たなスタートをきってから、自分なりに経験したこと、思ったこと、大変だったことを今回はつらつらと書いていってみます。

スポンサーリンク

勉強時間の確保

誰でも社会人として勉強時間を確保するのは大変だと思いますが、自分もこの1年は勉強時間を確保するのが大変でした。

 

正社員で生きていく難しさと、正社員の場合の勉強時間の確保の難しさを考えて、派遣社員という道を選んでからもう2年くらいでしょうか。

 

特にこの1年間はその難しさを感じました。

 

この期間に派遣社員としていくつか気づいたことがあります。

「長期」の派遣社員だと「正社員」を前提に働かされる

これは人によって異なると思うのですが、派遣会社から自分に提示される求人の数として「短期」よりも「長期」が多いのです。

 

一般的には短期は1ヶ月から3ヶ月ぐらいの期間となり、長期は3ヶ月以上のものを指します。

 

いくつか派遣先で働いて気づいたのは、長期のものだと「正社員」を前提に働かされるということです。それが何が問題かというと、どんどん仕事を振られてしまうということです。

 

「あれっ?派遣契約って仕事内容が決まっているものなんじゃないの?」と思われる人も多いかもしれません。

 

確かに契約書には「経理業務」といった言葉が入っていたりしますが、経理業務といっても様々で、仕訳の入力とか、経費精算とか固定資産管理、決算業務などいろいろです。

 

ですから派遣契約を結んだからといって、絶対にこれとこの仕事しかしません、という訳でもないわけです。

 

そのため、気づいたら正社員並に働かされていた、ということもあり得ます。

 

以下の過去記事では正社員についてはいろいろと苦しんだといったことを書きました。

勉強時間を確保するために派遣社員を選んだのにこれでは本末転倒です。そのような経験をしてきたので、じゃあ「短期」がいいということで求人を探してもなかなか見つかりません。

 

これは以下の過去記事で書いたような法改正があったからでしょう。

ですから、この派遣社員の長期と短期の求人の間のバランスの取り方というか、勉強時間の確保のために、その辺りの調整が難しかったです。

 

ですから派遣社員として働きながら資格試験の勉強をしようと思っている人は、なるべく短期の仕事を選ぶと良いのではないでしょうか。

 

短期の仕事がなくて、長期の仕事を選ばざるを得なくて、どんどん仕事が増えていった場合は辞める時の上手い言い訳を考えるといいかもしれません。

 

例えば、自分の場合は「この会社はどんどん社員をリストラしています。次に切られるのは自分かもしれません。そういった不安がある中で続けるのはちょっと難しいです」といった話をしたりしました。

 

実際にその時働いていた会社はそのようなことをしていたので、特に無理なく話は通りました。

 

派遣社員として働きながら資格試験に挑戦するのは、そこら辺の兼ね合いが上手くできるかどうかだと思います。

 

通勤時間が長すぎるのは問題

10月末で契約満了した派遣先は、通勤時間が片道2時間近くかかる所でした。今までの考えでは、仮に多少通気時間が長くなったとしても「電車の中で勉強できる時間が増えるじゃないか」ということで特に問題視はしていませんでした。むしろ喜んでさえいました。

 

ですが今回の経験から、やはり通勤時間が長すぎる派遣先は避けるべきです。

 

というのも5分でも10分でも座れる時間があればいいのですが、今回の場合だと2時間全て立ちっぱなしで、毎日派遣先に着くまでにへとへとになってしまっていました。

 

このような状態だったので行きの電車内では体力的にほとんど勉強できず、帰りの電車内でなんとか半分ぐらいの時間を使えたという感じでした。

 

ですから資格試験のために勉強時間を確保することを考えている人は、通勤時間や電車内の状態もよく考えた方が良いでしょう。

 

コメント