関連記事

経理として7社働いてきて感じる必要な職業的な智恵とは

経理以外の職業も含めると、今働いている会社で8社目の経験となります。

新卒で一番最初の会社に入る前は、まさか自分がこの年齢で8社も経験する

ことになるなんて露ほども考えたことはありませんでした。

えぇ、本当に露ほども考えたことはありませんでした。大事なことなので

思わず二回も書いてしまいました。

当時の自分は社会人になったら「会社を変えるのは良くないこと、仮に転

職したとしても1社か2社だろう」と思っていました。

えぇ、理想と現実はかくも違うものであると身をもって理解しました。

「正社員は安定している、正社員になれれば将来安泰!」

そう思っていた時期が自分にもありました。他の人の感覚はわかりません。

ですが、少なくとも自分の感覚では「安定」と感じたことはほとんどなか

ったです。

その理由はいろいろとあるのですが、幸か不幸かいろんな会社の経理業務

を経験することで気づいたことがあります。

今回はその気づいたことについて書いていってみます。

「専門資格だけでは食えない時代がやってくる」という話について

最近は税理士や弁護士の資格を取っただけでは食っていけないという話を

聞いたりします。

自分から見たらその話題の真偽はともかくとして、そういった難関資格を

取った人とというのは自分から見たら神様みたいな存在であり、そういっ

た人が食っていけないというのはいったどういうことなのか疑問に思って

いるくらいです。

ですが日々のニュースを見たり、いくつかの資格関連の本を読むと必ずし

も自分のイメージとは違うようです。

例えば税理士の場合、自分は経理という仕事を何年か経験してきたので、

税理士関連の話はニュースや実際に人の話を聞いたりしてある程度は話題

の真偽は把握しています。

例えば以下の国税庁のHPに平成27年度における税理士の登録者数が書かれ

ています。
税理士制度|税理士関係情報|国税庁

その人数は

「平成27(2015)年度 75,643」

となっています。

ちなみに、社会保険労務士とか司法書士、中小企業診断士などの登録者数

は各資格者ごとに約2万人から4万人程の登録者数となっており、そういっ

た人達の数と比較するといかに数が多いか、いかに飽和しているかがわか

ります。

特に自分が驚いたのが、税理士登録者のその年齢層です。以下のサイトに

その年齢層がわかりやすく掲載されています。

税理士の平均年齢,年代,年齢層,登録者数 -税理士資格試験ポータル税理士seek-

日本税理士会連合会調べによる第5回税理士実態調査報告書では以下のよう

なデータがあるようです。

税理士の年齢層

年齢層     割 合
20歳代     1.1%
30歳代     10.4%
40歳代     15.6%
50歳代     19.3%
60歳代     18.4%
70歳代     29.1%
80歳代     5.4%

最初見たときは目を疑いました。

「は?税理士業界って未来がないのでは?」

と思いました。

というのも、50歳以上で既に全体の70%を占めてしまっています。そして

20代と30代とで約1割なのです。

税理士業界全体の数は他の士業の方と比べると明らかに多く、高齢者層の

割合も高い、そして一番の問題が会計事務所や税理士の給与です。

経理として7社も経験すると、経験する会社の中に税理士の勉強をしてい

た人とか、会計事務所で何年か勤務経験がある人と一緒に仕事をする機会

あったりするのです。

そういった人たちの話を聞くと、税理士の勉強は「諦めた」とか会計事務

所の給料が「安い」とか「割に合わない」「とても生活できない」といっ

た生々しい話を聞いたりします。

最初は疑問に思いました。自分みたいなレベルの低い経理マンにとっては、

会計事務所で働けるような人はエリートみたいなイメージでしたし、税理

士を目指して勉強して、仮に限界を感じ諦めた人でも「天才」だと思って

いたからです。

しかし、そういった人たちから聞く税理士業界の話というのは必ずしも自

分がイメージしていたものとは違っていたのです。

経済には需要と供給という関係があります。少ないものであれば価値が高

まって高い値で段売れますし、逆に多すぎると価値が下がって安い値段じ

ゃないと売れません。

そういった視点から見てみると、引用したデータを確認してもわかるよう

に、確かに税理士業界は数が多すぎて、その年齢層も高いと言える状況で

す。

もう少しわかりやすく言えば、高齢者の税理士が顧問先を独占し、若い税

理士にまで利益が回ってこない、という状況なのです。

しかもここ数十年の日本の会社の数は減少の一途をたどっており、顧問先

の奪い合いが激化していってもいるのです。

別にこういった状況は税理士業界に限ったことではなく、別の士業の業界

にも多かれ少なかれ同じようなことが言えます。

つまり税理士とか弁護士になれる知識を持っているだけでは、今後の世界

をよりよく生きていくのは簡単ではないということです。

では今後何が必要となってくるのかというのが「職業的な智恵」なのでは

ないかと思っています。

「職業的な智恵」について

以前の自分は経理としてよりよく働けるようになるためには「知識」が必

要だと思っていました。

今もその考え方は大きくは変わっていないのですが、それ以外にも必要な

ことがあるということに気づくようになったということです。

現在の私達の歴史は、農業社会、工業社会、情報社会、知識社会という変

遷を辿ってきています。

現在は情報社会と知識社会の過渡期と言われており、田坂広志さんの『こ

れから何が起こるのか 』には、そういった社会の移り変わりの時期におい

て「求められる人材」と「活躍する人材」について次のように書かれてい

ます。

p.238

そして、専門知識を身につけて、専門知識を手に入れることは、市場にそ

の専門知識を持った人材へのニーズがあるかぎり、「求められる人材」に

なることはできます。

しかし、専門知識や専門資格を身につけただけでは、決して「活躍する人

材」になることはできないのです。では「専門的な知識」でなければ、何

が必要か。

「職業的な智恵」です。

(中略)

例えば、依頼人の混乱した話の中から要点を掴む力。すぐに的確な法的対

応を考えつく力。素人にも分かりやすく専門的なことを説明する力。相手

に安心感と信頼感を与える力。そうした「職業的な智恵」を身につけてい

たからです。

そして、この「職業的な智恵」は、「専門的な知識」とは、まったく違っ

た能力であり、書物や学校では学ぶことができないもの、経験と人間から

しか学ぶことができないものなのです。

つまりは、現場での日々変化する物事や人間に対して当意即妙に対応でき

る能力といったイメージでしょうか。

当時はこの部分の文章を読んでなんとなく理解したつもりでいました。し

かし、経理として7社経験してきたからこそこの意味が分かってきました。

なるほど「経験と人間からしか学ぶことができないもの」ですか。確かに

実際に何社も経験しないとわからないことはありました。

例えば以下の過去記事で書いたようなことがひとつの事例です。

上記のように経理としての職業的な智恵として、簿記の知識以外にも知っ

ておくといろいろと捗ると感じたのは「業務を改善できるITの知識」です。