関連記事

就職活動するのであれば若くて新しい企業が良い理由

前々回、前回は以下のような過去記事を書いてきました。

前々回

前回

ここまでは、自分が経験してきた会社の中で感じた「大企業の弊害」みたいなもの

を書いてきました。

大企業や上場企業にまでなるということは、その規模になるまでにそれ相応の時間

が必要なわけです。

特に歴史があればあるほど、その組織を維持するためには共通のルールが必要にな

っていき、どうしても硬直化していく傾向にあります。

自分が大学生の頃にここまで書いたようなことを知っていれば絶対に新卒で入った

ような大企業は避けていたはずです。

そこで今回は、自分がこれまで経験してきた中で「仮に就職活動するのであれば、

どういった企業がいいのか」という現時点での自分なりの基準を書いていってみた

いと思います。

今の時代の大企業の状況

多くの人のイメージでは、やはり「大企業」を希望する人が多いでしょう。それは

大企業故に「安定していそうだから」「福利厚生が手厚いから」「社員への教育シ

ステムがしっかりしているから」といった理由が多いのではないでしょうか。

かくいう自分もまさに新卒の時はそのような考えがありました。ですが、冒頭部分

での過去記事でも書いたように、そういったものはあまり意味がないのです。

大企業に対する「安定していそうだから」「福利厚生が手厚いから」「社員への教

育システムがしっかりしているから」というイメージや利益を享受するためには「

何十年も長く働いた場合」が前提になっています。

「大企業に入れば10年、20年働けるのは当たり前でしょ?」と考えている方がいら

っしゃったら、少し頭を冷やした方がいいかもしれません。

日本経済が右肩上がりだった何十年も前のことであれば、まだ現実味があったかも

しれません。今の時代は東芝やシャープに代表されるように、大企業といっても倒

産する可能性を否定できなくなりました。

倒産はしなくても、定期的なリストラがある企業も存在します。以下の過去記事でも

書いたのですが、最近までどれだけリストラをしてきたか、「従業員を減らした500

社ランキング」というものを引用したのが以下の過去記事です。

仮に倒産の危機に陥らなくても、これだけの大企業がこれだけのリストラをしてき

ているわけです。

今の時代の大企業は経営的な面での安全が保証されていないのは明らかですが、組

織面での問題もあります。

これは冒頭部分で引用した過去記事でも書きました。長い歴史がある大企業ほど、

理不尽でおかしなルールや価値観がまかり通っています。

別にそれが問題なのではありません。明らかに理不尽でおかしなルールや価値観が

「当たり前」のものとして「改善されない」ことに大企業の問題があると自分は感

じています。

特に今の時代は、工業社会から情報社会、知識社会への過渡期であり、新たな時代

や環境に適応するためには、新たな価値観やルールを受け入れなければなりません。

日本には「郷に入っては郷に従え」という言葉もあります。その意味は、その土地

地域、集団に入ったら、自分の価値観と異なっていても、その土地(集団)のルー

ルに合った行動をとった方が良い、といったものです。

大企業の社員というのは、新しく入ってきた人が自分たちのルールに従うべきだと

考えています。その通りです。

「新しい時代に入ったのなら新しいルールに従う」というのは当然です。ここで問

題なのは「大企業の社員が新しい時代のルールに従わなければいけない」というこ

とに気づいておらず、未だに新しく入ってくる人に「自社のルールに従って当然」

と考えている点です。

この何とも言えない逆説的な状況が現在起こっているわけです。「郷に入っては郷

に従う」必要があるならば、むしろ高齢者が新しい時代のルールに気づいている若

い人たちのルールを受け入れなければ物事が上手くいかない、という時代になって

います。

大企業という大きな枠を見ると、「個人」単位では全く対抗できないでしょう。そ

れと同様に「時代」という枠で見れば、大企業という「企業」単位では時代という

ものには全く対抗できないでしょう。

ですから、今後はもっと高い所からの「俯瞰的な視点」が必要になってくるのでは

ないでしょうか。

就職活動するのであれば若くて新しい企業が良い理由

新しく企業が創立される時というのは、創業者の熱い想いの下に少数の賛同者が集

まり事業が始まります。そのような企業というのは、規模が小さく財務構造的に不

安定です。

そのため、一人ひとりの給料も高くはないでしょう。福利厚生ももちろんなく、教

育システムや社内規程、その他様々なルールはほとんど存在しません。

そういった後ろ盾が何もない企業に集まる人、もしくは集まれる人というのは、や

はり志が高く、能力的に優れている人が多い気がします。

自分もいくつか会社を見てきて良かったと感じた所は、ここまで書いてきたような

「新しい」企業や「若い」企業です。これはITとかの先端的な業種や外食産業など

の激務とか負イメージがある所に限定されません。