アメリカなどの外国で働くことを意識する日が来るとは夢にも思わなかった

今回の記事のタイトルは「アメリカなどの外国で働くことを意識する日が来るとは夢にも思わなかった」ですが、注意点は実際にアメリカまで出張で仕事に行くわけではありません。

 

最近「アメリカで働くってどんな感じなんだろうか・・・」と「考えた」だけ、「意識」をしただけです。ただ、その「意識をした」ということですら、自分の感覚がすごく変わってきたんだなぁと感じています。

 

今までの自分であれば、まず考えられなかったことです。このアメリカなどの外国で働くと「意識」することですら、とんでもないこと、敷居が非常に高いことでした。というか、そのような感覚が生まれたことすらありませんでした。

 

自分から見て外国へ出張へ行く人とか、アメリカの現地の企業で働いている日本人というのはとてつもなく優秀で、まさに雲の上の存在みたいなイメージでした。

 

他の人にとっては、外国へ旅行に行くとか、出張で海外に行くというのはそれほど抵抗はないかもしれません。でも自分にとっては全く縁のない世界というか、テレビや写真で見る程度の本当に別世界の出来事でしかありませんでした。

 

そんな自分がなぜこのような感覚を持つようになったのか、考え事をしていたらそのことをブログで整理してみたいと思ったので、ちょっと書いてみようかと思います。

外資系企業での日常

なぜこのような感覚を持つようになったのか。理由はいくつか考えられます。

 

考えられる理由のひとつは、現在働いている企業が「外資系」であるということの影響ではないかということです。

 

やはり外資系の企業だけあって、日々外国人を目にすることになります。目にするだけであれば通勤途中とか街を歩いている時にすれ違うといったことはあるので、それだけでは特に意識することはありません。

 

今までの環境と違う点は、日常的に英語の会話を耳にするようになったことです。もちろんその会話の意味は全然わかりません。ただ、言葉の語感やアクセントなどから「あぁなんか英語で話してるんだな」というのはわかります。

 

これは誰でも感じることかとは思いますが、自分の周りで自分のわからない言語で話をしている人がいたらやはり気にはなりますよね。「あれ?何の話してるんだろう?」と

 

そういった日々耳にする英語の会話がひとつ。

 

 

「外国」を意識するもうひとつの点としては、書類に印字されている言語が英語であるということもあるでしょう。もちろん全部わかるわけではないので、わからない部分はグーグル翻訳やインターネットを使って調べます。

 

こういった部分も外国で働く可能性を意識するようになった点のひとつだったんじゃないかなぁと思います。

VBAというプログラミング言語の勉強も影響があったと思う

外資とかアメリカとか意識するようになった理由としては、仕事以外でも「英語」という「文字」に触れる機会が増えたからでしょう。

 

外資系の仕事で、処理する書類の中に英語があるというのはもちろんですが、最近勉強していたエクセルのVBAもある程度影響があったのではないかなぁと思いました。

 

プログラミング言語というと基本的に英語です。例えば最近勉強した中では、「RowHeightプロパティ」とか「ColumnWidthプロパティ」といった単語が出てきました。

 

テキストの中にそういった単語の意味について説明してくれている部分もありますが、全てではありません。ですから電子辞書などを使って調べなければいけません。

 

「Rowは行でHeightは高さだから、RowHeightプロパティは行の高さを設定できるのか。」「Columnは列だけどWidthってどんな意味かな?(この後電子辞書で調べる)あぁ、『広さ、幅』という意味だから、ColumnWidthプロパティは列の幅を設定できるんだな」

 

といった感じでわからない単語と格闘するのですが、そういった日々の蓄積が「英語」とか「外国」というものに対する意識に繋がっていっているのではないかと感じました。

コメント