関連記事

今後のスキル偏重型技術革新で、機械といかに協力できるかが問われてくる

最近は『機械との競争』という本を読んでいました。なるほど、今の世の中の技

術はこれほど進んでいたのかと思わされるエピソードが多く記述されています。

それと同時に人間が技術の進歩に少しずつついていけなくなっているということ

もわかってきました。

以下の過去記事では「チェス盤の法則」という言葉を例に、今の世界の技術の進

歩のスピードがいかに早くなっているかを書きました。

今回はもう少し踏み込んで、その技術の進歩が我々の生活にいかに影響してくる

ようになったか、そしてひとりひとりが今後どう生きていった方がいいのかにつ

いて、本書に書かれていることを含めて考えたことを書いていってみます。

伸び悩む所得

インターネットで「平均年収」という言葉を検索したことはないでしょうか。自

分の年収は日本人の平均と比べてどうなのかな、といったことや、平均年収の推

移を見るために調べたことがある人もいるかもしれません。

例えば以下のようなサイトの表があります。
サラリーマン平均年収の推移(平成26年)-年収ラボ

この日本人の平均年収を調べてみると、平成9年をピークに減少の一途を辿って

います。安倍政権になってからこの平均年収が少し持ち直した感がありますが、

上昇曲線を描く所まではいっていません。

自分も最初このような表を見たときは「えっ!?なんでずっと下がってるの」

と疑問に感じました。

この表を見る前は、経済は景気というものが大きく関わっていると思っていまし

た。

景気には波のように良い時期と悪い時期があるから、平均年収もそういった景気

の波に左右されるものなのだろうと、だから多少の波はあっても大きくは変動し

ないものなのだろうと予想していました。

実際はそうではなく、平成9年をピークに下がり続けているという事実があるわ

けで誰もが疑問に思う所でしょう。

平均年収が下がり続ける要因の一つが、本書で書かれている「機械の進歩の早

さに人間が段々とついていけなくなってきている」というものです。

本書の執筆者はアメリカ人ということで、本書においてはアメリカの1955年か

ら2010年までの世帯所得の表を提示しながら説明がなされており、1970年代か

ら所得が伸び悩みはじめたと書かれています。

そしてアメリカの実質世帯所得の中央値の推移において2000年から2010年にか

けて10年ベースで減少したのは、統計開始後初めてのこととあります。

なぜこのような現象が起きているのか、その理由のひとつは「テクノロジー失

業」です。

技術の進歩がテクノロジー失業を引き起こす

以前は「技術の進歩が失業を増やす」という考え方は自分にとって全く異質の

考え方でした。

私達の日々の生活において、身の回りには冷蔵庫や洗濯機、エアコン、自動車

といったものが溢れています。ここ20年ぐらいではパソコンやスマートフォン

などの最先端の機器を一般の人が持つことも当たり前のようになってきました。

そのようなものを持てるようになったことで、ひとりひとりの生活は豊かなも

のになってきています。技術の進歩によって、今後更に人間の生活が豊かにな

るものが生まれてくるのならそれは素晴らしいことではないか、と思うのが普

通でしょう。

ですから、技術の進歩というものには非常に肯定的なイメージがありました。

「人々の生活を豊かなものにする素晴らしいものである」と。しかしそういっ

たものは人間にとって目に見える「モノ」であって、便利にしているのは必ず

しもモノ「だけではない」ということです。

今までであれば人の労働力が必要であった所が、技術の進歩によって必要では

なくてなってきている、

つまりは、高いスキルを求められて高い給料の仕事に就ける人が少ない一方で、

あまりスキルを求められない低い給料の仕事に多くの人が追いやられているの

ではないかという解釈です。

職種ごとの時給や需要から見る現在求められているスキルについて

このブログでは以下のような過去記事を書いています。

この記事では、派遣社員でどういった職種が時給が高いのかといったことを書

いています。

引用先の記事の表にあるランキングの上位にはIT系の職種が中心となっていま

す。ここで言いたいのはつまり、ITや技術に関する職種に需要があるというこ

とです。

その理由は企業において、人手不足でより業務を効率的にできるように機械や

システムを導入したいから、というのもあるでしょうし、

他社との競争に勝つためには、より効率的に事業を成長させなければいけない、

だからそのような人材が欲しいという理由もあるかもしれません。本書には次

のように書かれています。

p.83

生産性の高い企業ほど、技術の恩恵を最大限に引き出すべく、決定権、報奨シス

テム、情報フロー、雇用形態、その他の組織資本を再設計・再編成してきた。

その結果として従来とはまったく異なる労働力が必要になってきており、その多

くに高いスキル水準が要求されている。

単にコンピュータを扱う職種だけにより高度なスキルが求められるのではなく、

製造プロセス全体、さらには産業全体が、新しい情報技術を活用する方向に再構

築されたのである。

今回の記事のタイトルの「スキル偏重型技術革新」とあるように、これまでの

技術の進歩から、仕事においてより高度な知識や技術が求められるようになっ

てきているということです。

そのことに関して『機械との競争』では次のように書かれています。

p.79

技術革新の結果、高いスキルを持つ労働者に対する相対的な需要が高まる一方

で、スキルの低い労働者に対する需要は減少し、場合によっては途絶えている。

ファクトリーオートメーションは、そうした技術革新の代表例だ。プログラミ

ング、マネジメント、マーケティングなどの複雑な仕事は人間の守備範囲に残

されるが、単調な反復労働は機械に肩代わりされていく

このような技術の進歩によってスキルの高い労働者に対する相対需要の増加は

、本書では「スキル偏重型技術革新(SBTC)」とあります。