freeeやトレードシフトによって会計事務員30万人の雇用が失われる可能性がある

前回は新たな技術の発展によって良い面悪い面があるといったことを書きました。

 

今回は現在進んでいる技術革新の現実的な問題として、自分が感じていること、今でも起こっていることを書いていこうかと思います。

スポンサーリンク

技術革新によって人間の仕事はなくなっていくのか

『機械との競争』によって会計事務員が30万人減少

例えば次の記事

以下、記事からの引用です。

(米経済学者らが書いた『機械との競争』(エリック・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー共著)が米国で論争の的となっている。

 

コンピュータ技術の加速度的な向上が人間にしかできない仕事を大きく侵食し始めたと警告しているからだ。

 

日本でも2000年からの5年間で、事務用機器操作員5割、会計事務員1割、商品販売外交員1割と高い就業者減少比率が見られた。実数ベースで最大の減少となった会計事務員では、実に31万人もの職が“消えている”。

 

これらの中間所得層の消滅は会計ソフトウエアやネット販売の普及と無関係であるまい。)

以上引用終了

 

上の「2030年 あなたの仕事がなくなる」の記事の中で2000年から2005年の間に会計事務員が30万人減少、といったことが書かれています。自分が実際に経理の仕事をしているのでよくわかります。

勘定奉行、PCA、大蔵大臣といった会計ソフトによる業務の標準化

経理の仕事は「かなり単純化、標準化されている」と感じます。今では弥生会計とか、勘定奉行、PCAとか大蔵大臣といった会計ソフトが販売されています。

 

弥生給与とか人事系のソフトもあり、他のソフトと連動させることでさらに効率化しようといったこともできます。

 

例えば会計ソフトがない場合、次のような作業を手作業で行わなければなりません。ある一定の取引に対して振替伝票に仕訳を記入した後

  • 総勘定元帳にも記入
  • その他現金出納帳へ転記
  • 当座預金出納長へ転記
  • 仕入帳へ転記
  • 売上帳へ転記
  • 支払手形記入帳へ転記
  • 受取手形記入帳へ転記
  • 仕入先元帳へ転記
  • 得意先元帳へ転記

というように仕訳の内容によって様々な帳簿へ転記していかなくてはいけません。

 

1日の取引を集計した仕訳日計表なんてものもあり、会計ソフトを使わずに、日々の膨大な取引を1円の誤差も出さずに、上記の帳簿に全て転記していかなくてはならないのはやはり限界があります。特に、会社として規模を大きくしていくにはどこかでシステム化、機械化、自動化していかなくては次のステージに進めません。

 

逆に会計ソフトを導入することによって、これらひとつの仕訳から全ての帳簿に転記が一瞬で可能であるし、機械が処理してくれるので1円の間違いもありません。あるとすれば、人間が最初の入力時点で桁数を間違えたりといった程度でしょう。

 

他にも貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成や、その他自分が見たい取引先ごとの数値など、補助科目の設定や摘要を工夫することによって、ある程度の加工や見たい情報も、一瞬で見ることができるようになります。

 

以上のような会計ソフトを使った自動化によって職を失った人もいたことでしょう。

 

しかし、その会計ソフトを導入しても、さらに今は業務は単純化しています。正直いかに入力を速くするか、という所に重点が置かれている感じです。さらにさらに、今後はその入力さえもなくなっていくでしょう。

 

正直、会計という分野の単純な業務は、ほとんど機械化されて、グローバル化による外国へのアウトソーシングも重なって、もう減ることはあっても増えるということはないと思います。

freeeと連動したアプリについて

以前の記事にも書きましたが、「freee」といったほとんど無料の会計ソフトが存在し、今はまだ期待しているほどの性能ではないかもしれませんが、今後アップグレードが繰り返されて、多くの人が使うようになるかもしれません。

Dr.Walletとfreeeを連動させることの効果

今では「Dr.Wallet」というiPhoneを使ったアプリがあるようです。以下がそれについての記事です。

 

これを使うと、例えばコンビニで消しゴムなどを購入したときにレシートももらいます。そのレシートをiPhoneのカメラで撮影し、サーバーに送信すると自動的にそのデータができるようです。そのデータと会計ソフトのfreeeと連動させると入力の手間がなくなりますね。なるほど、こういった方法もあったんですね。

 

このような方法以外にもクレジットカードを使って決済したデータの明細を、専用のクレジットカードリーダーを使うことによって自動で同期できるというやり方もあるようです。以下がその記事

コメント