関連記事

派遣社員や非正規社員は本当に低賃金労働しかないのか━派遣社員の職種別時給事情

このブログでは、派遣社員について以下のような過去記事を書いています。

これらの記事で書いたことは、

「正社員ってメリットがあるのだろうか」

「IT系の仕事で優秀な人というのは、実は正社員では働いていないのではないか」

「なぜなら正社員以外でプロジェクト型の仕事とか派遣社員で非常に高額の時給が

あるからではないか」

といったことを書いてきました。上記以外にも、自分が経理の派遣社員としての経

験談的な記事は書いていきました。

世間では

「非正規なんて嫌だ、早く正社員にしてほしい」とか

「好きで派遣社員なんてしているわけじゃない」

といった意見もあります。

それは非正規社員や派遣社員などが低賃金であったり、正社員と比べて待遇が悪か

ったりといったことが理由として挙げられているようです。

果たしてこれらのことは本当なのでしょうか。

このブログでは自分が経理としての派遣社員の経験があるのに、派遣社員のニュー

スとかトレンドについてあまり扱ってはいませんでした。また、昨今の人手不足か

ら現在の労働市場はどうなっているのか、

派遣社員としての仕事にはどういったものがあるのか、職種ごとの時給とはどれく

らいものなのかという点について、派遣社員は本当に低賃金労働しかないのかとい

ことも含めて今回書いていってみたいと思います。

2017年度2月期における派遣社員の平均時給 約1,500円程

以下に引用した派遣社員の平均時給についての記事は2017年2月度の三大都市圏に

おける派遣社員の平均時給が書かれたものです。

2017年2月度の派遣平均時給は1,536円。5ヶ月連続で前期比マイナス。 – SankeiBiz(サンケイビズ)

f:id:psoukonoseiri:20170420180643p:plain

■2月度の三大都市圏平均時給は、1,536円。
2017年2月度の三大都市圏平均時給は1,536円。前月比横ばい、前年同月比-25円

・1.6%減と5ヵ月連続で前年同月比マイナスとなりました。前期比マイナスとな

ったのは、「医療・介護系」でした。

その他の職種は前年同月比プラスとなっています。「医療・介護系」職種は、引

き続き資格無しでOK・実務未経験者歓迎の案件が増加。加えて「扶養内OK」、「

短時間OK」、「土日休み」など、自分のライフスタイルに合った働き方を選べる

ような案件を揃えることで、各社人材確保に取り組んでいます。

この記事内で見た場合は表がちょっと見づらいかもしれません。その場合は、引

用先で大きな表が見れるのでそちらを参照していただければと思います。

表は2014年から2017年の期間のもので、三大都市圏における派遣社員の平均時給

の推移を示しています。期間中のトレンドとしては横ばいか上昇基調といった感

じでしょうか。

途中からちょっと下降気味ではありますが、その要因は「医療・介護系」で下が

ってきたためとあります。この分野への人材の供給が以前に比べて増えたのかも

しれません。

記事内では他の職種は全て平均時給が上昇していると書かれています。

表を見ていただければわかるように、派遣社員の「平均」時給が約1,500円程と

書かれています。

東京都のアルバイトの最低賃金が約900円程ということを考えると、非常に高い

時給になっています。

もちろん誰でもすぐに派遣社員の仕事ができるわけではなくて、時給が高い分

、ある程度の経験、スキルや即戦力としての力が求められます。

仕事別時給ランキング(2015年12月時点での三大都市圏(関東・東海・関西)

インターネット上で調べてみたのですが、2017年度とか最近のもので良さそうな

表がなかったので、今回は以下のような表を引用してみました。

派遣社員「仕事別平均時給ランキング」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

表は2015年12月時点での三大都市圏(関東・東海・関西)の職種別平均時給とその推移
[f:id:psoukonoseiri:20170420181650j:plain

初めて上記のような表を見られた方は、職種別の時給の高さに驚かれたと思いま

す。自分も初めて経理の派遣社員をやろうとした時は、その時給の高さに驚きま

した。

それ以上に驚いたのは、表の上位を占めるIT系の職種の時給です。この表にある

職種を大きく3つに分けて今回は見ていってみます。

IT系職種:1~23 時給レンジはだいたい2,400円以上~1,700円程

引用した表の1番目から23番目は大まかに分類すると、一部を除いてIT系の職種と

なります。

具体的には、ネットワークエンジニア、ビジネスアプリケーションSE、WEB・ス

マホ系SE、データベース系SE、システムエンジニア、プログラマー、デザイナー

といったクリエイティブな職種が多く、プログラミングなどの高度な知識が求め

られます。

この部分の時給レンジはだいたい2,400円以上~1,700円程になります。

2,400円以上と書いたのは、例えばテンプスタッフとかリクルートスタッフィング

、他にもIT系専門の派遣会社の求人を見ていただければわかると思うのですが、

2,500円とか3000円以上の求人もあるからです。世間一般のアルバイトの時給が

900円とか1,000円程といったことを考えると非常に高い数値となっています。

昨今の人手不足事情から、企業は機械やシステムなどに業務を代替してもらいた

い需要があり、その点に関しては以下のような過去記事も書いています。

経理でいえば、経費生産システムといった全社規模のシステムが必要とされてい

るところもありますし、部署という単位で見れば、マクロやVBAで業務を効率化で

きる人材がいれば非常に重宝されます。

また、ソーシャルゲーム開発やアプリ開発に関する人材の必要性もニュースなど

で見かけます。

このブログでは以下のように男性の正社員の平均時給はどれくらいか、といった

ところも計算した記事を書いてきました。

その男性正社員の平均時給は「1646.97円」となっています。計算方法には賛否両

論あるでしょうが、派遣社員というのが正社員に比べて明らかに劣っているとい

う訳ではないことがわかります。

むしろ現在の正社員の給料事情や勤務時間事情から考えると、現実はかなり損をし

ているのではないでしょうか。

表の1~23の範囲を見ていただければわかるのですが、自分が見て驚いたのは、「

通訳・翻訳」という職種が時給1,900円程と高い数値となっている点です。

あまり詳しくは調べてはいないのですが、英語の契約書を日本語に翻訳したり、日

本語の契約書を英語に翻訳したり、外国企業との取引に関する書類を翻訳したりと

いった仕事のようです。

最初このような仕事があることを知った時は、「あぁ、こういう仕事もあるんだな」

と仕事に対して新たな視点を持てました。

確かに昨今は国内の人口が減少傾向にあり、国内の需要も縮小していくだろうとい

うことで、外国企業との取引が多くなっている所が多くなっています。

自分もここまでいくつかの会社で経理の仕事をしてきたのですが、取引先から送ら

れる請求書も英語とか中国語のものもあったり、為替換算の業務もあったりするの

で、「通訳・翻訳」の仕事の需要が高まっているというのは理解できます。