読書をしないと虚無感や焦燥感、恐怖感が募っていく

以前から考えていたことがありました。

 

「もし、あの時から本を読んでいなかったら今はどうなっていただろうか」と。というのは、人間一人の人生を今までの世界から別の世界に分岐させるのに非常に重要なものではないかと思うからです。

 

このことは以前から何度も自分なりに考えたり、シミュレーションしたりしていました。

 

「もし大学時代にあの本に巡りあわなかったら、今頃新卒で入った飲食業の会社で将来に絶望しながら仕事をしていたかもしれないなぁ」とか

 

「もし本を読む習慣がなかったら、今でも恐怖感で嫌々ながらも上司に諂って仕事をしていたかもしれないぁ」とか

 

「もし本を読む習慣がなかったら、今頃『人間』として生き方を放棄せざるを得なかったかもしれないなぁ」

 

と考えたりもします。

 

今回の記事のタイトルは『「読書をしない世界」と「読書をする世界」との違い』ですが、今回はこのことについて以前から考えていたことを書いていってみます。

読書をする習慣のなかった時の感覚

自分も小さい時から読書をする習慣があった訳ではありません。以前はそもそも「本を一冊読む」ということですら「すごいこと」だと思っていました。

 

また「本を読む人」というのは、自分とは住む世界が違う人がすることみたいなイメージもありました。

 

そう、今だからわかるのですが、本を読む習慣がなかった時というのは世の中を「感覚」とか「イメージ」で捉えてしまっていたんです。

 

そのため、世の中の事象の背後に何があるのか、なぜそういったことが表に出てくるのか、といった「根拠」とか「論理」を軸として世の中を見るなんてことには全く考えが及びませんでした。

 

ですから、そのような時というのは「虚無感」とか「焦燥感」、なんとなくの漠然とした「恐怖感」に囚われ易くなります。そうなると、

 

「こうしないと生きていけない」とか「世の中はみんなこうしてるから自分もそうしないと」というように

 

自分なりの考えとか根拠とかではなくて、周りの人がどうしているのかといったことや、テレビではこう言っているから、周りの人はこう言っているから、といった基準で行動せざるえなくなっていきます。

 

なぜなら自分なりの判断基準がないんで、周りの人や周りの意見についていかざる得ない。怖いですからね。

 

人間は知らないことに対してはどうしても恐怖感を持ってしまいます。生物としての生存本能なのでしょうが、これがどうしても自分を縛っていくんです。

 

今だからわかるんですが、あの感覚は本当に嫌ですね。なんというか漠然とした寂しさとか、将来に対するなんとはなしの暗い感じというか、思い出したくありません。

 

ますます募っていく虚無感や焦燥感、恐怖感

ここまで読書をしなかった時の感覚として虚無感や焦燥感、恐怖感があったということを書きました。

 

これが長い時間続くとどうなるかというと、段々と「未来に希望が持てなくなってくる」と自分は感じています。もっと言えば絶望感に繋がってくると言い換えることもできるかもしれません。

 

というのは読書をする習慣がなかった時というのは、何か問題があっても「ただ我慢する」しかなかったからです。

 

もちろん「人に聞く」っていう方法もあるんですが、聞くにしても自分が探している答えを知っていそうな「人」をまず探し出す必要があります。

 

身近な存在として「父」や「母」がいますが、親が何から何まで知っているわけではありません。

 

学校の先生という選択肢もあるかもしれませんが、子供にとっては親とは違う世界の大人であり、気軽に話しかけられる存在ではありません。

 

また「聞き方」というのもあるのではないでしょうか。自分が知りたい答えを聞き出そうとしても聞き方が間違ってしまっていたら、自分が欲しい答えを得られないかもしれません。

 

このように何かの答えを探している時に、本を読む以外に「人に聞く」としてもいくつかの障害があるわけです。

 

本を読む習慣がないわけですから、答えを探し出す選択肢ももちろん限られてしまうわけで、ある程度頑張ってみても答えを得られなかったら「我慢する」しかなくなってくるわけです。

 

そうなってくると人間というのは段々と良くないことを考え出します。

 

「もしかしたら将来は自分の人生は良くならないんじゃないか」とか

「もしかしたらこのまま一生不幸なままなのでは?」

「もしかしたら・・・」

 

あまり書きたくないので書きませんが、自分なりの答えを探し出せないと少しずつ精神をやられていきます。

 

コメント