20代で5社目の会社に2週間働いて気づいたこと(前編)

今月1月のはじめから、新たな会社で派遣社員として働くことになりました。今の会社で4回働く会社が変わり、5社目の会社となります。しかも20代でです。

 

社会的に見たら間違いなく底辺と見られるでしょう。だからといって、今まで決していい加減な気持ちで働いていたわけではありません。

 

このブログでは何回か触れましたが、いろいろな事情があり、そうせざるを得ませんでした。

 

今の会社で5社目ですが、これまでのその時々の意識や考え、何が変わったのか、何を変えたのか、これまで4回働く場所が変わったことで何がわかったのか、というのを、会社ごとに自分が変ってきた変化を今回書いていってみたいと思います。

 

ちなみに先に結論を書いてしまうと「お金」や「地位」よりも「おもしろさ」とか「やりがい」を求めるというのは、きれいごとではなく、真実だな、と感じています。

1社目 外食産業の会社

1社目は新卒で入った外食産業の会社でした。自分はIT業界の企業で働きたいと思っていたのですが、新聞奨学生ということで、あまり就職活動に費やせる時間もなく、当時の景気も思わしくなかったので、結果は惨憺たるものでした。

 

「100社応募しても内定が取れない人もいる」ということを耳にしたりしましたが、全然冗談でなく自分もそれは実感していました。

 

この時の意識としては「助かりたい」とか「企業に入れさえすればなんとかなるだろう」という、今だからこそわかるのですが、当時の自分と言うのは「嫌な奴」だったと思います。その時の詳細は以下の過去記事に書きました。

その時の意識の根底に「安全」というものを求めていたと思います。今は若年層が高齢者層に対してあまり良いイメージをもっていませんが、今にして思うと、「あぁ、そうだよなぁ・・・」と思うのです。

 

というのも、高齢者であれば、老い先はそれほど長くありません。何らかのリスクをとるよりかは安全を選んで余生を過ごそうとするでしょう。それはもしかしたら弱者を踏み台にしてでも選択した安全かもしれませんが。

 

実際に40代の人など年上の高齢者の方たちとも一緒に働いてみて感じたのはやはりイメージ通りあまり良いものではありませんでした。

 

しかし少し視点を変えてみると、まさに自分がそのような人間になっていたのです。当時の自分は体力的、精神的に追い詰められていた部分があったので、「安全」を志向するマインドになっていたのですが、まさにそういう思考の人たちがいる所で働くことになったわけです。

 

その店舗の売上や出世のためなら店長は平気で周りの人間を犠牲にする。自分も会社の利益よりも自分がどう楽するかという邪なことばかり考えていました。

 

両者には「安全」を求める思考が根底にあったので、まさに両者の利害は一致し、ある意味「奪い合う」関係になってしまっていたと思います。

 

自分は何らかの利益を提供しようとする考え方ではなく、ある意味会社から「奪う」という思考になっていました。

 

その人の思考が同種のものを引き寄せる、という言葉がありますが、今思うとまさにそうなっていたなと思います。

2社目 卸売業での経理

2社目は卸売業の会社で経理として働くことができました。1社目の会社は体力的にもたなかったのですが、売上の集計などの数値を把握するようになってから経理という仕事に興味を持つようになりました。

 

2社目までも紆余曲折あったのですが、運よく正社員として内定をいただけました。この時の意識はまだ「安全」を求める意識が残っている状態でした。

 

コメント