考え方

新しい最先端技術や最新鋭の技術には新しい規則やレギュレーションが必要

なるほどなぁと思ったことがあったので今回取り上げてみました。 「新しい最先端技術や最新鋭の技術には新しい規則やレギュレーションが必要」という考え方です。 以下の過去の記事では新しいテクノロジーとして「自動運転車」と「人工知能」を取り上げましたが、他の新しいテクノロジーでも同様なのではない
2019.03.07
考え方

『チェンジ・ザ・ルール』からわかる「先駆的、新奇的、型破りな考え方」という競争優位性

『チェンジ・ザ・ルール』を読むと「考え方」が「新しい競争優位性」になることがわかります。本書のピエルコ社へのERPシステム導入の効果からわかることは、機能に焦点を合わせることではなく、その機能によって「何が実現できるのか」が重要であることがわかります。
2019.03.07
新技術

音声認識や画像認識等の大人の人工知能と動作やモーション等の子どもの人工知能という分類

現在の世界において、まだ人間と同等レベルの意識や感覚を持った人工知能というのは開発されていません。 何らかの専門分野に特化した人工知能は多く開発されています。ですが人工知能を次のように分類した見方の発想は、今までの自分にはありませんでした。 どうやら人工知能にも種類や役割があるようで、そ
2019.03.07
考え方

「コンフィギュレーション」「コスト削減」「純利益」━階層ごとに異なる言葉

国によって言語の違いとか、文化の違いというのがあるのはわかります。ですが、人間の日々の生活における階層や仕事における階層ごとに言葉や認識が異なる、という発想は今までの自分にはありませんでした。 しかし『チェンジ・ザ・ルール』という本を読むことで、この世の中には階層ごとに異なる言葉が存在し、それ
2019.03.07
新技術

年次経済財政報告の調整コストを加味した構造調整のおける自動運転車とタクシー業界の問題

構造調整について 構造調整とは 「生産性の低い分野から、生産性の高い分野に資源(資金、労働力等)を移転させることを意味する。 この移転は摩擦なく行われることが望ましいが、実際には低生産性部門から解放された資源が、高生産性部門に吸収されるまでには時間がかかるので、その過程で活用さ
2019.03.06
労働

女性正社員の平均時給1545.36円━(民間給与実態統計調査平成25年分)

前回の記事では男性の正社員の平均時給は現実的な視点から見ると実際どれくらいなのか、というのを調べてみました。 以下が前回の男性の正社員の平均時給について書いた過去記事です。 男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分) - 知識の倉庫の整理 男性の正
2019.03.06
労働

男性正社員の平均時給1646.97円━(民間給与実態統計調査平成25年分)

今回は「男性」の「正社員」の「平均時給」はどれくらいかについて書いていきます。 前回は派遣社員を経験するようになってから「時給」について意識するようになったという記事を書きました。それがきっかけで、今回の記事名について考えるようになりました。 男性の正社員の平均時給はどれくらいか?
2019.03.06
労働

1年派遣社員をやっての気づきは時給換算という見方と民間給与実態統計調査における正社員の時給

この記事の2つ前の記事では資格試験のために派遣社員をしていたという内容がありました。その経験から気づいたことがいくつかありますが、その中で「時給」というものがあります。 今回は、この時給というのものについて気づいたことを書いていってみます。 派遣の平均時給 以下に派遣に関する記事が
2019.03.06
考え方

コンサルタントが売っているものは問題解決手法を通した論理ツリー等という見方

中小企業診断士2次試験が終わって、もう数日が経ちますが精神的に少しずつ立ち直りつつあります。 ですが、やはり心の中はモヤモヤした感じが残っています。 もっとこうしておけば良かったと思うこと 「あの時なんでもっとこういう風に書いておかなかったのか」 「模範解答なんて怖くてとても見られな
2019.03.06
中小企業診断士

2015年度中小企業診断士1次試験にボーダーラインぎりぎりで合格できました。

2015年の1次試験ではなんとか合格することができました。ここまでかなり追い込んできたのですが、事前の模試や過去問の結果が思わしくなかったのです。そこで色々考えて出た結論は「分からない問題は絶対に飛ばす」でした。
2019.03.06
新技術

エクサスケールコンピュータ「睡蓮」と前特異点による新しい社会インフラ

今回は以下の前回の記事の続きからです。 「エクサスケールの衝撃」と「睡蓮」 - 知識の倉庫の整理 前特異点と技術的特異点 タイトルの前特異点とは2030年前後のことを指しています。 ちなみに技術的特異点(シンギュラリティー)※1というものがあり、これが2045年前後を指していま
2019.03.06
新技術

「エクサスケールの衝撃」と「睡蓮」

「『衣』『食』『住』がフリーになる。しかも最低水準ということではなくてかなりの高い水準において質にも、量にも満足することができる。それは現世人類が、そしてすべての生物種が有史以来、永らく待ち望んでいたものである。」 『エクサスケールの衝撃 次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く
2019.03.06