関連記事

とある外食企業の経理業務事情━低生産性から高生産性への要請について

以下の過去記事でも書きましたが、現在はとある外食企業で派遣社員として

働いています。

今までは外食産業というのは、自分は現場で働いていた経験があったので、

本社の方も男性ばかりで体育会系的で非常に厳しい所といったイメージがあ

りました。

ですが実際に勤務してみないとわからないものです。今回は偶々かもしれま

せんが自分のイメージ程ではなくて、今まで勤務してきた企業と同じように

女性が多く、現場に比べれば穏やかです。

外食産業というと典型的な「労働集約産業」であり、生産性という面では、

他の産業に比べて低い傾向にあります。まぁわかりやすく言えば「体力勝負」

の傾向が他の産業より強いということです。

今回は最近の職場事情から、この生産性という面で気づいたことを書いていっ

てみます。

外食産業で働く人たちは本当に多くの人が辞めていく

外食産業の本部の側で働いているからこそわかるのですが、本当に「辞める人

」もしくは「辞めそうな人」が多いと感じます。

自分は人事部で働いているわけではないので、具体的にどこの店舗の誰が辞め

たのか、もしくは辞めそうかといったことや、今月は何人辞めたといったこと

はわかりません。

しかし自分がいる職場の経理部と人事部は隣接しているので、人事部の人たち

の会話からすぐわかるのです。例えば

「○○さんて××店にいましたけど5月にはもう辞めましたよ」

「以前A店にいた○○さんが源泉徴収票送って欲しいそうです。」

「あの人、別の業界行きたいって言ってるらしいですよ。」

「今別の仕事探してるんですよね。」

以上のような会話が仕事中、もしくは昼休みなどに平然とされるのです。今ま

で働いてきた他の企業ではこういったことはありませんでした。

確かに今までの企業も会社の事情とか仕事の辛さ、人間関係から辞める人とい

うのはいました。ですが今の企業のようにこれ程日常的に「誰々が辞めた」

いう話を聞く所はこれまでの企業ではありませんでした。

他にも業界特有の人手不足事情として「外国人」が強く求められています。

というのも現在の日本では、インターネットの影響や情報リテラシーの高度化

した国民事情のためか「日本人の雇用が非常に難しい」ようです。

そのため、外食産業に多い「中国人」「ベトナム人」等といった人たちの採用

が自然と増えてくるというわけです。

結構前からコンビニや飲食店で働いている「外国人」を見る機会は多いなと感

じてはいました。それは人件費とか日本人よりも頑張ってくれるからといった

理由もあるからかもしれませんが、

そもそも根本的に「日本人が社員として来てくれない」という状況にあるので、

その埋め合わせのために外国人が多く採用されているのだろうと思います。

高い生産性の要請は現場だけではく本部側も求められている

以上のような現場での人手不足事情から、ひとりひとりの負担が多くなってい

きます。外食産業というのは労働集約産業なので生産性を高めるためには「人

の数」が必要なのです。

ですが、肝心の人を雇うということが昨今の日本の人口減少という状況も相俟

って難しくなっているわけです。

これは最近気づいたのですが、「本部の側でももしかして人を雇うことが厳し

いのでは?」と感じています。

経理とか人事とか総務などの部門がある本社というのは、基本的に「コストセ

ンター」という認識です。

その意味は、現場のように売上をあげられるわけではないので、基本的に「い

かに費用を削減するか」という視点で見られるのです。

ですから現場の方は数を増やす傾向にあっても、本社の人間の方は費用を抑え

るためになるべく少ない人数で仕事をこなす、という発想になっていきます。

そういった認識はあったのですが、現在自分がいる所というのは、今までの企

業と比べるとこの傾向が強い気がするのです。この理由はやはり、自分がいる

企業の業種が「労働集約産業」に属してしまうからでしょう。

外食産業のビジネスモデルというのは、基本的に「薄利多売」ですから、少な

い利益を補うために多く売る必要があります。しかし昨今の人手不足事情から

この「多く売る」ということが難しくなっています。

この影響が本社の側にも及んでいるというか、世間では今は「低生産性から高

生産性へ」という雰囲気が出てきているということもあって、現場だけでなく

本社の側にも高い生産性が求められているなぁと最近感じているわけです。