『下流老人』を読んで感じた3つの問題点のうちの収入について

昨今は中高年層と若年層で格差の拡大が問題視されています。中高年の世代人口が若年層の人口に比べて多いことから、選挙制度でも有利となっています。そういった問題点については以下の過去記事で触れました。

そのような状態を反映して、中高年に有利な法案が可決されたりしています。例えば2012年8月29日に改正高年齢者雇用安定法*1が制定されました。

 

この法案によって60歳などで定年を迎えた社員のうち、希望者全員の65歳までの継続雇用制度の導入を企業に義務付けるものとなっています。

 

この法案で問題視されているのは高齢者の雇用と引き換えに、若年層の雇用が削られる恐れがあるということです。実際そのような傾向はあらわれています。

 

近年そのような背景があり、中高年ばかりが得をして若年層が切り捨てられているイメージがあります。

 

自分もそのようなイメージを持っていたのですが、藤田孝典さんの書いた『下流老人』を最近読んでみて実際は違うようだということがわかってきました。

スポンサーリンク

『下流老人』の概要

藤田孝典さん*2の書いた 朝日新聞出版の『下流老人』という本は、簡単に言うと現在の日本の高齢者の貧困問題について書かれた本です。

 

本書で書かれている下流老人とは「生活保護基準相当で暮らす高齢者、およびその恐れがある高齢者」されています。

日本の65歳以上の高齢者の人口は3384万人、総人口に占める割合は26.7%

総務省の統計によると、日本の65歳以上の高齢者の人口は3384万人(平成27年9月15日現在推計) で、総人口に占める割合は26.7%となっています。

 

その中で現在すでに約600万人が一人暮らし(うち半数は生活保護レベル)をしているとのことですが、これは対岸の火事ではありません。

 

この条件に当てはまらない高齢者であっても、若者であっても誰でも貧困状態になる可能性を本書では指摘しています。

 

では、なぜ現在の高齢者は本書で書かれているように貧困に陥ってしまうのか。自分が特に問題だと感じたところをピックアップしてみます。

貧困に陥る大きな原因となる3つの「ない」

本書で書かれている下流老人の具体的な指標として3つの「ない」について書かれています。その3つとは

  1. 収入が著しく少「ない」
  2. 十分な貯蓄が「ない」
  3. 頼れる人間がい「ない」

となっています。

 

昨今の高齢者は、年功序列の企業に長年勤めてきて、収入もあり貯蓄もあるというイメージがあります。それに加えて十分な年金ももらえるというのに、むしろどうして貧困に陥るのかと考えがちです。

 

しかし、現実問題としてはそうではないようです。

 

1、収入が著しく少「ない」

『1、収入が著しく少「ない」』の問題点として、年金収入が少ないことと、体力的になかなか働けない、もしくは働き口がないという問題があります。

「こんなに年金が少ないとは思わなかった。」━加藤さんの事例

例えば年金収入については本書に以下のような文章があります。

p.51 「こんなに年金が少ないとは思わなかった」

年金をかけていない時期もあったため、仕事をやめた後の月収は、厚生年金がわずかに9万円ほどであった。

 

両親の介護離職による年金加入年数の少なさ、低賃金などから、支給される年金は少なかった。これについて加藤さんは

 

「驚いたよ。まさかとは思っていたけど、こんなに年金が少ないとは思わなかった。どうやって暮らせばいいんだろうね。でも友人や知り合いに聞いたら、同じくらいの年金しかもらっていないヤツ結構いるんだよね。

 

みんな貯金を切り崩したり、働いたり、息子に頼って暮らしているよ。俺にはそういう身内がいないからな」と言う。

国民年金が5万4414円、厚生年金が14万4886円。合計は19万9300円

気になる年金受給額。平均いくらもらえる? [年金] All About

年金収入については上記のような記事もあります。このサイトで書かれている平均的な受給額というのは国民年金が5万4414円、厚生年金が14万4886円となっています。合計は19万9300円となります。この数値の問題点はあくまで「平均」です。

 

『下流老人』から引用した加藤さんの件は約9万円ほどとあります。その周りの方も同じくらいの金額とのこと

 

「平均」的な金額はある程度高くても、加藤さんの件のように親の介護のため離職していて保険料を払えていなかったとか、何らかの事情により少ない受給額に甘んじている人も多いと思われます。

 

上記に書いた年金収入以外にも労働収入についての問題もあります。

 

コメント