新技術カテゴリまとめ

新技術

もし料理ロボットが料理データをロボット同士でシェアして自律的に学習できたら

インターネット上には日々無数の人からアップロードされるデータがあります。それらをロボットが共有し学習して利用できるようになったら、産業革命やIT革命とは比べ物にならないくらい急速に私たちの生活を根本から変えていってしまう可能性があります。
2019.03.09
新技術

料理ロボットのモーリー(Moley)で個人の生活や食産業がどう変わるのか━シェアによる種類の制限からの解放

先日以下の「脱日本人クラウド」さんの記事を見て驚きました。今の時代の技術力だと、既に料理をつくれるロボットもできるようです。 「料理×ロボット」足りないのは愛情だけ - 未来を創る話をしよう それがロボットキッチンのモーリー(Moley)と言われています。 World’s Fi
2019.03.09
新技術

Boston DynamicsのヒューマノイドロボットAtlasは完全自律型二足歩行ができる

現実の世界にある二足歩行ロボットと聞くとどんなロボットを思い浮かべるでしょうか。 例えばホンダのASIMOのようなロボットをイメージされるのではないでしょうか。確かにホンダのASIMOは二足歩行ができますが、まだロボット特有のぎこちなさが感じられます。 最近、ロボットの二足歩行のニュース
2019.02.27
新技術

西友に日本NCRのセルフレジがあることを初めて知って安さの理由のひとつがわかった

西友やコンビニでは既に無人で会計を済ませられるセルフレジの導入が進んでいます。メリットは店舗側は人件費の削減や効率化などを進められます。デメリットは労働者側としては少しずつ雇用がなくなっていくことで、新たな道を探す必要があるかもしれません。
2019.02.27
新技術

クラウドファンディングで供託金を集めた家入一真さんの選挙への出馬について

2014年の都知事選で家入一真さんがクラウドファンディングを利用して出馬しました。出馬するための高い供託金は一般の人ではなかなか出せないものでした。しかし新たな資金調達方法とアイデアという組み合わせによって、今までにない可能性を見出せたと思います。
2019.03.08
新技術

Landscapingを用いたKIBITなど技術革新の早さは想定以上に進んでいる

以前銀行業務に関して人工知能によって代替されるかもしれないといった記事を書きました。 銀行に人工知能と聞くと、業務にどのように導入されるのかいまちイメージできないかもしれませんが、現実問題としてこの分野では欧米では日本よりもかなり進んでいるようです。 今回はその銀行に人工知能を導入すると
2019.03.08
新技術

KIBIT(キビット)のLit i View AI助太刀侍が経済や個人に与える影響とAGI(汎用人工知能)について

UBICは12月17日、同社独自のアルゴリズム「Landscaping(ランドスケイピイング)」を用いた人工知能である「KIBIT(キビット)」を活用し、三菱東京UFJ銀行の法人向け銀行業務の一部を支援することを発表した。 (中略) KIBITによるスコアリングの結果は、ビジネスデータ分析支
2019.03.08
新技術

スーパーのセミセルフレジや大リーグの球審ロボットなど人間の仕事で無人化が進みつつあるようです。

アメリカのメジャーリーグでビデオ判定による「チャレンジ」制度という新しい判定システムが将来導入予定。スーパーのレジ決済がセミセルフレジで人手不足解消の可能性も。サンフランシスコのEatsaでは、タッチスクリーンで注文から会計まで済ませます。
2019.03.08
新技術

宅配用ドローンである「Amazon Prime Air」によって物流や配送の人手不足は解消されるのか?

今回は前回の続きで銀行のビジネスモデルについて書こうと思ったのですが、おもしろいニュースを見つけたので急遽変更します。 宅配用ドローン Amazon Prime Air 「Amazon: 宅配用の実用ドローンを公開・完全無人で手荷物の宅配が可能に」 通販大手Amazon、宅配用ドローン公開
2019.03.08
新技術

クラウドファンディングは一人1円からでも自分の応援したい事業に投資できる

以下の過去記事では「クラウドファンディング」というインターネットを通した、新しい資金調達方法があることを書いていきました。 ビジネスや地域活性化活動、環境保全活動等にも利用できるクラウドファンディングという新しい資金調達方法 - 知識の倉庫の整理 前回は「資金調達方法」なので調達する側
2019.03.07
新技術

クラウドソーシングを利用した千葉県成田市の株式会社ソフトプランナーによるデータ移行業務の事例

クラウドソーシングの企業ごとの捉え方 p.22 クラウドソーシングの動きは取るに足りないものと無視する クラウドソーシングの動きを危険なものとみなし、拒否する クラウドソーシングを積極的に活用してみようと考える 『クラウドソーシングの衝撃 雇用流動化時代の働き方・
2019.03.07
新技術

ビジネスや地域活性化活動、環境保全活動等にも利用できるクラウドファンディングという新しい資金調達方法

前回クラウドソーシングについて書いたので、今回はクラウドファンディングについて書いていこうかと思います。 資格試験の途中で見つけたのですが、クラウドファンディングという新しい資金調達方法というものがあることを知り、「世の中にはこんなやり方もあるんだな」と感心しまして、機会があればこういう場で書
2019.03.07