労働カテゴリまとめ

労働

単純なVBAのコードは書けるようになったが次なる課題は・・・

マクロやVBAに興味を持ち始めてからもう数ヶ月が経ちます。この数ヶ月間でVBAに関する書籍を何冊か購入して読んでみました。また、とにかく見よう見まねで手探りをしながら実際にVBAでコードを書いていって動かしたりしてみました。 この数ヶ
労働

VBA初心者が覚える必要がある3つの文法とマクロの記録との違い

「ふーん。VBAの文法かぁ・・・。」 どうやらVBAというものには大きく3つの文法に分けることができるようです。 ここ最近はエクセルのVBAの勉強をしていました。VBAの勉強をするようになった経緯については以下の過去記事を参照してい
労働

経理でマクロやVBAが使えるとミスが劇的に減って仕事が本当に楽になる

たまらない。 何がたまらないかというと、仕事でミスをしなくなって嬉しくて心が安定してたまらないということです。 これ程の心の安らぎを持てるようになったのは中学生の時以来のような気がします。 前回は以下のような過去記事を書きまし
労働

経理担当者がマクロやフリーソフトと関数を組み合わせて仕事をした結果

7月・8月の非常に暑い時期が過ぎて、最近は曇りや雨の日が多く大分涼しくなってきました。段々と秋に近づいてきており、過ごしやすくなって体力が戻ってきた感があります。 今の会社に入って数ヶ月が経ちますが、「仕事ができるようになるっていうの
労働

日系企業と比較した外資系企業の良さは「自由さ」にあるかもしれない

最近は雨で少し涼しくなってきたのですが、やはりまだ夏という感じです。ここ数日はまた暑さが戻ってきました。 派遣社員として現在の職場に決まってから1ヶ月が経ちました。良い環境で働けると時間が経つのがあっという間に感じられます。 今
労働

簿記1級の(損益会計編)から建設業会計や会計公準など新しい知識や概念が入ってくる

簿記1級となると簿記2級とは違い、新しい仕訳や勘定科目はもちろん、新しい概念も出てくるようになります。 今使っているテキストは滝澤ななみさんの『スッキリわかる日商簿記1級商業簿記・会計学 (1) 損益会計編 』です。 以前も書い
労働

経理で長く働くことを考える人にとって簿記1級以上の知識は必要

今まで中小企業診断士の勉強をしてきたのですが、2次試験の捉えどころのない問題に対して2回挑戦して、2回とも落ちてしまい挫折してしまったということをこのブログでは書いてきました。 そこで気持ちを切り替えて次の目標として「簿記1級」の勉強
労働

派遣社員を目指して就職活動してから派遣先が決まるまでに実際に遭遇したトラブル

最近だいぶ落ち着いてきたので、今日まであったことを少しずつ書いていこうと思います。 少し前までは、飲食業の会社で経理の仕事をしていましたが、契約満了に伴いまして業務を終了し、今日まで少し期間がありました。 この間はいろいろと作業
労働

厚生労働省がやっと本気を出してくれたようです━334件のブラック企業リストを公開、今後は毎月公表

厚生労働省がやっと本気を出してくれました。厚生労働省が334件のブラック企業リストを公開しました。今後は毎月公表されるとのことです。以下がそれに関する記事です。 ブラック企業リスト、厚生労働省が334社を公表 今後は毎月更新
労働

今後のスキル偏重型技術革新で、機械といかに協力できるかが問われてくる

最近は『機械との競争』という本を読んでいました。なるほど、今の世の中の技術はこれほど進んでいたのかと思わされるエピソードが多く記述されています。それと同時に人間が技術の進歩に少しずつついていけなくなっているということもわかってきました。
労働

派遣社員や非正規社員は本当に低賃金労働しかないのか━派遣社員の職種別時給事情

このブログでは、派遣社員について以下のような過去記事を書いています。 IT業界の正社員は本当に不足しているのか - 知識の倉庫の整理 近い時期に働き始めた正社員と派遣社員の賃金は一部では既に逆転している - 知識の倉庫の
労働

今後は正社員の定義が見直されてくると思われる

最近は藤原和博さんの『味方をふやす技術』を読んでいたのですが、考えさせられる文章があったので、今回記事にしました。 10年前、まだ自分が社会人になる前の頃の社会人のイメージというのは、「大学を卒業したらみんながなるもの」という非常に漠