企業の「あるべき姿」の設定と、それに伴う問題への対処法について

前回は以下の過去記事で「あるべき姿」の重要性について書きました。

あるべき姿が設定できないと、真の解決すべき問題を見つけること難しいよう

です。

ではあるべき姿とはどう設定していけばいいのか、ということについて、『問

題発見プロフェッショナル―「構想力と分析力」』に書かれていることを今回

書いていってみます。

スポンサーリンク

「あるべき姿」とは経営理念やビジョン、個人の「想い」も重要

一般的に企業においてあるべき姿というと、

  • 「売上を上げるためにもっと営業を強化する必要がある」
  • 「この製品の技術力じゃあ競合にはもう勝てないから、この事業は切り捨てよう」

と言われるような客観性、論理性が必要とされる場面などのイメージがないで

しょうか。

そうではなく、前回紹介した『問題発見プロフェッショナル―「構想力と分析

力」』には経営理念やビジョン、個人の「想い」といった人間の「主観」「感

性」も重要であると書かれています。

しかし、現在日本にいる多くの人について以下のように書かれています。

p.66

しかし、だんだん大人になるにつれて、現実の自分を脇へ置いて、純粋に「何

になりたいか」「何をやりたいか」を考えることが難しくなってくる。

「あるべき姿」を考える前に、自分ができることをベースに考えてしまったり

目指しても無理なことを自然に排除してしまう心のメカニズムができあがって

いることが多い。

そしていつのまにか、「何になりたいか」「何をやりたいか」ではなく、「ど

この会社に入りたい」「どこどこの会社なら入れる」「こういう仕事なら自分

でもやれる」といった現実から離れない解決策思考になっている。

上記は個人に関して書かれていますが、企業においても同じことが言えるかも

しれません。

例えば「株主」に対してより多く出資してもらうために社員を犠牲にして売上

をあげるとか、

銀行から継続的に借り入れをできるようにするために、もしくは中高年世代の

収入や生活のため積極的な投資をせずに、顧客や社員が求めているものは無視

して無難な経営をするとか、内部留保を貯め続けるとか、

自分は経営の現場で仕事をしたことがないので何とも言えませんが、そのよう

な視点も有り得るかと思います。

今までは経営理念やビジョン、個人の想いというものに対してそれほど重要性

を感じておらず、どの企業にも設定する「お題目」ぐらいの認識しかありませ

んでした。

実際にその通りには行動するのは難しいけど、とりあえずつくっておこうみた

いなイメージでした。

しかし本書を読むことで、今までの自分の価値観が180度変わった感じがします。

確かに、多くの人はいろんなしがらみに囚われたり、自分の能力を制限してし

まったりと、日々の生活のために無意識のうちに「こう在りたい」という想い

が少しずつなくなってしまっているかもしれません。

「これがやりたい」「こう在りたい」という想いが創れない、見つけられない

ために、そのために必要な課題が見えてこない。いや、本当は見えているのか

もしれません。

ただそういった意識で行動したら日々の生活ができないとか、他の人から批判

されるとか、株主、銀行、他の企業と取引ができなくなる、といったことも考

えてしまうでしょう。

なかなか難しい問題だと思います。

戦略的問題発見に必要な4つのP

本書において、真の問題を発見するための「あるべき姿」を描くために以下の

ような構想力・発想力のスキルが必要と書かれています。

p.69

1、Purpose (目的軸)

2、Position (立場軸)

3、Perspective (空間軸)

4、Period (時間軸)

各項目ごとにそれぞれ簡単に説明していきます。

  • Purpose (目的軸)

目的軸は「そもそも何のために?」それが必要なのか、と問うことです。この

記事の前半部分で「経営理念」や個人の「想い」について触れましたが、それ

がこの目的軸となります。

この「何のために?」という視点によって、物事を見る目線を自動的に上げら

れるようになります。「目的」とは、現在活動している製品やサービスなど具

現化されているあらゆるものの上位概念です。

目線をより高い位置に置けることで視界が広がり全体を認識できるようになる

効果があります。

  • Position (立場軸)

同じ企業にいても、人によってそれぞれ問題のとらえかたが違ってきます。そ

の理由は、部長や課長といった立場の違いがあるからです。根本的な問題をと

らえられるようにするには、まずこの立場を離れてゼロベースで複数の視点で

考える必要があります。

  • Perspective (空間軸)

分かりやすく言うと、どういった「事業領域」で勝負するのか、ということで

す。本書では「パースペクティブを拡げる」と書かれていますが、これは「思

考の空間を広く取る」という意味です。

もう少し別の言葉で表現すると、枠組み自体を固定して考えずに、抽象度を上

げたり、視点を上げたりして、物事を柔軟にとらえるということです。

  • Period (時間軸)

これはいろいろな捉え方があると思います。例えば2年先、3年先を考えて意思決

定をしたり、サプライチェーン上のどの時点に在庫を置くかを決めたり、どの時

点で顧客に商品を届けるかを考えたり、などですね。