「今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ」という言葉に対して思うこと

「今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ」 -1年前に書いていたこと-

「自由」を得るために、捨てなきゃいけなかったモノがたくさんあったんだけど、「自由」が当たり前になっちゃうと忘れちゃうんですね。その「自由」を得るために多くの犠牲を払ったことを。

 

だから、忘れちゃいけないんだな。

自由の大切さや貴重さを。

 

捨てなきゃいけなかったモノの一つは、老後の備えです。老後に備えようと思ったら、会社辞めないのが一番です。でもね。

 

今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ、って思ったんですよね。

 

今回引用させていた文章のブログの名前は自由になりたくて47歳で会社を辞めたらこうなった』です。このブログの運営者様は、ブログタイトルの下の説明文ににあるように、「会社を辞めたい 自由になりたい」と思って2015年に47歳で会社を辞めた妻子ありの元サラリーマンの方が書いていらっしゃいます。

 

この方のブログは、自分がインターネット上で調べ物をしていた時に偶然見つけました。非常に示唆に富むブログであり、自分の人生についていろいろと考えさせていただける内容です。特に今回引用させていただいた文章は以前から思うところがありまして、そのことで自分の考えを書いていってみます。

「今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ」という言葉について

>「今を死んだように生きて、老後に備えてもしょうがねぇだろ」

そう、そうなんですよ。自分は以前からこのことについてずっと考えていました。実はこのブログ内では、この言葉と同じような内容の記事を過去に書いています。

自分と同じような考えを持っている人がいるというのは何だか嬉しいです。なぜなら、「もしかしてこんな考えを持っているのって世界で自分だけなのだろうか?」と考えてしまう時があるからです。もしかして自分はおかしい人間なのかな、と。

 

うん・・・。自分もここまでいろんなものを捨ててきました。というか自分の性格から捨てざるを得なかったというのが正確ですね。

 

今の時代は多くの人が安定を求めています。特に今のような将来が不確実性が高い社会ではなおさらです。みんな正社員になりたがります。

 

どんなに激務でも頑張って続けようとします。自分の命を失っても。

 

でも、それって本当に自分の命を懸けるようなものなのでしょうか?自分が「こうだ」と思っていた世界が実は「幻想」なのかもしれません。

 

そのことについては、以下の過去記事で書いていきました。

実は「夢」を見させられているのかもしれません。

 

「これだけ頑張ったら部長になれる」

「定年まで頑張れば国が年金という形でその後の人生を保証してくれる」

 

本当かもしれないし、嘘かもしれません。自分はまだその立場に立ったことがないのでなんとも言えません。

 

周りの環境をよく観察してみれば明らかにおかしいということがわかるはずなのですが・・・

「その人の頑張り次第で部長にも役員にもなれる」

本当にそうでしょうか。

 

以前からこの考え方は疑問に思っていました。「本当にそうなのか」と。

「本当に頑張った人で優秀であれば出世できる」

 

ではなぜ会社で20代や30代で役員や社長を見かけることがないのでしょうか。新しくできた会社で、その会社を立ち上げた人たちの年齢が若いのであれば20代や30代でも社長や役員の人はいます。

 

ですが、世界的な歴史ある大企業で20代や30代の社長は見たことがありません。世界中の全ての会社を調べていけばそういった会社はいくつか見つけられるかもしれませんが。

 

結論を言ってしまえば、「会社の出世」とか「何歳までにこの額の給与」というのは「だいたい決まっている」んです。

 

コメント