関連記事

ペッパーやワトソン、FIELD systemのロボット同士の会話の未来

以前通勤時間に電車内のテレビ画面に映る広告で印象に残るものがあり

ました。

その内容は、あのソフトバンクのPepperがアメリカのIBMが開発した

ワトソン」と会話をしている、というものです。

「あぁそうか、近い将来はもうロボットとロボットが会話をして仕事を

進めていく光景も珍しくないのかもしれない、この発想はなかった」と

思わされました。

人間とロボットが会話する姿、というのは漫画やアニメなどでよく見る

風景です。最近ではソフトバンクのPepperが企業の販売業務や受付業務

もこなしたりしている程です。

ですが、「ロボットとロボットが会話する」というのは、自分の中には

なかった発想でした。

ロボットや人工知能の性能がもっと上がっていって、明確な自我を持つ

ようになったら人間のように会話したりコミュニケーションできるよう

になるのもおかしな話ではありません。

動物同士だって、独自のコミュニケーション方法があるわけです。そう

か、将来的にはそのようは世界もあり得るんだなと思わされました。

今回はこのことについて思うことを書いていってみます。

ソフトバンクのPepperとIBMのワトソンとは

Pepperとは、ソフトバンクが開発した「感情エンジン」と「クラウドAI」

を搭載した世界初の感情認識パーソナルロボットです。

もう少し詳しい話や、最近の実用における状態は以下の過去記事を参照

していただければと思います。

IBMが開発したワトソンは、wikipediaによると質問応答システム・意思

決定支援システムとあり、明確に「人工知能」とは定義しておらず、『

コグニティブ・コンピューティング・システム(Cognitive Computing

System)』としています。

ちなみに、この「コグニティブ・コンピューティング」とは、「経験的

知識に基づき、コンピュータが自ら考え学習し、大量のデータを統合し、

分析できるシステム」という意味になります。

それって人工知能のことじゃないの?と思ったのですが、IBMにとって

ワトソンは人工知能という風には明確に認識はしていないようです。

AIとコグニティブ・コンピューティングの違い

Pepperとワトソンのことを調べていくうちにAIとコグニティブ・コンピ

ューティングの違いが何なのかわからなくなってきたので、ちょっと調

べてみました。

どうやら、AIとコグニティブ・コンピューティングとでは目指すゴール

に違いがあるようです。自分が調べた範囲では、

AIは、いかに人間の脳の仕組みを実現できるかに焦点を合わせています

が、コグニティブ・コンピューティングはAIの仕組みを利用し、いかに

人間の行動をサポートできるか、という点に焦点が当てられています。

コグニティブ・コンピューティングがAIよりも、もう一段高い視点から

物事を見ている、といったイメージかもしれませんね。

大人の人工知能が「ワトソン」、子どもの人工知能が「Pepper」といったイメージ

自分のブログでは以下のような過去記事を書いています。

過去記事に書いたように、人工知能には大きく2つに分けられるようです。

ひとつは、データの処理が得意な「大人の人工知能」

もうひとつは、物の動作が得意な「子どもの人工知能」

大人の人工知能に関しては、ビッグデータを豊富に持っているアメリカ

のGoogle、Amazonが先行していると言われています。

対して日本は製造業に強いと言われています。そのため現実の動作に関

するデータを集めやすく、子どもの人工知能の分野でチャンスがあると

のことです。

自分の中では、まだロボティクスやコグニティブといった分野に関して

深い知識はありません。ですが、

自分のイメージでは大人の人工知能を具現化したものがワトソン、そし

て子どもの人工知能を人間にとってわかりやすくつくられたものがPepper

なのではないかなと考えています。

既にソフトバンクとIBMはこの分野で提携しており、みずほ銀行はコール

センターで利用されているようです。

みずほ銀行のコールセンターで人工知能を積極的に使った取り組み PepperとIBM Watsonの導入事例を動画で公開 | ロボスタ – ロボット情報WEBマガジン

コールセンターにワトソンをオペレーターの業務支援に利用することで、

業務を効率化し、その内容を学習するといった感じです。

そしてワトソンが学習した内容をPepperとの間で同期することで、Pepper

が実際の顧客対応に生かしていく、といった形です。

頭脳の分野ではワトソンが担当し、

動作の分野ではPepperが担当する

互いの強みを生かしているということかもしれないです。