就職活動の基準に企業の財務構造や一部上場かを見ても意味がない理由

なぜなら「その企業に長くいられる」かどうかなんて「わからない」からです。最初に結論を書いてしまいました。

 

これは他の人あてはまるかどうかはわかりませんが、少なくとも自分は「こうだな」と感じたことです。

 

昨今は、経営環境の厳しさによって大企業でさえ倒産する時代です。確かに将来がなかなか見えず、なるべく安定した所に就職したいという人が増えるのも頷けます。

 

最近の大学生の就職活動でも、以前にも増して大企業志向が強まっているようです。確かに自分も大学生で就職活動していた頃は大企業へ応募した時もありました。

 

というか当時の無知な自分としては、そもそも様々な業種や企業自体を「知らなかった」ので、必然的に「少ない選択肢」の中から選ばざるを得なかったとも言えます。

 

自分が新卒で入った会社は、とりあえずは大企業であり上場企業ではありました。じゃあ今もその企業にいるかと聞かれたら「いません」。

 

新卒で入った会社を諸事情によって辞めたわけですが、そこから現在に至るまで何社も変わってきました。

 

そういった中で自分が気づいたことを今回書いていってみます。

この企業こそは・・・と何度思ったことか

本当にこれほど意味がないとは思わなかったです。何が意味がないのかというと、今回のタイトルにも書きましたが、「就職活動の基準に企業の財務構造や一部上場かを見る」ということにです。

 

自分はこれまで、その企業が財務構造的に安定しているか、といったことや、上場しているか、なるべく先端的な業種(今の時代で言えばIT業界など)かといった部分を就職活動の基準に入れながら行動していました。

 

もちろん安定しているかどうかという部分も気にはなっていましたが、経理という仕事は勤務先の企業が「上場しているか」という点や「規模」によっても仕事内容が変わってくるので、そういった点も考慮していました。

 

それ以外にも、現実的な視点から「自分がちゃんとできるレベルの仕事か」という部分も見るようになっていきました。(以前は上ばかり見ていましたが、今は現実的な視点で見るようにしています。)

 

ですが、不思議なことに悉く「外れる」んですね。何がどうはずれるかというと、そこで働く職場の「人」という部分にです。

 

あんまり愚痴を書くというのは良くないことだとはわかってはいるのですが、それを考慮に入れてもなお、「なぜ上の世代の人たちはこれほど『あれ』なのだろか」と思わずにはいられないのです。

 

他に「仕事の面」でも考えさせられる部分が多かったです。これらの点から「その企業に長くいられる」かどうかなんて「わからな」くなってくるんですが、その理由は具体的にどういったものなんでしょうか。

 

大企業や上場企業にいる人たちの世代と属性

複数の企業で働いて気づいたのは、大企業ほどその規模に達するまで長い年月を要している、ということです。当たり前と言えば当たり前です。

 

「大企業や上場企業である」ということは、やはり「ある程度の年月」を経ないとその状態には辿りつけません。もちろん創業してそれほど経たなくても急速に成長して、あっという間に一部、二部と上場して大企業になっていく所もあります。

 

例えば、多くの人が知っている日立製作所とかNTTといった大企業は「歴史」があり「規模」も大きいです。

 

じゃあこれらのことから何が言えるかというと、「内部にいる人間」の勤続年数も「長い」わけです。

 

日本の企業は基本的にどこも「年功序列」でした。その場所に長くいればいるほど偉くなっていく制度というか慣習なわけですが、特に歴史がある企業、安定している所、大企業であればあるほどその傾向が強くなっていきます。

 

じゃあそういった所であればあるほど、どういった人が多くなるかというと、オブラートに包んで言えば「保守的な人」ですね。というかそういった人じゃないと長くいられないのではないでしょうか。

 

企業や会社は「法人」という人間ではないが、法律上人格を認められた存在です。そういった法人も、長く生きれば生きるほど周りの環境に適応していくというか、染まっていくというか、長く生きるために「最適な人」を取り込んでいくようになります。

 

コメント