簿記1級の(損益会計編)から建設業会計や会計公準など新しい知識や概念が入ってくる

簿記1級となると簿記2級とは違い、新しい仕訳や勘定科目はもちろん、新しい概念も出てくるようになります。

 

今使っているテキストは滝澤ななみさんの『スッキリわかる日商簿記1級商業簿記・会計学 (1) 損益会計編 』です。

 

以前も書いたかもしれないのですが、簿記2級のテキストは商業簿記が1冊、工業簿記が1冊の計2冊です。

 

ですが、簿記1級になると商業簿記・会計学のテキストが4冊、工業簿記・原価計算のテキストが4冊の計8冊なります。

 

初めて簿記1級のテキストについて調べた時に、全部あわせると「8冊」あるという事実を知った時は「あ、もう無理だ」と全く戦いもせず白旗を挙げてしまいました。

 

しかし、これまでに中小企業診断士の試験で7冊のテキストを読んできたので、量に関しても難易度に関してもある程度は耐性があります。

 

今回は、8冊の中の一冊、商業簿記・会計学のテキストを一通り読んでみて、簿記2級との違いとか気づいたことを簡単に書いていってみようかと思います。

簿記2級と簿記1級のテキスト(損益会計編)との基本的な違い

とりあえず現時点で感じているのは、簿記2級の知識に+αした感じという感覚です。

 

冒頭部分で新しい仕訳や勘定科目、新しい概念が出てくるとは書いたのですが、もちろんそういった部分もありましたが、手も足も出ないという感じではありませんでした。

 

値引きとか割引・割戻しの仕訳とか計算は簿記2級の範囲だったのですが、簿記1級になると、「仕入高から控除するのかしないのか」「売上高から控除するのかしないのか」といった付随的な新しいルールが出てきたりします。

 

こういった部分が簿記2級とは違った部分かなと感じています。

会計学の基礎知識という項目

『スッキリわかる日商簿記1級商業簿記・会計学 (1) 損益会計編 』の中には「会計学の基礎知識」という項目があります。

 

他の章では、基本的に例題と簡単な仕訳を説明していくという形をとっているのですが、この部分は違います。

 

会計学の基礎知識とあるように、簿記全体をまとめるルールというか、その元になる概念や知識が書かれています。例えば以下のような内容です。

p.187

会計公準

会計公準とは、企業が会計を行ううえでの基礎的前提をいいます。会計公準には、(1)企業実態の公準、(2)継続企業の公準、(3)貨幣的評価の公準の3つがあります。

 

(1)企業実態の公準

企業実態の公準とは、企業は経営者のものでも、株主のものでもなく、1つの独立したものであり、この独立した1つの単位として会計を行うという前提をいいます。

 

(2)継続企業の公準

継続企業の公準とは、企業は解散や清算を予定しておらず、永遠に活動するものであるという前提をいいます。

 

したがって、会計を行うには、永遠に続く全期間を1年や半年、四半期に区切る必要があることを意味します。

 

(3)貨幣的評価の公準

貨幣的評価の公準とは、企業の活動はすべて貨幣額によって計算するという前提をいいます。

 

『スッキリわかる日商簿記1級 商業簿記・会計学 (1) 損益会計編 第5版 』から引用

このような決まりがあるからこそ、企業は1年単位や四半期単位で決算を区切っているというわけですね。

 

これまでであれば、ケースごとの仕訳を覚えていけばいいという発想でした。しかしそれだけではなく、「それを構成するための背後にある概念やルール」も理解しなければいけないようです。

 

簿記1級を勉強する前から、仕事をする中で「経理ってたぶん簿記を覚えるだけでなく、それ以外にも法務的な知識が必要そうだな」とは感じてはいました。

 

ただそれが具体的にどういったものなのかというのが、自分の中では明確なものにはなっていなかったので、今回のような「会計学の基礎知識」という部分を知ることができて良かったなと感じています。

 

コメント