ユニクロというブラック企業の社員のキャリアは本社と現場で分断されている

前回の記事で「元銀行員のFinTechブログ。」さんの記事を取り上げましたが今回も取り上げたい内容があったので書いてみます。

ユニクロの現実━頑張れば本当に報われるのか?

今回の記事で伝えたい内容は以下の記事です。

「あぁ、そうだよなぁ・・・」と思わずにはいられなかったので書かせていただきました。

元銀行員が考える、日本の銀行の弱点とは? – 元銀行員の金融とテクノロジー雑記

簡単に言うと、「頑張れば役員になれるかもしれない」という夢を社員に見せないと、皆頑張れなくなってしまうので、やらないのです。

 

要は、外から来た良く分かんない人が、いきなり役員になってしまうなど、中の人から見たら言語道断なのでしょう。

まさにまさに、自分が以前会社というものに対して勘違いしていたことです。

 

「頑張れば報われる」

「頑張れば自分が就きたい職種に就かせてもらえる」

 

自分は役員までは考えていませんでしたが、同じようなことを考えていました。

 

ですが、会社という所で働くようになって、また実際に経理というものを勉強するようになってわかってきました。

 

「会社が社員に対して、やりたい仕事をやらせることは極めて可能性が低い」

ユニクロは本社と現場のキャリアが完全に分断

て、機会があればこういったブログなどで書いてみたいと思っていました。それが以下のユニクロに関する記事

ユニクロがブラックな本当の理由。キャリアの分断にみるユニクロの真の闇

しかし、よくブラック騒動をみると、すべて新卒で入社して店長にあてがわれたひとの話だ。ユニクロの本社部門のひとの話は全然書かれていない。ここが味噌である。

 

ユニクロは、本社と現場のキャリアが完全に分断されてしまっている。本社は、中途採用で、マッキンゼーやらATカーニーやらアクセンチュアの人をとりまくり、コンサルの巣窟とも言われているようなところだ。彼らにとっては、本社はそれなりにチャレンジングでやりがいのあるホワイトな環境である。

 

ユニクロで出世したいなら、MBAとってマッキンゼーを経て中途で入るのがよい。新卒でユニクロにはいっても店長が関の山だ。

 

このように完全に分断された構図は、欧米の小売業だと当たり前なのだが、日本の場合あえて別の社会的な反発をくらうからか、学生がとれなくなるからか、そういう事実をあえてぼかしている。

 

キャリアの分断というものに対する考察

自分は以前、外食産業で働いていましたが、激務に耐えられず、諸所の事情から経理という道を志しました。その後経理に就くために簿記の勉強をしたり、転職活動をするようになって気づいたことがいくつかあります。

 

例えば上記でユニクロの本社と現場に関するキャリアが分断されてしまっているという記事を引用しました。この記事を最初見たとき、ユニクロに限らず他の会社においても「確かにそれはあるな」と感じました。

現場と本社で必要とされる知識は全く違う

なぜなら、現場と本社で必要とされるような知識や、その量、意識が全く違うからです。

 

現場には現場の知識が必要ですが、本社の仕事にはやはり本社の仕事に関する知識が必要です。

 

例えば、将来的に役員になりたいと思っても現場の人が経営に関する勉強をしているかどうかを考えた場合、そういった人は少ないのではないでしょうか。

 

今は成果主義という言葉も聞くようになりましたが、自分の実感としてはかなり根強く年功序列制度が残っていると感じます。

 

年功序列制度の下で、経営に関する知識を身につけずに、ただその仕事を我慢して続けてきた人に、「もうそういう年齢だから」といって役員をさせるのはやはり難しいと思われます。

やりたい仕事があったら我慢しない方がいい

やりたい仕事があった場合、ただ我慢して待っているのではなく、そのための知識を自分から身につけなければならない、特にこれからの社会はその必要性が高まってくると感じています。

 

転職活動中においても、実際に経験してみることでわかることもあります。

 

例えば経理では、20代後半だったら月次決算の経験が欲しい、とか、30代前半だったら年次決算の経験まで欲しいといった求人をよく見かけました。

 

コメント