新技術カテゴリまとめ

新技術

中小企業白書(2014年版)の矢野経済研究所によるクラウドソーシングを利用した新しい働き方について

少し前から「在宅勤務」とか「SOHO」という言葉を見かけるようになりました。 在宅勤務やSOHOについて 在宅勤務とは、勤務する会社のオフィスで働くのではなく、自宅で働く事とされています。SOHOとは、「 Small Office/Home Office」と言われ、小さな事務所や自宅を仕事場
2019.03.07
新技術

シェール革命から見たプロパントと水圧破砕法による中東との立場の逆転

今回は以下の過去記事と同様な事例を取り上げて生きたいと思います。 市場を独占していたレアアース問題は5フォースモデルにおいて代替品の脅威に曝された - 知識の倉庫の整理 この事例でも思うことがあるのでつらつらと書いていきます。 シェールガス革命 シェールガス革
2019.03.07
新技術

市場を独占していたレアアース問題は5フォースモデルにおいて代替品の脅威に曝された

以前中国がレアアースの輸出を制限した時がありました。一時レアアースの市場価格が高騰しましたが、日本の企業が代替技術を開発して、レアアースに対する依存度を下げたという出来事です。この問題について自分が考えたことを書いていきます。 レアアース代替戦略が成果 政府、異例の連携体制 レアアー
2019.03.07
新技術

キュレーションとインターネットがもたらす既存メディアの権威の失墜と権力の移行

この世界には「諸行無常」といった言葉があります。その意味は、この世に存在するものは、全て同じ状態のものはなく変わっていく、というものです。それは人間の世界における「権力」がわかりやすい例でしょう。 前回はヨーロッパの領主と農民においてパワーシフトという権力の移行が起こった話を書きました。
2019.03.07
新技術

音声認識や画像認識等の大人の人工知能と動作やモーション等の子どもの人工知能という分類

現在の世界において、まだ人間と同等レベルの意識や感覚を持った人工知能というのは開発されていません。 何らかの専門分野に特化した人工知能は多く開発されています。ですが人工知能を次のように分類した見方の発想は、今までの自分にはありませんでした。 どうやら人工知能にも種類や役割があるようで、そ
2019.03.07
新技術

年次経済財政報告の調整コストを加味した構造調整のおける自動運転車とタクシー業界の問題

構造調整について 構造調整とは 「生産性の低い分野から、生産性の高い分野に資源(資金、労働力等)を移転させることを意味する。 この移転は摩擦なく行われることが望ましいが、実際には低生産性部門から解放された資源が、高生産性部門に吸収されるまでには時間がかかるので、その過程で活用さ
2019.03.06
新技術

エクサスケールコンピュータ「睡蓮」と前特異点による新しい社会インフラ

今回は以下の前回の記事の続きからです。 「エクサスケールの衝撃」と「睡蓮」 - 知識の倉庫の整理 前特異点と技術的特異点 タイトルの前特異点とは2030年前後のことを指しています。 ちなみに技術的特異点(シンギュラリティー)※1というものがあり、これが2045年前後を指していま
2019.03.06
新技術

「エクサスケールの衝撃」と「睡蓮」

「『衣』『食』『住』がフリーになる。しかも最低水準ということではなくてかなりの高い水準において質にも、量にも満足することができる。それは現世人類が、そしてすべての生物種が有史以来、永らく待ち望んでいたものである。」 『エクサスケールの衝撃 次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く
2019.03.06
新技術

インダストリー4.0によってFDM方式を利用した3DCAD、3DCGデータを元に立体を造形できるようになる

今回は前回の続きです。以下が前回の記事になります。 第4次産業革命による考える工場でマスカスタマイゼーションが実現する - 知識の倉庫の整理 「まるわかりインダストリー4.0 第4次産業革命」という本では次世代のプリンタである「3Dプリンタ」についても書かれています。 3Dプリン
2019.03.06
新技術

第4次産業革命による考える工場でマスカスタマイゼーションが実現する

たまには最近のことも書いてみます 今後の新しい経済システムとか、新技術とか、そういったものに興味がありまして今後そう遠くないうちに広く使われるようになるだろうと言われている技術に「人工知能」とか「量子コンピュータ」、「核融合エネルギー」などがあります。 そういったものが実用化されるようになっ
2019.03.06