中小企業診断士を目指した理由ときっかけについて

なぜ自分が中小企業診断士の資格を取ろうと思ったのか。それは、「自由な生き方がしたかったから」です。

 

多くの人は高校、もしくは大学卒業後にどこかの企業に就職して仕事をするでしょう。就職した先で仕事を覚えていく必要があるわけですが、誰でも何らかの不安や不満を抱えた経験があるのではないでしょうか。

 

例えば上司との人間関係であったり、仕事が厳しすぎてついていけないということもあるかもしれません。誰でもどこかでつまずいた経験があると思います。

 

自分も同様であり、会社で働いてきた中で様々な悩みを経験してきました。そういった中でなぜ資格試験といったものを受験しようとしたのか、について今回は書いてきます。

中小企業診断士という資格を知るきっかけ

パソコンの画面に表示された「BLOG」の文字列

「中小企業診断士」という資格について他の人に話しても、知っている人は少ないようです。多くの人は税理士とか公認会計士、社会保険労務士という名前は知っているのですが、

 

「中小企業診断士って何ですか?」「どんな仕事をするのですか?」と聞かれることが多かったです。

 

他の士業と比べてメジャーではないこの資格を自分がどうやって知ったのか。それは「三橋貴明さん」のブログを見るようになったことがきっかけでした。

 

三橋貴明さんは以下の「新世紀のビッグブラザーへ」というブログを運営されています。

2008年頃からブログを始めたようですが、この頃から人気ブログランキングの上位に登場しており、その内容や、マスコミや韓国に対する批評からおもしろく見させていただいていました。

 

当時の自分にとって「経済学」というのは、一部のエリートや突出して頭がいい人が勉強する学問であって、自分には全く関係がないものだというイメージがありました。

 

しかし、三橋さんのマスコミや韓国経済に対する真実を突く批評から、経済学というものが身近なものに感じられるようになり、少しずつではありますが、この頃から経済というものに興味を持つようになります。

 

「新世紀のビッグブラザーへ」で毎日更新されていく記事を読んでいくと、その記事を書いている人がどんな人なのかというのはやはり気になってくるものです。

 

そして三橋さんについてどんな経歴の人なのかについて調べると、どうやらこの人は「中小企業診断士」という資格を持っていることがわかりました。

 

もちろん当時の無知な自分は「中小企業診断士」なんて言葉は知りません。最初見たときは「何らかの専門家なのだろう」ぐらいのイメージしかありませんでした。

 

人間というのは新しい言葉や知識を得ると、その意味や内容について知りたくなるもので、中小企業診断士について調べてみると、どうやらそういった資格があるとのことで、その難易度を知ったときは驚きました。

 

その難易度は非常に高く、税理士や公認会計士に匹敵するとのこと、三橋さんがそんな資格を持っていることを知って、初めて「あぁ、この人はすごい人なんだな」とやっと認識できるようになりました。

 

そういったことが、自分が中小企業診断士という資格を知ったきっかけでした。

コメント