企業が懇親会や飲み会、長時間労働にこだわる背景には機能体組織の共同体化が考えられる

「機能体組織が共同体化していることの現れ」ではないかな、思います。

 

今の時期は会社の入社式を済ませたところも多いでしょう。それに伴い新入社員同士で飲み会をした所も多いのではないでしょうか。

 

今回の記事のタイトルは『企業があれほど懇親会や飲み会、長時間労働にこだわる背景について思うこと』ですが、自分が新卒で入社した会社はもちろん、ここまで経験してきた全ての会社で不思議なくらい飲み会や懇親会が催されていました。

 

自分は以前からこのことについて不思議に思っていました。

「なぜこれ程飲み会を開くのか」と。

 

ある人は「社員と親睦を深めるためだよ」と仰る方もいましたし、ある人は「飲み会という場を通して社員の不満を聞くため」という人もいました。

 

インターネットで飲み会の理由や効果について調べてみると「飲みニケーション」といった言葉が出てきますし、上司と部下との人間関係の構築、情報共有や生産性の向上といった言葉もありました。

 

果たして本当にそうなのでしょうか。このことついて自分なりの考えを書いていってみます。

スポンサーリンク

新入社員は入社3年で3割が辞めるという現実

なぜ会社という場所ではこれ程飲み会が多いのか。自分の考える答えとしては冒頭部分で「機能体組織が共同体化していることの現れ」と書きました。

 

このことについて考える前に、新卒の社会人の離職率について見ていきます。

 

以下のように厚生労働省の統計でも昭和62年から平成27年までは多少の波はありますが、ほぼ一貫して大学卒業後、約3割ほどの人間が会社を辞めていっているのがわかります。

f:id:psoukonoseiri:20170415162901p:plain

 

なんだかこの数年で会社を辞める人間が増えた感じの報道がされていますが、実際はそうではなく30年ほど前から一貫してこの傾向は変わっていません。

 

だとしても多いですよね。自分が社会人になる前の社会人のイメージというのは、新卒で入ったら、ほとんどの人が定年までその会社で働き続けるというものだと思っていました。

 

仮に辞める人がいたとしても、それはほんの一部、自分の中では全体の数%程というイメージでしたが、現実としては何十年も前から3年で3割の人間が会社を辞めているということです。

 

コメント