2016年の振り返り、成功ではなく「成長」に焦点を当てる

2016年ももうすぐ最後の日となります。ちなみに2015年の最後の日である12月31日には以下のような過去記事書いています。

今回の記事は「172記事」目であり、今年1年で約100記事程書いてきた計算になります。今年は中小企業診断士の2次試験があり、その勉強でなかなか更新出来ない中、よく放り投げずにここまで継続できたなと思っています。

 

今回の記事では、自分なりの2016年の振り返りというか、感じたことを簡単に書いていってみます。

去年はどんなことを書いたか

冒頭の過去記事からの引用

ネタが多すぎてどういった構成で書けばいいかわからなかった

最初は、今まで考えてきたこと、伝えたいことなど、ネタが多すぎて何をどういった順番で、どういった構成で書くかに四苦八苦していました。今でもそうですが。

(中略)

ブログを書くようになって気づいたこと

ここまでブログを書き続けてきて気づいたことは、自分も含めて、「相手に対していかにわかりやすく書くか」「いかにわかりやすく伝えるか」という意識が今までなかったことです。

ブログの記事を書いていく上で、ネタの貯蔵はまだ十分すぎるほどあります。ここまで170記事程書いてきましたが、まだまだ書きたいことはあります。欲を言えば、「もっと時間があれば」と思っています。

 

ですが、他の方の記事を見たりすると、「いかに少ない時間で書くか」といったことや「いかに記事を量産するか」という記事も見受けられるので、なるほど、そうった方法もあるのかと考えさせられることがあります。

 

この点は今後の課題になりそうです。

 

「相手に対していかにわかりやすく書くか」「いかにわかりやすく伝えるか」という点については、自分なりの型はできてきたような感じがします。

 

まず最初に、その記事で伝えたいことを書き、その後で自分の伝えたいことの具体例を挙げていき、最後にまとめるといった感じです。

 

ただ、自分の感覚としては少し「横着」になってきているかなぁと感じています。なるべく丁寧に書こうとは意識しているのですが、日々の忙しさとか将来への不安が入り混じった気持ちから、何となく心が安定していない気がします。

 

相手に対してわかりやすく伝えるという「意識」はできるようになったかもしれませんが、それがまだよく実践できていない感じがするので、この点も今後の課題となりそうです。

 

ブログを継続して更新している人は段々減ってきている。

これは誰しも感じていることかもしれません。自分はこのブログを始めて1年と9ヶ月ぐらいですが、ここまで自分が他の方のブログに読者登録してきた中で今でも記事を継続して更新している方は半分ぐらいになってしまいました。

 

反対に自分のブログに読者登録している方で、今でも記事を更新している方も半分ぐらいです。

 

継続するというのがいかに難しいかがわかります。かくいう自分も、今後もこのブログで何らかの理由から記事を更新できなくなっていくかもしれません。

 

それはモチベーションが保てなくなったり、記事を書く意味を見出せなくなったり、仕事が忙しすぎて記事の更新に手が回らなくなったり、理由は考え始めればきりがありませんが。

 

とにかく、今後も継続して更新していくつもりです。

 

コメント