現場の激務は広告費や採用費をどぶに捨て続けることになり、負のスパイラルになっていく

企業で採用を担当している方であれば、皆良い人材を採用しなければと考えていらっしゃると思います。それと同時により多くの良い人材を採用するということも考えていらっしゃると思います。しかし良い人材を採用し、さらに多くの人材を採用できたとしてもその人材が「定着しない」となれば心中穏やかではなくなるでしょう。

 

「現場が人が欲しいと言うからこちらが駆けずり回って人を引っ張ってきているのに、特に昨今は人口減少が問題となってきてなかなか人が採れない。その苦労して採用した人材をすぐ辞めさせるなんて現場の人間は何を考えているのか?」

 

そのように考える人事担当者も少なくないのではないでしょうか。今回は企業において、特に外食産業において人が増えないことについて最近思ったことを書いていってみます。

スポンサーリンク

あれだけ人を雇っているのに人員数が変わっていない

自分は、今はとある外食産業の企業に経理の派遣として働いているのですが、そこで気づいたことがあります。

 

過去記事などでは、外食産業の企業はどんどん人が辞めていくということを書きました。で、最近はさらに驚いたことがあります。

 

経理という仕事柄、日々の取引を会計ソフト上で見ることができますし、本社という場所から人事の人ともよく接触する機会があります。そのため企業内の人の出入りとか、人員数、広告費なども見れたりします。

 

そこで思ったことは、

「あれだけ広告費を使って、あれだけ人を採用して、文字通り人の数が『現状維持』ってどういうことなんだ・・・。」

ということです。

 

外食産業は人が多く辞めるという認識があるからなのか、定期的に企業の人員数の報告が耳に入ってくる機会があります。

 

今の企業で働き始めて数ヶ月が経ちますが、最近ふとこの「人員数」に不安を覚えたのです。それは「あれ?最初の頃と全く変わっていないよな・・・」ということに。

 

これが特に採用活動をしていなければ大きな問題にはならないのでしょうが、外食産業というのは、その仕事柄多くの人が辞めていきます。

 

自分も外食産業の現場で働いた経験があるのでわかりますが、正直言って「あそこは人間が働く場所ではない」と思っています。これは外食産業で働いた経験がある方ならわかっていただけると思います。

 

そしていなくなった分の穴は他の人が埋めるか、採用活動や広告費を使って、新たに人を採用していく必要があります。

 

しかし、人が辞めた分の穴を埋めることに手一杯で現状維持だけでは、いずれジリ貧になっていきます。

 

コメント